03-5908-8485 平日10:00-18:00

ジンジャー経費の機能

経費設定

システム選定をおこなう際は、自社の運用ルールに対応できるかは大変重要になります。特に経費精算は細かい独自の運用方法などもあり、システム選定をおこなう上で細かい設定が可能かどうかが見るべきポイントとなってくるでしょう。

ジンジャー経費は、勘定科目設定、補助科目設定、内訳設定、税区分設定、計上部門設定が可能です。設定した内訳を申請時に選択することで自動的に仕訳を作成することが可能です。

お使いいただける機能

勘定科目設定

仕訳や財務諸表などに用いる、表示金額の名目を表す勘定科目。計上仕訳、支払仕訳に対して、独自の勘定科目を設定できます。

勘定科目設定画面

補助科目設定

仕訳を入力する際に使用する勘定科目の内訳項目である補助科目。勘定科目に対して複数の補助科目を設定することが可能です。企業に合わせて柔軟な設定が可能です。

補助科目設定画面

税区分設定

税区分設定では、課税の有無や税率、税率の有効期間など、課税に関する詳細な設定が可能です。申請時に内訳を選択することで、申請金額に含まれる税額を自動計算します。

税区分設定画面

内訳設定

申請書と勘定科目を紐付ける項目を設定できます。会社独自の項目を自由に設定することができるため、申請時に勘定科目で悩まずに申請をすることができます。

内訳設定画面

計上部門設定

計上部門を柔軟に設定することができ、費用を計上する負担先を明確にすることができます。

従業員の所属グループと紐づけることで、申請画面にあらかじめ申請者自身の計上先を表示させることが可能です。

計上部門設定画面

手当設定

申請書と勘定科目を紐付ける項目を設定できます。会社の運用方法に合わせて手当の設定をすることができます。

金額は固定にしたり、計算式を作成することができるので、柔軟な手当の設定が可能です。

手当設定画面

お客様のお声を基に
さまざまな機能をご用意しております。

まずは資料で機能や特徴を簡単理解!

1分で簡単登録!ジンジャーの資料をプレゼント!

料金プラン

ジンジャーはプロダクトごとに料金が異なります。
企業の課題に合わせて複数のプロダクトを組み合わせてお使いいただくことも可能です。
ご利用料金は従量課金制になります。

※労務管理・コンディション管理・ワークフロー・雇用契約は単体での販売はしておりません。
※電子契約は1社あたり、WEB会議は1IDあたり、その他のサービスは1人あたりのご利用料金です。

今後のアップデート含めてすべての機能が一律のご料金でお使いいただけます。
アップデートで毎回追加料金がかかったり、
法改正に伴っていちいち改正内容を調べてアップデートを依頼する必要はありません。

大規模企業様(1,000名目安)のご利用料金について

別途お見積りを発行いたします。
ご相談はこちら