タイムカード打刻のメリットより時代はペーパーレスの勤怠管理システム

タイムカード

正社員・パート・嘱託・契約社員・派遣社員・アルバイトなど、複雑な雇用体系への移行やライフスタイルの変化に合わせて、フレックスタイムなどの導入が進んでいます。

多様な働き方が増えていくなかで、企業は勤怠管理をその複雑な雇用体系に合わせていく必要があります。

また勤怠管理の方法も、より仕事の効率化・利便性・速さを求め、アナログからデジタルへと進化しています。そんな中、タイムカードを活用した勤怠管理から脱却できていない企業が多いのも事実です。

そこで、今回はタイムカードによる勤怠管理が現代の社会において、どのようにメリットやデメリットがあるのか調べてみました。

タイムカード打刻のメリットとデメリット

では実際にタイムカードのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

タイムカード打刻のメリット

打刻1

タイムカードは、本人自身が正しく出勤時間と退社時間を打刻するという性善説のもと、管理者が正確な勤務時間を集計できるということがメリットとしてこれまで長く使われてきました。

とくに、10名以下の規模が小さい会社では勤怠管理をする必要がある社員の数も少ないので、タイムカードでの管理の方が簡単に把握することができます。なので特別勤怠管理システムを導入する必要性も少なく、勤怠管理にかかってくる経費や工数があまりかからないといった利点があります。

タイムカード打刻のデメリット

打刻3

タイムカードはその仕様上、社員1人1人に打刻をしてもらわないといけないアナログな方法です。

専用の打刻マシンへ短時間のうちに人が集中するとタイムカードを打つために行列ができたり、他人が代理で打つという不正打刻押し忘れといった人為的なアクシデントも起きかねません。

またタイムカードでの勤怠管理では、担当者が勤務時間をエクセルや専用のシートに手で入力をして計算をすることになるため、勤務の締め日には集計作業に煩雑かつ、かなりの時間がかかる業務だといえます。

また、備品代にもランニングコストがかかり、個人情報の保護などにより、その後のタイムカードの保管と処理も必要になります。

特に、会社の規模が大きい場合や組織が複雑な場合、その打刻したタイムカードを本社や本店へ毎月送る輸送費や発送に伴う業務なども発生します。

会社の規模や資本によってタイムカードを使用することは、メリットになったりデメリットになったりしますので、それぞれの会社状況によりタイムカードを使用した方が効率的でよい方法なのか否か、再度検討をしていくことも大事でしょう

時代はコスト安・ペーパーレスへ

打刻2

タイムカードの打刻システム、Web打刻システムのいずれの勤怠管理にしても、『長期的に見たコスト削減』や『業務の効率性』を考えて、社員が勤怠管理に煩わされることなくよりスムーズにおこなえる勤怠管理を導入し改善していくことが第一といえるでしょう。

ですがここ近年の企業の流れとして、世界的なエコ化志向とパソコンやインターネットの普及により、利便性と迅速化において書類での提出物がほとんどペーパーレス志向へ時代が移行してきているのも事実です。

技術の進歩によって勤怠管理システムも進化しており、人事総務的な業務が煩雑にならないように業務改革がおこなわれてきています

たとえば、パソコンの起動から終了時を勤怠管理に利用した勤怠管理システムや、オンライン上で打刻ができるWeb打刻システムを導入して、勤怠管理にかかる人件費の削減と労務時間を軽減して、業務の効率化をはかろうとする動きもでています。

また、クラウドやシステムでデータを用いた人事管理により1日単位で従業員の勤怠データを把握することもできます。

データを把握することで、適材適所の人員配置や、シフトの作成など、勤怠管理システムで多くの業務を効率化することも可能になってきています

まとめ

現代の複雑になった雇用形態下においてより正確でより速く勤怠管理するには、勤怠管理者の権限機能が付いたWeb打刻システムが、正確でよりスピーディーに安心な労務管理サポートができるでしょう。

勤怠管理システムも会社の規模やニーズに合わせて多くのサービスがリリースされています。現状でタイムカードでの打刻をエクセルに手動で打ち込みをされているような担当者であればWebやクラウドで勤怠管理できるシステムを比較検討してみれはいかがでしょうか?

 

従業員の正確な労働時間を把握したい・・・とお悩みの担当者の方へ

昨今の長時間労働や、残業が問題となり、従業員の残業時間を削減するための施策や、生産性を上げるための施策を考えるのに担当者様は日々頭を悩ませているのではないでしょうか? しかし、まず人事担当者がしなければいけないのは、従業員の勤怠データを把握することです。正確な勤怠管理ができていれば、残業が多い傾向にある事業所や、部署、従業員の把握ができるので、人事担当者としてピンポイントなテコ入れや施策を考案することができます。 「残業時間、長時間労働を改善したいけど、何から始めたら良いのかわからない」とお困りの担当者の方は、最新の勤怠管理システムの導入を検討しましょう。 会社に合わせて、スマホやGPSなどのさまざまな打刻方法、集計に時間がかからないクラウド管理など、最新の勤怠管理には様々なメリットがあります。
勤怠管理システムを無料トライアルしてみる

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!