【お願い|年末企画2018】勝手に選出|2018年に注目されたHR Techサービスはどれだ!?

みなさん、こんにちは!

2018年も残すところラスト1ヶ月を切りました。みなさんのお役に立てる記事をお届けできるように、ラストスパートをかけているHR NOTE編集部です。

2018年もHR NOTEを見ていただきまして、ありがとうございました!

ちょうど1年前の2017年12月。みなさまのご協力のもと、【勝手に人事流行語大賞2018】を決めさせていただきました。

 

そして、12月に近づくにつれ、「今年はHR NOTEで何かするの?」というお声を多数いただき、HR NOTE編集部で議論した結果、、、今年は、以下を企画させていただきました。

【いま注目のHR Techサービス2018】

みなさまが現在活用されているHRTechツールは何か。注目しているHRTechサービスは何か。

そのようなことをアンケートで投票していただき、HR NOTEにて勝手に注目のHRTechサービスを選出させていただければと考えております。

『いま注目のHR Techサービス2018』の概要詳細

HR Techとは、クラウドやビッグデータ解析、人工知能(AI)など最先端のIT関連技術を使って、採用・育成・評価・配置などの人事関連業務をおこなう手法のことです。

近年では、HR Techサービスが多くリリースされており、大きな盛り上がりを見せています。

HR Techサービスは、業務効率化システム・管理システム・採用支援システムなどさまざまなものがあります。

本企画はその中から、今年リリースされたサービス、取材で名前がよくあがったサービスなど、あらゆる観点から議論し、事前に14カテゴリーのHR Techサービスを選定させていただきました。

2018年に注目されたHR Techサービスを決定できればと思っております。

そこで、みなさんにご協力のお願いがあります

以下、投票フォームより、

  • 今使っているHR Techサービス(複数選択可)
  • 注目しているHR Techサービス(3つのみ選択)
  • オススメしたいHR Techサービス(3つのみ選択)

を選んで投票していただけないでしょうか。

みなさんが注目したHR Techサービスを、私たちに教えてください!


投票について

以下の期間にて、投票受付をしております。是非、奮ってご投票くださいませ!

  • 有効投票期間:2018年12月13日(木)~12月24日(月)23:59
  • 対象:人事領域に携わっている方であればどなたでも!
  • 結果発表:12月25日(火)を予定しております!

HR NOTE編集部で選出した14のHR Techサービスをご紹介!

ここではHR NOTE編集部で選出した14のHRTechサービスについて、リンクをつけて説明させていただきます。

1. 採用管理システム(新卒・中途・アルバイト)

採用管理システムとは、「応募管理」「日程調整」「選考情報管理」など採用に関わる業務を一括で管理できます。

【メリット】

  • 紹介会社の担当者とのやり取りを一括管理できる
  • 求職者情報が見える化されているので、情報共有がしやすい
  • 日程調整などの人為的ミスを防止できる

2. リファラルに特化した採用管理システム

一度接触した求職者と関係を維持し続け、転職意欲が湧いたタイミングで、再度アプローチするために、情報を管理するシステムです。

【メリット】

  • 一度接触した求職者と関係性を維持し続けられる
  • 企業の良い噂が拡散されやすい
  • 長期間コミュニケーションを取るため、ミスマッチを防ぐことができる

3. AIによる人材マッチングサービス

AIが求職者が見ている求人情報や過去の経歴データをもとに、企業が求めている条件に合った人材を紹介してくれるサービスです。

【メリット】

  • 人が介入するケースと違い、精度が高い
  • 活用すれば、活用するほど精度が上がっていく
  • 条件に合っている求職者は何人でも紹介できる

4. オンライン面接/チャットボットツール

Web会議システムを活用して、遠隔の求職者と面接をおこなうことができます。また、チャットボットは、よくあるお問い合わせを自動化することができます。

【メリット】

  • 地方に出向く「時間」と「お金」の負担を削減できる
  • 地方の求職者と面談ができ、その結果志望度を上げることができる
  • 動画で面接を録画し、その動画を面接官の育成に活用することができる

