私が最近朝活をして感じた7つのことをまとめてみた

こんにちは!jinjerマーケティングチームの小口です。
 
近頃、長時間労働に関することがニュースになったり、9月末には総理大臣官邸で「働き方改革実現会議」を開催されたりと「今までの働き方をより良い方向へ変えていこう!」という動きが活発化していますね。個人の働き方にもフォーカスして、変革していくことも非常に大事かと思います。
 
ちなみに私は、数か月前から『朝活』をはじめています。とある朝活イベントに誘われたことがきっかけです。そして今回は、その朝活をおこなうことによって働き方に何か変化があったのか、実体験をもとに紹介させていただきます。
 

640-110 横長バナー

 

そもそも『朝活』とは

640

 
「朝活動」を略した言葉で、「就活」や「婚活」にならって『朝活』と呼びます。始業前の朝の時間を勉強や趣味や交流など、自分の能力を高めようとする活動に当てることを意味し、平成20年(2008年)ごろからの流行語になります。具体的には起床時間を5時など早い時間にすることで、就業前に読書をしたり、ジムに行ったり、同じライフスタイルをしている者同士がコミュニティを作り、勉強会・読み会など実施しています。
 
『朝活』は著名な経営者でも実施されていることが非常に多いです。たとえば、Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏、スターバックスCEOのハワード・シュルツ氏、ウォルトディズニーカンパニーのCEOボブ・アイガー氏などが挙げられます。
 
ハワード・シュルツ氏は毎朝4時30分に起き、6時に出社。ボブ・アイガー氏も4時30分に起床。読書、音楽、テレビ、メールチェックをおこない、自分だけの時間を有意義に使っています。ジャック・ドーシー氏は毎朝5時半に起きて瞑想と約10キロのランニングをしており、スティーブ・ジョブズ氏は6時に起床し、子供が目を覚ますまでの時間を大切にしていたとのことです。
 
優秀な経営者も実施していることから効用が大きいことが期待できそうですね。
以下に私の実体験にもとづく、朝活のメリットを7つ挙げてみました。(あくまでも個人の感想です)

    ■『朝活』のメリット

     

  • 昼食後に眠くならない
  • 午前中が長いので、頭の冴えている時間が長い
  • 朝活コミュニティに参加して、出会いと知識が増えた
  • 体調がよくなる、やせる、肌が少しきれいになる、髪がさらさらになった
  • 無駄なお金を使わなくなった
  • 風呂→就寝までの無駄な時間をなくせる
  • スケジュール管理の概念が変わり、管理しやすくなる

などなど、ある程度のメリットを感じています。
 
 

私が最近朝活をして感じた7つのこと

 
では、数ヶ月前から朝活をおこなって感じていることを具体的に説明していきます。
 

昼食後に眠くならなくなる!?

pexels-photo-137023

 
実体験として以前は、昼食を取ると体温が上がりすぐに眠くなってしまい午後一はいつも生産性が下がる傾向にありました。みなさん同様の経験あるかと思いますが、ランチ後に睡魔が襲ってきて、なかなか集中できないことってありますよね。社内メンバーも読んでいるのであまり大きい声では言えませんが、、、w
 
朝活を始めてから、昼食を取っても眠くなることなく集中力を持続できるようになりました。朝活をするために、23時前後には睡眠するように習慣づけていることが起因しているかと思います。やはり同じ長さの睡眠でも24時前からの睡眠は、より睡眠が深くなり睡眠による疲労回復の効果あるんだと感じてますね。人によって適性な睡眠サイクルがあるので、効果はさまざまですが。。。
今は、根拠に欠けるということで推奨されていないらしいですが、「22時~26時の時間にホルモンが回復する?」と言われていたので、そのおかげなんだと勝手に思ってますw
 
 

午前中が長いので、頭の冴えている時間が長い

pexels-photo (6)

 
良く頭を使う仕事は午前中にした方が良いと言われていますよね。9時~12時までですと3時間しかなく、なかなか頭を使う勉強だったり、読書だったり、仕事だったり、完了することは難しいかと思います。
 
私は5時に起きることを目安としているのですが、ざっくり6時~12時まで頭が冴えているため、6時間も頭を使う業務を実施することができます。作業的な仕事を13時からモクモクやることで効率的に業務遂行できるため、1日の生産性が上がりました。あくまで個人の意見ですが、、、w
 
 

