働き方改革!リモートワークを円滑化するweb会議システム7選

640アイキャッチ

こんにちは。HR NOTE編集長の根本です。

最近、個人的にWeb会議やWeb商談といったオンライン上でのコミュニケーションツールを活用する機会が増えてきました。

私はオールドタイプの人間なので、最初はこのようなツールの活用に抵抗があったのですが、実際に使ってみると非常に使いやすく便利なことがわかり、今ではあらゆるシーンで活用しています。

またこの間、Web商談での提案も受けたのですが、そちらも通常の提案と何ら変わりなく、むしろ人見知りなところがあるため快適にさえ感じながらやりとりすることができました。

こんなに便利なツールがあるのに使わない手はない!

ということで、今回は社内の生産性向上に役立てるWeb会議システムの活用メリット・デメリットと、どのようなサービスがあるのかについてご紹介したいと思います。

Web会議システムの活用メリットとデメリット

shutterstock_183272411

ここでは、考えられるWeb会議システムの活用メリットとデメリットを挙げてみました。

Web会議システムの活用メリット

  • 一箇所に集まることなく開催ができるため、移動工数がかからない。
  • 移動する必要がないため、交通費が削減でき、スケジュールも合わせやすくなる。
  • 会議室の手配をする必要がなくなる。
  • 資料を印刷せずにデータでのやりとりになるため、ペーパーレス化につながる。
  • 同じデータを見ながら、編集していくことができる

Web会議システムの活用デメリット

  • 周囲の微妙な雰囲気、空気感を読み取りにくい。
  • アクセス状況が良くないと、うまくつながらない場合があり、時間をロスしてしまう可能性がある。
  • 参加者の熱量がわかりにくい
  • システムによっては、参加人数が限られてしまう場合がある
  • 慣れるまで立ち上げに手間がかかることがある

リモートワークを円滑化するweb会議システム7選

Calling[コーリング]|Web会議とチャットを結合、コミュニケーション情報を一括管理

【特徴

  • インストール不要。URLや接続ナンバーだけで簡単に会議へ参加者を招待できる
  • LINEやFacebook messengerと連携可能。チャットとオンライン面談をシームレスに接続
  • 用途や目的に応じた機能が充実。採用面接、社内会議、応募者とのチャット連絡、ステータス管理など
  • 安価な料金体系。ユーザーID数、ルーム作成数は無制限

【料金体系】

  • 初期費用:30,000円
  • 基本料金:月額19,800円(接続150時間含む)
  • 従量料金:160円/時(150時間以降に適用)
  • 30日間無料トライアル中!

appear.in|URL発行のみで無料でビデオチャットができる

appear

【特徴】

  • 1ルームに最大8人で同時にビデオチャットをおこなうことが可能(プレミアム版は12人まで対応可能)
  • ゲストは登録する必要がなく、送られてきたURLをクリックするだけで参加することができる
  • 関係者以外の参加をロックする機能、参加者を退出させることができる機能などが搭載されている

【料金体系】

  • 無料で利用可能
  • プレミアム版:1ルームにつき$12/月

bellFace|5秒でつながるインサイドセールスシステム

ベルフェイス

【特徴】

  • BtoBの営業・顧客サポートに特化したインストール・ログイン不要のインサイドセールスシステム
  • 音声のやり取りは電話回線のため、回線の断絶も基本的に起こらない
  • リリースから1年ですでに400社導を超える導入実績がある

【料金体系】

  • 7日間の無料トライアルあり
  • その他料金に関しては都度お問い合わせ

zoom|あらゆる用途に対応可能なビデオチャットツール

zoom

【特徴】

  • ビデオ参加者は500名まで、閲覧者は10,000名まで利用可能
  • zoomひとつでさまざまなシーンに活用することができる
  • 世界75万社以上がzoomを活用している

【料金体系】

  • パーソナルミーティング向け:無料
  • 小規模チーム向け:$14.99/月/ホスト
  • 中小企業向け:$19.99/月/ホスト
  • 大企業向け:$19.99/月/ホスト
  • サービス名:zoom
  • 提供企業:Zoom Video Communications
  • URL:https://zoom.us/

V-cube|目的や業種にあわせたサービスを多数展開

V-cube

【特徴】

  • Web会議、Webセミナー、テレビ会議、ビジネスチャットなど、さまざまな用途に特化したサービスを提供
  • 5,000社を超える企業の導入実績
  • 専門エキスパートによる導入サポート、24時間365日の電話サポートがある

【料金体系】

  • 都度お問い合わせ

Skype|世界中どこでも無料で通話ができる

skype

【特徴】

  • 世界中で誰とでも、無料でビデオ通話や音声通話ができる
  • 画面の共有ができるため、オンラインでのプレゼンテーションが可能
  • Office 365と連携することで、OneDriveやSharePointなど、さらに便利な機能を活用できる

【料金体系】

  • 基本的に無料で利用可能
  • ※Skype for Businessを活用の際は有料(Office365の機能として搭載されている )
    ・Office 365 Business Essentialsプラン:540円/ユーザー/月
    ・Office 365 Business Premiumプラン:1,360円/ユーザー/月

ChatWork|ビジネスが加速するクラウド会議室

チャットワーク

【特徴】

  • 通常のチャット機能に加えて、ビデオ通話をおこなうことができる
  • 音声通話・ビデオ通話中に、自分のパソコンの画面を相手に共有することが可能
  • 導入企業147,000社の実績を持つ

【料金体系】

  • フリー:0円
  • パーソナル:1ユーザー 400円/月
  • ビジネス:1ユーザー 500円/月(年間契約なら約417円/月)
  • エンタープライズ:1ユーザー 800円/月

最後に

いかがでしたでしょうか?

今まではFace to Faceでのコミュニケーションが重要だと個人的に思っていました。しかし、Web会議システムを使ってみると、ストレスなくスムーズにやりとりができ、また移動工数もかからないため、非常に便利で多くのシーンで活用しています。リモートワークも問題なくやりとりできています。

Web会議、Web商談システムの検討を考えている方がいらっしゃれば、まずはスモールスタートで導入してみて、その感触を確かめてみてはいかがでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!