5. 人材管理(タレントマネジメント)システム

タレントマネジメントとは、従業員がどのようなスキルを持っているかを把握し、パフォーマンスを最大限発揮してもらうために、最適な人材配置や教育をおこなうことです。

【メリット】

  • プロジェクトを開始するとき、誰をアサインしたらいいかわかる
  • 配置シミュレーションができるので、戦略的な人材配置が可能
  • 従業員一人ひとりに合った育成プログラムを届けられる

6. 人事評価システム

人事評価システムとは、従業員の評価を一括管理でき、その結果を人材配置などに活用できるシステムのことです。

【メリット】

  • 評価軸を明確にした客観的な人事評価を実現
  • 人事評価を可視化できる
  • 評価データを人材配置に活用することができる

7. モチベーション管理システム

モチベーション管理システムとは、定期的に従業員のモチベーションを確認でき、モチベーションの変化を把握できるシステムです。

【メリット】

  • 従業員の生産性が上がる
  • 離職防止につながる
  • データにもとづいた従業員モチベーションの管理ができる

8. クラウド型の勤怠管理システム

クラウド型勤怠管理システムは、従業員の正確な勤怠データを把握することができ、集計作業などの業務を効率化できます。

【メリット】

  • 集計作業を効率化できる
  • 直行直帰に対応した打刻が可能
  • 打刻修正などの申請業務がPCやスマホアプリからできる

9. 労務管理システム

労務管理システムとは、Web上で簡単に入社・退社の手続きができたり、面倒な書類を自動作成できるシステムです。

【メリット】

  • 書類での手続きが煩雑な入退社の手続きも簡単にできる
  • 面倒な書類策も簡単に自動作成
  • 作成した書類はそのままWeb上で申請完了

10. 経費精算システム

経費精算システムとは、従業員が営業活動をする中でかかった出張費・通勤費などをWeb上で精算するシステムのことです。

【メリット】

  • ペーパーレス化で、従業員も管理者も作業が楽になる
  • データの処理の自動化により、ほかの業務に時間を使える
  • 知識がなくても、サポートが充実しているので簡単に使える

11. クラウド型の給与計算・管理システム

給与計算システムとは、従業員の勤怠データと連携して、給与計算をおこなうシステムです。

【メリット】

  • 煩雑な給与計算業務を効率化
  • 勤怠データと連携しているので、計算ミスがない
  • 給与明細書や各種帳票を簡単に印刷できる

12. 学習支援サービス(LMS)

学習新絵サービス(LMS)とは、eラーニングの教材コンテンツの配信や、確認テストの点数などを管理できるシステムのことです。

【メリット】

  • 受講者はいつでもどこでもeラーニングの受講が可能
  • 試験結果や進捗率を簡単に確認することができる
  • 個人ごとに成績を管理することができるので、一人ひとりに合ったフォローが可能

13. 健康管理システム

健康管理システムとは、従業員の健康データを一元管理でき、さまざまな健康管理業務を効率化するシステムです。

【メリット】

  • 健康関係の報告書作成の工数削減
  • 従業員の健康課題を把握することができる
  • 健康リスクを予防でき、安定して働けるので、生産性が向上する

14. ピアボーナスサービス

ピアボーナスサービスとは、表面化しにくい仕事による成果や貢献に対して、従業員同士で成果給を送り合えるサービスのことです。

【メリット】

  • 周りの従業員から表面化しにくい仕事を認められるので、従業員のモチベーションが向上する
  • 内部的モチベーションを刺激するため、従業員エンゲージメントが向上する
  • 定性的な従業員の成果を評価することができる

是非、投票・拡散のご協力よろしくお願いいたします!

HR NOTE(jinjer)のtwitter、facebookアカウントにて、本キャンペーンのことを投稿したものをリツイート、いいね、シェアをしていただく、などなど。

是非、一緒に盛り上げていただけますと幸いでございます。

▶ハッシュタグ|#勝手にHRTechサービス大賞2018

 

みなさまのご投票、心よりおまちしております。

何卒、よろしくお願いします。

HR NOTE編集部 一同

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!