朝活コミュニティに参加して、出会いと知識が増えた

bible-1216063_640 (1)

 
朝活は最近取り入れている方々が増えているので(感覚値w)、出勤前に集まり勉強会、読み会、モクモク会が多く開催されています。エンジニア同士が黙々と開発するコーディングする会、1テーマについてスピーカーからノウハウを共有する会などさまざまな趣旨があります。朝活は個人として生産性を上げられるだけでなく、新たなビジネスパートナーとの出会い、新しい知識・ノウハウチャージもすることができます。
 
ちなみに私は最近、株式会社HARESの西村氏とTECH::CAMPを運営する株式会社divの井上氏が運営する「朝渋」という朝活コミュニティに参加しています。
 

【朝渋の様子】
640
15226395_1204353279640337_2102759741_n

ベンチャーキャピタリストによる情報収集術、クラウドソーシングの中の人が語るクラウドソーシングの有効な活用方法、元吉本芸人による司会術などなどさまざまコンテンツで勉強させていただいてます。
 
 

体調が良くなる

pexels-photo (7)

 
前述したように、人は22時~26時に1番ホルモンバランスを調整するため(諸説ありますw)、体力の回復が早いですね。風邪も引かなくなったり、筋肉痛もすぐ治ったり、頭痛が起きなくなった、ちょっと痩せた(個人の実体験で根拠はないw)など、体調管理する上では、非常に効用があると思います。髪もさらさらになったような、、、気もしますw
 
 

無駄なお金を使わなくなった

wallet-cash-credit-card-pocket

 
早く就寝するため会食、飲み会に参加してもなるべく早く帰社するようにしたため、お金を節約できていますw二次会などはなるべく行かないキャラに徹しますw
 
もちろんさまざまな方々とお食事させていただき、多くの教えを得ることも社会人として非常に重要なことなので、社内外問わずたくさん方々とコミュニケーション取らせていただいております。僕の周りの皆様!引き続き飲みにいきましょう!w
 
 

風呂上がり→就寝までの無駄な時間をなくせる

bedroom-bed-room-hotel-interior-sleep-pillow (1)

 
風呂上がりの後も体温が上がるため、激しい睡魔が襲って来ます!ただなんとなく寝る前の時間はスマホをいじってしまったり、テレビを観てしまったりすることが多くないですか?もちろん読書する方もいるかと思いますが。
 
私ももちろん読書することもありますが、基本的にはすぐに就寝して、その分次の日に早く起きるようにしています。朝から頭が冴えている状態で読書したり、タスク整理したりしています。
 
 

スケジュール管理の概念が変わり、タスク管理しやすくなる

schedule-planning-startup-launching

 
スケジュールは1日の朝~夜として考えることが多いですが、前日の夜から次の日の夜までのスケジュール管理をするようにしています。この記事(【裴×キム】最強の働き方には“一流の睡眠”が必須だ[有料ですw])にほとんど書かれているのですが、一定以上のパフォーマンスをキープするために睡眠がめちゃくちゃ大事になるため、翌日の仕事は前日の夜から始まっているという考え方でスケジュール管理することで、最大限の生産性を出せると思っております。
 
 

さいごに

 
ここまで、私が感じた朝活のメリット話してきましたが、いかがでしたでしょうか。
個人的には、最初はつらいですが、慣れてしまえば朝活は、仕事の生産性向上に貢献できるのではないかと感じています。
 
ただ実際には、朝活も確固たる論証はないですし、個人ごとにも合う合わないがあるかと思うので、やってみてからPDCA回して1番良いライフサイクルを見つけることが大事だと思います。
 
それではまた!
 

640-110 横長バナー

 

>>編集部オススメの記事はこちら<<

The following two tabs change content below.
小口敦士

小口敦士

2011年に青山学院大学を卒業、卒業後は株式会社会社ネオキャリアにて一貫して従事。新卒採用のコンサルタントを経験後、中途人材紹介のリクルーティングアドバイザーとしてNo.1を獲得。その後は求職者の集めるために、マーケターとして従事し、営業マネージャーを兼務。現在は、新規事業の人事系クラウドサービス「jinjer」のマーケター及びプロダクトマネージャーを担当。一部、アライアンス営業、AI関連の新規ビジネスにも従事。
  •  
  • 0
  • jinjer_seminer
  • jinjer勤怠管理システム
  • jinjer_seminer
  • jinjer勤怠管理システム