ジンジャー(jinjer)で実現できる請求書発行業務の効率化|バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

ジンジャー(jinjer)で実現できる請求書発行業務の効率化|バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

ジンジャー(jinjer)で実現できる請求書発行業務の効率化|バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

ジンジャーで請求書発行業務を効率化

2023年10月1日開始!

インボイス制度
(適格請求書保存方式)とは

2023年10月1日から施行される消費税の仕入税額控除に関する制度です。
消費税の仕入税額控除を受けるためには、インボイス(適格請求書)で取引する必要があります。

顧客

売上

本体価格50,000

消費税5,000

課税事業者

仕入

本体価格30,000

消費税3,000

仕入先

  • インボイス制度に対応している場合

    課税事業者の
    納付税額

    消費税5,000

    消費税3,000

    2,000

    仕入税額が控除される
  • インボイス制度に対応していない場合

    課税事業者の
    納付税額

    消費税5,000

    消費税3,000

    5,000

    仕入税額が控除されない

消費税の仕入税額控除とは

課税事業者が納税すべき消費税を計算する際、生産、流通などの各取引段階で二重、三重に税がかからないよう、仕入れなどにかかる消費税額を控除する仕組みです。

インボイス制度のポイント

  • 税務署へ登録申請が必要

    インボイス制度へ対応するためには、令和5年9月30日までに税務署に適格請求書発行事業者の登録申請を行う必要があります。

  • インボイスの発行が必要

    インボイス(適格請求書)とは、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載を追加した請求書です。

  • 発行側もインボイスの写しを保存

    発行側も交付したインボイスの写しを7年間保存しておく必要があります。
    ※電磁的記録で保存も可。

インボイス制度に対応しないと…?

インボイス制度に対応しないと
取引先と取引を継続できないリスクが発生します。

インボイス制度が導入されると、インボイス(適格請求書)の発行・保存がない要件の請求書において
消費税の仕入税額控除が受けられないためです。

ジンジャー請求書は
インボイス制度に対応予定です

  • 請求書の作成・発行業務を
    オンラインで完結

    • 請求書の作成と送信
    • 請求書のステータス管理
    • 作業・送付履歴の管理
    • 安心のセキュリティ
    • オンライン完結で郵送コスト削減
  • 請求書等の電子取引データを適切に保管

    • 電帳法の保存要件に対応した書類の管理
    • 紙書類もインポート・フォルダリング
    • 書類の管理コストの削減
    • 高い検索性で探す作業を削減
    • 権限設定によるセキュリティ強化

ジンジャーはあらゆる企業の
法改正対応をご支援

専任のサポート担当が
法改正対応を
心強くサポートします

  • 24時間365日
    問い合わせ窓口

    ※営業時間外は
    AIチャットボットが
    対応しております

  • 導入スケジュール
    のご提案と管理

  • 法改正対応に対する
    運用のご提案

    ※有償プランでの
    ご契約となります

  • ご状況に合わせた
    多様なサポート

ジンジャーでバックオフィス業務を
ラクに、シンプルに!

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
無料トライアルも実施中!