ミシガン・モ
一覧

ミシガン・モデル

みしがん・もでる

HRMのベースとなる考え方を指すものになり、1980年代にミシガン大学など実施された研究が基盤になっているため、このように呼ばれております。ミシガン・モデルでは、HRMは戦略的マネジメントの1部を形成するものであり、経営戦略との結びつきを注視して実施するべきであるという考え方になります。その上、HRMの基礎キャパシティとして「採用・選抜、人材評価、報酬、人材開発」の4つを挙げており、経営戦略下で結び付けさせ、チームとメンバーの生産性をアップさせる循環を発生させることが重要であるとしています。

  • 関連ワード
  • 参考情報