新卒採用おすすめ採用管理ツール|厳選3選

こんにちは。企業向けに新卒採用のコンサルティング、大学生向けにキャリアデザインの講師をしている社会保険労務士の原田です。
 
昨今、リファーラル採用に注目が集まる中、エクセル管理には限界があるというもの。先日のテーマでも新卒採用におけるリファーラル採用についてお話しました。

 
今回は、これからリファーラル採用を含めて効率的に進めていきたい採用担当者のあなたに、おすすめのツールを3つご紹介します。
 

採用管理-640

 

HRnote_kintai_bunner_640-110

 

1.Wantedly(ウォンテッドリー)

wantedly

 
もはや採用担当者で知らない人はいないサービスになったWantedly
IT系企業を中心にキャリア採用の媒体として急速に認知を高めたこの媒体、実は新卒採用でも、言わずと知れたリファーラル採用には欠かせないツールの1つなのです。
 
SNS(Facebook)内で求人を拡散し、そこから応募者を集めるというシンプルな仕組みです。求人の内容も他の媒体と異なり「話を聞きに行く」といったハードルを低いところに置いていることから、認知度が上がりやすいサービスです。
 
ポイントは、いかに自社のメンバーに拡散してもらい、外部の応援者に更なる拡散を依頼できるかにあります。マーケティングを採用活動に効果的に活かせている企業が、好活用事例となっているケースが多いです。
 
一方で「意向度」が上がっていない状態で来ることが多いため、対応するメンバーの「採用力」が問われることにもなります。
 
 

2.Refcome(リフカム)

リフカム

 
Refcomeはリファーラル採用に特化したサービスです。
その他のサービスと比較して、効果測定がしやすいという印象です。WantedlyがSNSで求人を拡散させる形態を取ることに対し、Refcomeでは社員が1対1でアプローチしたい人にメッセージを送った数をAdmin画面で計測し、管理をしていくことができます。
 
OpenにアプローチするWantedly、クローズドでアプローチするRefcomeと言えます。
 
Refcomeは、クローズドでも個別にメッセージでアプローチできる、というところが利用しやすいポイントです。シンプルで使いやすいUI/UXも特徴と言えます。
 
 

3.SONAR(ソナー)

キャプチャsona-2

 
各採用媒体やWantedly・Refcomeなどで集客した学生の情報を一括管理することができるツールです
また、自社採用サイトに紐づけしたマイページの発行をすることができます。フローの設計も細かくでき、またオプションも豊富なため、今世の中にある採用ASPの中では、かなりフレキシブルに設計でき、使い勝手が良いサービスと言えます。大手からベンチャーまで、利用している会社の規模も多岐にわたっています。
 
 

最後に

いかがでしたでしょうか。
リファーラル採用ツールは今回取り上げた以外にも多数ありますので、Refcome以外に、大手採用支援媒体が出しているサービスも合わせて比較検討してみるのがおススメです。それぞれに良い点がありますので、自社の規模感や、やりたいことに合わせて探してみることをお勧めします
 
採用データの一括管理はエントリー数約2,000程度まではエクセルでも十分まかなえますが、それを超える場合はASPで情報管理することをお勧めいたします。
 

HRnote_kintai_bunner_640-110

 

>>編集部オススメの記事はこちら<<

The following two tabs change content below.
原田圭

原田圭

1980年生まれ。神奈川県出身。 慶応義塾大学在学中に、就職支援学生団体設立。新卒で組織人事コンサルティング会社に入社。企業の新卒採用・中途採用・人材開発・組織活性化のコンサルタントとして従事。2016年5月に原田社会保険労務士事務所開業。 主な著書に「就活トラベラーズ(日経人材情報 2002年10月)」「企業労働法実務入門(日本リーダーズ協会 2014年5月)」「企業労働法実務入門〜書式編(日本リーダーズ協会 2016年4月)」がある。
  •  
  • 0
  • jinjer_seminer
  • jinjer勤怠管理システム
  • jinjer_seminer
  • jinjer勤怠管理システム