フレックスタイム制の導入が適している職種は|メリット・デメリット

今回はどのような職種が『フレックスタイム制度』に適しているのかをこちらでまとめてみました。今『フレックスタイム制度』の導入を考えている企業の参考になるように、フレックスタイム制度の概要やメリットとデメリットに関しても少しお伝えしてから本題に入っていきます。

フレックスタイム制度とは

pexels-photo-196659_640

まず、フレックスタイム制度とは何かについて簡単に説明していきます。

フレックスタイム制とは、「一定期間の中で総労働時間をあらかじめ事前に定めておいて、働いている労働者自身が自主的にその枠内で始業及び終業の時刻を決めて働く」という制度です。

効率的な働き方に向けて、フレックスタイム制度を導入している職業は増えてきています。

フレックスタイム制度のメリット・デメリット

別記事にてメリットとデメリットに関しては詳しく説明をしていますが、簡単にメリットとデメリットをご紹介します。

※フレックスタイムのメリットデメリットはこちら!

【3分で分かる】フレックスタイム制度のメリットとデメリット

メリット

勤務の調整や時間配分が自分でできるので、残業が軽減されます。また、自由度が高く働きやすいので優秀な人材が採用でき、また定着率の向上につながります。これらのことがフレックスタイム制のメリットといえます。

デメリット

逆にデメリットを考えてみます。時間に対する認識が甘い従業員が多い場合は、それがさらに助長されたり、また取引先の企業などとの連携が多い場合は、業務に支障がでたりするので、フレックスタイム制を導入できる職種は限られるのではないかと考えます。

フレックスタイム制度は自由度が高いために、労働者自身の責任感も必要になります。

前述したように、フレックスタイム制のデメリットの中には、フレックスタイム制を導入できる職種が限られてくることがあります。

フレックスタイム制の導入のためにはその職種がフレックスタイム制に適しているのか、良い効果を生むのかを考察する必要があります。

フレックスタイム制度の導入が適している職種

どのような職業が『フレックスタイム制度』の導入に適しているのでしょうか。

現在、フレックスタイム制度を導入している企業のうち、最も多い業種が「情報通信産業」です。全体の中でも約2割がフレックスタイム制を導入している業種となっています。

また職種で見ると、企画職や事務職またエンジニア職やデザイン系の導入が多くなっています。理由としては、外部からの影響が少なく、1つの仕事としての区切りがつけやすく、個人での業務の割り振りもできることから、フレックスタイム制度が適していると考えます。

これらのことよりわかるのは、個人での業務、技術的な業務が中心となっている職種はフレックスタイム制を導入するのに適している、ということです。

連携する人、企業が増えるほどフレックスタイム制を導入するのは難しくなってきます。そのため、個人での業務が多いことや仕事の割り振りが明確であることがフレックスタイム制を導入したほうがいい職種であるといえます。

フレックスタイム制度の導入が適していない職種

逆にフレックスタイム制の導入が適していない職種を考えてみましょう。先ほどのデメリットにあるように、「他の部署や企業との連携が多い職種」、また「営業職」などは相手先の勤務時間などが大きく影響するため、導入に適していないかもしれません。

個人での仕事ではなく、複数人でチームを組んでひとつのプロジェクトにとりかかる場合に『フレックスタイム制度』を導入してしまうと、そのチームの中で誰かが朝、誰かが夜出社してそれぞれが仕事をすることになりかねないので、仕事の進むペースは下がってしまいます。そのため現在の日本の多くの会社ではフレックスタイム制度の導入をしているにもかかわらず、残業など多くの課題が出てきているのかもしれません。

最後に

このようにフレックスタイム制はもちろんメリットも大きく、導入すべきだという声も多くあがってきています。ですが、フレックスタイム制に適している職種を的確に知ったうえで導入を決めなければ、逆に労働者の負担をともなってしまう可能性があります。

それをわかった上で実際に自分の会社、または部署が『フレックスタイム制度』に適しているのかを考えることが今後重要になってくるのではないでしょうか。きちんと考察をしたうえで導入を考えていきたいものですね。

「フレックスタイムの導入って、
何から始めたらいい?」
とお悩みの人事担当者へ

「従業員は個人での業務が多いし、フレックスタイム制度を導入してみたいけど、何から始めたらいいのかわからない」といった悩みを抱えている人事担当者は、一度勤怠管理システムの導入を検討しましょう。

勤怠管理システムは、場所を問わず打刻することができるので、「いつ働いているのか?」「どれぐらい働いているのか?」がわかります。フレックスタイム制度のように、遠隔での勤務が多い職種でも、正確な勤怠情報を集計することができます。

また、フレックスタイムでは深夜割増賃金が発生する場合もあります。勤怠管理システムを導入すると、深夜割増賃金の計算するために必要な「深夜に何時間働いたか」という勤怠情報yもすぐに確認することができます。
勤怠管理システムについてもっと詳しく見る

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!