HR NOTE [HRノート]コンテンツ人事雑学経営者にはサイコパスが多い?|経営者を目指してサイコパス診断を受けてみた

経営者にはサイコパスが多い?|経営者を目指してサイコパス診断を受けてみた

アイキャッチ3

 
こんにちは!HR NOTE編集部の野上です。
 
皆さんは今までの生活の中で学生時代や職場での先輩や後輩の中で「この人の頭の中どんなふうになってるんだろう」「どうしたらそんな考え方できるのだろう」と感じる人に出会ったことってありませんか?
 
というのも、先日のミーティングでこんな会話をしていたんです。
 
野上:「経営者とか企業のトップにいる人って熱く僕達に語りかけてくれますけど、面と向き合ってみるとどこか冷酷に感じることもあるし、僕達のような思考力じゃ考えられないほど、振り切った発言をする方って多いと思いませんか?」
 
 
編集長:「それわかる、考えてることがわからない時ってあるよね」
 
 
マーケティング担当:「サイコパスってやつですね、経営者に多いっていいますし」
 
 
野上:「経営者ってサイコパスなんですか!?それって危険なやつですよね?」
 
 
マーケティング担当:「そんな話を聞いたか、そんな記事を読んだことあるんですよ。それに、経営者がサイコパスじゃなくて、経営者にサイコパスが多い、だから」
 
 
この会話から、僕は経営者とサイコパスの関係性に異常な興味をいだいてしまいました。
 
そこで今回は「本当に経営者にはサイコパスが多いのか」を調べて記事にしてみました。

 

サイコパスとは?

編集長1

 
僕自身、「サイコパス」という言葉を知っているかのように使っていましたが、その言葉の意味を聞かれても「頭がぶっ飛んでいる人」という認識でしかありませんでした。
 
僕もいつかは経営者として活躍をしたいという夢があったのですが、経営者に「サイコパス」が多いと聞いてしまうと、少し怖くなってきました。
 
また経営者には「頭がぶっ飛んでいる人」が多いというのも僕の中で語弊があると思ってしまったので、「サイコパス」に対しての理解を深める必要があります。
 
まずは「サイコパス」に関してネットで情報収集をしていきました。
 
 
サイコパス(Psychopath)を日本語に訳すと「精神病質者」と呼びます。この精神病質とは反社会的人格の一種を意味する心理学用語のことを指します。
 
イギリスのサイコパス研究で有名なケビン・ダットン教授はサイコパスの特徴は以下の5つであると述べています。

【サイコパスの5つの特徴】
  • 極端な冷酷さ
  • 無慈悲
  • エゴイズム
  • 感情の欠如
  • 結果至上主義

 
この特徴だけでは「サイコパス」は他人から見ると残酷なことを平気でおこなえる良心を欠如した人。いわゆる「凶悪犯罪者」をイメージする方もいるのではないでしょうか。
 
間違いなく連続殺人鬼や、猟奇殺人者などには良心や善意がなく「サイコパス」と断定することできるかもしれません。しかし、サイコパスに「凶悪犯罪者」のような人が多いとなると、そもそも経営者で「サイコパス」の人はかなり危険な立ち位置になってしまう可能性があるかもしれません。
 
このままだと「経営者=サイコパス=凶悪犯罪者」という構図が僕の頭の中で成り立ってしまうのでもうサイコパスについてもう少し調べていきます。
 
 

人格を構成する特性の中にはもともとサイコパス的なものがあり、そのうちいくつかを強く発揮して社会的成功を得ている人から、すべてが最大になってしまった極端な犯罪者の間は、いわば連続的な「スペクトラム」になっているとダットン博士は考えています。その間のどこかで、何かの境界を超えたときに、サイコパスは犯罪者となってしまうのでしょう。

 
この記事を読んで少しホッとしました。
人間には誰しもサイコパスの性質をもっていて、何かの境界線を超えないかぎり犯罪に手を染めることがないということですね。
 
そのサイコパス的な性質が表面的にでる人の中に犯罪者がいたり、サイコパス的な性質が表に出ない人や、その性質に気づいていない人が経営者に多くいたりするということかもしれません。
 
しかし、人を完全にサイコパスと断定することはできないみたいですが、サイコパス気質が「ある人」「ない人」や、サイコパス度が「高い人」「低い人」を見分けることはできるみたいです。
 
FacebookやTwitterをしている人であれば、知人が性格診断や心理テストを受けた結果をタイムラインに投稿しているのを見たことがある人もあると思います。そのようなWEBでできる診断の中にも心理学者やカウンセラーが監修の下でつくられている「サイコパス診断」というのもあるので試してみるのもいいかもしれませんね。ただし、その結果を信じるかどうかは個人におまかせします。
 

サイコパス気質がある経営者が多いのは本当なのか?

