HR NOTE [HRノート]コンテンツ労務人事考課とは|社員の成長から経営戦略を支える評価のポイントとは?

人事考課とは|社員の成長から経営戦略を支える評価のポイントとは?

人事考課

 
人事考課は、会社の経営計画にもとづいて社員が成果を出せるように、能力開発や人材育成、業務の効率化や生産性の向上、社員のエンゲージメント強化などを目的としておこなわれています。
 
そのため、人事考課では社員の業務への貢献度、業績、能力を一定の基準で査定していき、賃金や昇級などに反映をしていきます。
 
一般的には、一定の評価基準を活用して人事考課を実施するケースが多いといえます。しかし、評価基準の公平性や透明性に関して、社員からの理解を得られず、トラブルへ発展する場合もあります。
 
本記事では、人事考課がおこなわれる理由と、その目的についてご紹介していきます。人事担当者の方にとって、人事考課が会社にもたらす影響や効果など、ご参考となれば幸いです。
 

人事考課と人事評価の違い

人事考課1

 
企業によっては「人事考課」と「人事評価」が同義語として扱われているケースがありますが、この2つの言葉には違いがあります。
 
人事考課とは、賃金、昇進・昇格、配置、能力開発などの待遇を決定するために、従業員の一定期間の業務から能力、業績、貢献度などを把握することです。
 
それに対し、人事評価はさらに広義な意味合いをもち、従業員が遂行した業務や、その業績についての善し悪しを判断することを指します。
 
なので、従業員の待遇を業務内容をもとに決定する制度が人事考課で、もっと広い観点から従業員の業務や業績に優劣をつけることが人事評価ということになります。
 

人事考課をおこなう3つの理由とは?

人事考課2

 
社員にはただやみくもに頑張ってもらうのではく、会社の目指すべき方向性に沿って努力をしてもらい、成果を出してもらう必要があります。ここでは、その人事考課をおこなう3つの理由をご紹介していきます。
 

①目的をもった働き方を社員へ伝えることができる

社員一人一人の能力を適格に判断し、一定期間ごとに評価をしていくことで、社員の成長意欲をかき立てることにつながり、業務レベルの向上が見込めます。社員が評価されているという危機感を抱くことで、一人ひとりが主体的な目的をもって仕事に取り組み、企業成長の底上げにつなげることができます。
 

②組織の活性化

社員を目標に向き合わせて能力を伸ばし育てていくことが、企業の成長と経営戦略のためにも重要になってきます。人事考課によって実績を査定することで、次回の考課・査定に向けてさらなる個人の成長や、業績アップに向けてモチベーションにも変化が見られます。このようなことから、人事考課によって組織の活性化をはかることができるといえます。
 

③将来に備えての人材育成の一環

前章でも説明しましたが、人事考課は昇給などの査定にも活用されます。給与や役職などが社員の働くモチベーションになっていることが少なからずあります。なので、会社の業績と将来のビジョンに向けて社員のモチベーションを高めることができる人事考課制度は非常に重要になります。
 
また、会社の未来を担う人材育成の一環としても、人事考課を活用した社員の業績や能力の把握をもとに、教育・マネジメント方法を考えることも可能になります。
 

人事考課の考え方、うまくおこなうためのポイントは?

人事考課3

人事考課から出てきた結果は、会社と社員、両者の成長に欠かせない指標となり、マネジメントや教育に連携していくことが求められます。ここでは、人事考課の考え方とポイントをまとめていきます。
 

①経営計画と事業戦略の明確化

正しい人事考課をおこなうためには、「企業の経営計画と事業戦略が反映された評価軸」が必要になってきます。会社が目指す方向性に評価軸が合っていないと、会社の成長、社員個人の成長に関係がない人事考課となってしまいます。なので、人事考課を策定する以前に、正しい人材育成方針を立てることが求められます。
 

②社員が納得のいく評価軸

会社が目指す方向性に合わせた正しい評価軸を準備することも重要ですが、それ以上に社員が納得のいく評価軸であるかどうかが重要になります。社員が不満に感じる内容で評価軸を設定してしまうと、モチベーションの低下や離職にもつながりかねません。なので、社員には事前に経営計画や事業戦略に対して理解してもらえるような取り組みをおこない、それに沿った評価軸をつくるようにしましょう。
 

③公平性、透明性、信頼性のある評価

人事考課を確認すれば、組織の中での社員の活動状況が可視化できるような仕組みにする必要があります。そのためには、公平性、透明性、信頼性のある評価をすることが重要になります。その上で人事担当者は、社員からの信頼性が高い評価軸を用いて、社員個人の能力とスキルを公平に評価できるような人事考課制度を準備できるようにしなければいけません。
 

人事考課をつくる上での注意点

人事考課4

 
担当者は人事考課制度を通して、社員に会社のビジョンに向かって進んでもえるようなメッセージを伝える必要があります。なので、人事考課では正しい評価軸に従って、公平性と、透明性を保った評価制度の導入をしていく必要があります。
 
このような仕組みづくりができれば、優秀な人材の適材適所な配置が可能になるので、会社を成長させるための土台づくりが可能になります。
 
人事考課の際にありがちなケースとして注意しなければいけないことがあります。人事考課は会社の定めた評価軸でおこなわれるので、社員個人が査定内容に納得しない場合があります。
 
このようなトラブルを引き起こさないためにも、人事がマネジメントラインにいる評価者に対して評価基準を明確にすり合わせ、人事考課の結果に不満が出ないように徹底するようにしなければいけません。
 

まとめ

人事考課が会社の中で活用されていく事は、事業の拡大のために重要なことです。会社のルールの中での評価軸については、社員全員もしっかりと把握できる内容であることも大切なことです。
 
このように社員に浸透するような人事考課であれば、自分に対しておこなわれた査定結果を受けて「さらにいい評価をしてもらえるように」「さらに会社の成長にコミットしたい」と会社にとって前向きな人材へと成長していただけるでしょう。
 
一人一人がパフォーマンスを高めていくことができれば、会社の経営方針に向き合った組織づくりにも直結するので、組織全体の生産性や業務効率のアップを見込むことができます。
 
人事考課や評価制度に課題を感じている人事担当者の皆様には、会社の経営者の考えや、会社のの経営戦略などを落とし込んだ上で、会社と社員、両者の成長につながる評価基準になるように見直してみてはいかがでしょうか。
 

The following two tabs change content below.
野上大志

野上大志

インドとタイをこよなく愛するHR NOTE編集者です。 「人事の発展が企業を発展させるカギを握っている」と考え人事関連のみなさまに少しでも価値のある面白い記事を書いていきたいと考えています。 休日はサッカーやフットサル、プチ放浪や、フェスなど自由奔放に過ごしています。
  •  
  • 0