第二新卒採用による「5つのメリット」と「5つの特化サービス」を紹介

第二新卒640

最近では、新卒の約3人に1人が退職を考えており、全体で見ると非常に多くの人が転職を経験しています。世間では、「やり直すなら早い方がいい」という意見もあれば「1つの会社に最低3年はいないと社会経験にならない」という意見もあり、早期転職には賛否両論あります。

一方で企業側からすると、この早期転職を考える「第二新卒」と呼ばれる人たちを採用するメリットがあるのかどうかも気になるところではないでしょうか。

本記事では、「第二新卒を採用するメリット」と「第二新卒採用に特化したサービス」をまとめました。

ぜひ、企業の若手中途採用の参考にしていただけますと幸いです。

1|「第二新卒」とは、だれを指す言葉?

第二新卒とは、一般的に「一度就職してから1~3年程度で辞めてしまった、25歳前後の人材」のことを指します。ただし、明確な定義は決まっておらず、企業によってその考え方は微妙に異なります。

「第二新卒」と「既卒」は、同じように思えますが、既卒は「学校を既に卒業しているけれど、まだ一度も就職をしていない人」を指します。

第二新卒者に対して、「根性がなくすぐに会社を辞めてしまった人」「深く考えずに会社を決めてしまった人」というマイナスイメージを連想しがちですが、イメージ通りとは限りません。

確かに、「仕事が合わない」「社風が合わない」という理由が一般的に挙げられますが、我慢ができないというよりかは、「早いうちにやり直した方がいい」という気持ちから、退職に踏み出す人の方が多いそうです。

一度社会に出て失敗をしている分、「今度こそは」というやる気に満ちていることに加えて、真剣に再就職を考えていそうですよね。

2|なぜ第二新卒が注目されているのか

では、今なぜ「第二新卒」が注目されているのでしょうか。ここでは5つの理由をあげてみました。

新卒採用の激化による人員不足

現在、新卒採用は売り手市場のため、採用予定人数に達することができない可能性が非常に高くなっています。そうした際に第二新卒に切り替えて採用充足に向けて動く企業が増えています。

第二新卒者側は、学生時代とは異なる軸で企業を選ぶようになります。認知度が低いことが原因で学生が集まらなかった企業も、第二新卒をターゲットにすることで、応募者が集まる可能性が十分にあります。

雇用の流動化による早期退職への抵抗の軽減

終身雇用が崩壊し、早期離職をして第二新卒として新たなキャリアを積んでいく方が増えてきています。そのため、第二新卒者の中から、自社の求める人材に出会える確率も高くなっています。

「早期離職=活躍できない人材ではないか」というイメージも払拭されてきているのではないでしょうか。

柔軟で適応力が高い

社会には出ているものの、経験が少ないため、柔軟性、適応力が高い方が多くいます。長く社会経験を積んでいると、スキル・技術力を期待できる一方で、前の会社での慣習やプライドなどの理由でカルチャーフィットが難しくなるケースがあります。

しかし、第二新卒者は前の会社の文化に染まり切っていない人が多く、仕事への意欲や若手ならではのフレッシュさを備えているため、新卒採用と同じように環境に溶け込むことができます。

基本的なビジネススキルを備えている

第二新卒者には、前の会社で研修や経験を積んで、基本的なビジネスマナーやネットリテラシーなどの基本的なビジネススキルを備えている人が多くいます。

新しく新卒を採用するよりも研修のコストや手間がかからないため、第二新卒を採用する大きいメリットだと言えます。

入社までの期間が比較的短い

新卒者の場合、入社時期が固定のため、新卒採用活動を始めてから入社まで半年以上期間が空いてしまいますが、第二新卒は入社までの期間が短いため、タイミングに合わせて会社にジョインすることができます。

また、基本的なビジネススキルを備えているため、すぐに戦力が欲しいという場合にも、第二新卒者なら早期に現場で働くことができることから、第二新卒には新卒採用や既卒採用と比べても劣らない魅力があるといえます。

3|第二新卒に特化した5つのサービス

それでは、第二新卒者の採用に向けてどのようなサービスがあるのでしょうか。ここでは、第二新卒に特化したサービスを5つご紹介します。

第二新卒AGENTneo

【特徴】

  • 企業に訪問をした営業担当が直接求職者へその会社の魅力や情報を伝えるため、情報のギャップが発生しにくい
  • 紹介する候補者は、必ず初回2時間・平均20時間以上のキャリアカウンセリングを実施
  • 高い定着率と業界平均の2倍の内定承諾率で採用の費用対効果を最大化

サービス名:第二新卒AGENTneo
提供企業名:株式会社ネオキャリア
URL:https://hcm-jinjer.com/media/service/sad2001/

就職Shop

就職SHOP

【特徴】

  • 企業規模に関わらず、約8割の面接を実現し採用決定へとつなげている
  • キャリアコーディネーターが直接求職者と会って対話することで一社一社に対する本気度の高い若者の面接を実現
  • 登録者の9割が20代の若者

サービス名:就職Shop
提供企業名:株式会社リクルートキャリア
URL:https://www.ss-shop.jp/forcompany/

マイナビジョブ20‘s

マイナビジョブズ

【特徴】

  • プロのキャリアアドバイザーによる転職支援だけでなく、書類対策や面接対策、セミナーなど、転職活動全体をサポート
  • マイナビグループが提供する新卒・中途の転職サイトのノウハウ・実績を活かして、多様なニーズに対応
  • 費用は内定者が入社した月に初めて発生する、完全成功報酬型

サービス名:マイナビジョブ20’s
提供企業名:株式会社マイナビワークス
URL:https://mynavi-job20s.jp/business/

UZUZ人材紹介サービス

uzuz

【特徴】

  • 求職者を自社メディアで集客し、人材紹介をおこなっている
  • 社員が「元既卒」「元第二新卒」のため、共感性の高い就活サポートが可能
  • 内定後の定着率90%以上の高いマッチング率を誇る

サービス名:UZUZ人材紹介サービス
提供企業名:株式会社UZUZ
URL:http://uzuz.jp/corp/

ハタラクティブ

ハタラクティブ

【特徴】

  • 20代の利用者が全体の約90%
  • IT、メーカー、教育、マスコミなど幅広い業種の求人が常時1000件以上
  • 正社員の転職成功率80%以上という実績を持ち、クレームが1件もない
  • 連絡があった日から即時にマッチングを開始できる

サービス名:ハタラクティブ
提供企業名:レバレジーズ株式会社
URL:https://hataractive.jp/partner/concept/

4|まとめ

いかがでしたでしょうか。

前回、ニート採用についても調べましたが、人材不足が問題として上がる現在、第二新卒の需要は十分にあることがわかりました。

「基本的なビジネススキルもある」「若くてやる気もある」という点でみると新卒採用にも劣らないメリットがあるのではないでしょうか。第二新卒の採用に力を入れる企業は、これからさらに増えてくると思います。

個人的には、新入社員の3分の1が転職を考えると聞いて少し怖気づいてしまいますが、「だめなら転職すればいい」と保険を掛けるのではなく、「どうしても・・・!」という切り札として心にとどめておこうと思います。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!