CEO

 
ここまでお伝えした「サイコパス」という性質が経営者に多いという理由は本当なのかをさらに調べていると面白い結果を発見しました。
 

サイコパス

 
このランキングはダットン博士が職種ごとにサイコパス度を比較をおこない導き出した結果になります。さらに驚く結果として、同記事には企業の「CEO」と「凶悪犯罪者」のサイコパス度を比較した際に「CEO」の方がサイコパス度が高かったという結果が出たということが書かれていました。
 
では、なぜ経営者にサイコパス気質がある人が多いのでしょうか。サイコパスの精神的特徴と経営者に求められる才能や資質にある共通点をまとめてみました。
 

  • 魅力的なビジョンと表現力がある
  • 自己中心的だがカリスマ性のある人間
  • 速やかな決断と行動力
  • 非情であり、周囲に冷酷
  • 恐怖心の欠如と強靭な精神力

 
前述しているサイコパスの特徴と照らし合わせててみるとわかるかと思いますが、経営者がサイコパス気質があるのではないかと思えてきましたよね。
 
また、サイコパスの中にも、知能の低いサイコパス知能が高いサイコパスで大きく分別することができるみたいです。知能の低いサイコパスは自分の手を血に染めたり、サイコパスであるということを包み隠さずに行動に出てしまうので「凶悪犯罪者」などになってしまう傾向があるということです。
 
しかし、知能の高いサイコパスには、サイコパスであるという自分の能力や性質をごまかすことができてしまうみたいです。表面的には魅力的に知的にカモフラージュができるので、企業のリーダーとしての資質が備わっているように見せることができるのです。
 
ビジネスにおいて、リスクを取る能力失敗からすぐに立ち直る力事業の撤退、ときには社員の解雇などの決断力やメンタル力が経営者には求められます。このようなスキルが必要になってくるということは少なからずサイコパス気質がないと経営を進めていくことはできないのかもしれません。
 
サイコパスの特徴でご紹介をしたようにサイコパスは結果至上主義でもあります。経営の観点でいえば、結果至上主義であるということは、事業の成功にコミットすることが必須になってきます。そのためにも経営者はビジョンを社員たちに伝えることが必要になりますし、さらに社員を鼓舞するためには魅力的な表現力が必要になってきます
 
企業のトップになるためには知能だけでなくサイコパス気質をあわせ持っていることが、性格的に有利であるのかもしれません。
 

サイコパス気質があるのかどうか診断をしてみた

野上サイコ

 
さいごにですが、次世代の経営者を目指す僕とその周りにいる方たちでサイコパス診断を受けてみました。
 
冷酷さや非情さ、時には感情を優先せずに物事を進めていかなければいけないという経営者になれるかどうか、そのサイコパス度合いや傾向を測定してみることで、経営者になれるのかを測定してみました。
 

その際に利用したWEBサイコパス診断はこちら!!
サイコパス診断|MIRRORZ~あなたの心を映し出す心理テストメディア~

 

「経営者=サイコパス」と思い込んで怖気づいてしまった編集部 野上の診断結果

野上1

▶診断結果:『意識高い系サイコパス
 
「あなたはサイコパスではありませんでした」という結果を期待していたのですが、誰もが『〇〇系サイコパス』の資質があると診断結果がでてしまうサービスでした。
 
向上心が高いと診断されたことは大変嬉しいことですが、本質を忘れて意識高いことをアピールすることが目的になってしまうのは、なんとも「イタイ」奴ですね。意識を高くもって突き進んでいくことは大事なことですが、謙虚さを忘れずに良い意味でサイコパスな経営者になれるようになりたいですね。
 

「石橋を叩いて渡る」がモットーなHR NOTE編集長、その他3名の診断結果

根本1

▶診断結果:『中二病サイコパス
 
僕の周りで一番多かった診断結果がこの『中二病サイコパス』。
内容を読んでいる限りサイコパスとは無縁で「中二病」だと診断されているような気がしますね。編集長を含めこの診断結果が出た4名は確かに、休日にアニメを見続けたり、コンビニで漫画を立ち読みしたりすることが習慣づいてる方が多いです。さらに、中学生レベルの下ネタが会話の3分の1を占めるような「中二病」です。
 
まずは中二病から脱するためにも、規則正しい生活を過ごしてほしいですね。
 

新卒入社で企画職配属、社内メディアの広告運用をおこなう23歳女性マーケターの診断結果

すず

▶診断結果:『お笑いサイコパス』
 
彼女は関西出身で、たしかに笑いのセンスが高く、会話にオチがないと「ハァ?」と逆ギレされるようなことがたまにあります。診断結果にもあるように、度が過ぎて普通の人では笑いにならないようなことも「おもしろーい!」と言ってケラケラ笑う、本当のサイコパスではないかと思ってしまいました。話を聞くと、中学生時代にはクラスメイトの男子が食べる前の弁当箱を笑いながら振り回していたようです。彼女こそ本当のサイコパスかもしれませんね。
 

中途採用で入社後2ヶ月でWantedly記事を書き続けて活躍している24歳採用広報の診断結果

大野

▶診断結果:『正義系サイコパス
 
このサイコパス診断を作成した人はすごいです。この診断結果を読んでいると彼の人間性が少し見えてきた気がしました。
「正義系サイコパス」が経営者だと考えてみると、お客様のニーズに対して間違った理解をしてしまってサービスを提供してしまうので、「なかなか成功しないのでは」と感じてしまいました。
 
彼には、本当に間違った正義感に燃えられてしまうと大変なので、正義系サイコパスにならないように注意をしてほしいです。
 

▶そんなO野さんのWantedly記事はこちら:Neo Career’s Blog|Wantedly

 

情報感度が高く、いつもロジカルでコミット力も強い、独立1年目の29歳経営者の診断結果

そめひこ1

▶診断結果:『コミュ障サイコパス
 
おしゃべりが好きで、にこやかにされている方だと思っていましたが、「コミュ障サイコパス」だったんですね。仕事では見せていただけない私用の顔がどんなものなのか気になってしまいました。クリスマスは彼女がいながらも一人で延々とオセロゲームをアプリでし続けていたという話を聞いたことがあります。
 
ただし、今後増えてくるであろうリモートワークといった働き方に慣れてしまうと、森から一歩も出ない人になってしまいそうです。こちらも語尾にサイコパスとついていますが、いわゆる「コミュ障」ですよといわれているようなものですね。
 

常に最短距離で解を見出し、28歳で社内を牽引するプロダクトマネージャーの診断結果

小口1

▶診断結果:『オタク系サイコパス
 
今回ご紹介をしたサイコパス診断結果の中で一番ポジティブに書かれている内容だと思います。確かに興味関心がとても広く、そのためにはどれだけ時間を費やしても調べてやり遂げるような人です。サイコパスにも興味があるらしく飲んでいるときにはサイコパステストをいつもしてくれます。まだデスクにフィギュアなどが並んでいないので、『オタク系サイコパス』には少し遠いかもしれませんね。ただし時折僕達に見せる「非情で冷酷な性格」やはサイコパスの特徴を表しているので、もしかしたら経営者向きなのかもしれません。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ふとした疑問から調べてみた、「経営者にサイコパスが多い」といった疑問でしたが、少しは理解ができるようになりました。
 
あなたの周りにもサイコパス気質が高い経営者がいるかもしれないので、その発言や行動に注意をして観察してみるのもいいかもしれません。
 
僕たちの診断結果を見てみると、サイコパスの資質があるのかどうか、また経営者に向いてるのかどうかすらわからない結果となってしまいました。しかし、前述したように経営者に求められる才能とサイコパス気質は関連性が少なからずあるかもしれません。
 
だからどうなるかと言うわけではありませんが、もし経営者を目指されている方や、今経営者である方は、自分にサイコパス気質があるのかどうかを、診断テストや、周りの友人や同僚をつかって確認してみるのもいいかもしれませんね。調べているとほかにもたくさんのWEBでできるサイコパス診断がありましたよ!
 

 
 
ちなみに僕は編集長に「お前は、サイコパスだ!」と言われてしまいました。
 
僕はまだ自分のことを「サイコパス」ということに理解することができませんが、一つだけ言えることがあります。
 
 
 
編集長はサイコパスというより中二病ですよ。

編集長サイコ
※ちなみにこれは編集長です

 

▼ 編集部オススメの記事はこちら ▼

The following two tabs change content below.
野上大志

野上大志

インドとタイをこよなく愛するHR NOTE編集者です。 「人事の発展が企業を発展させるカギを握っている」と考え人事関連のみなさまに少しでも価値のある面白い記事を書いていきたいと考えています。 休日はサッカーやフットサル、プチ放浪や、フェスなど自由奔放に過ごしています。
  •  
  • 0