-->

Web面接録画の活用方法とは|面接の振り返りだけではなく、面接官育成にも

「面接の録画って、何に使えるの?」このような疑問を持っている人事担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。

面接もより応募者に合った面接をおこなうために、人事担当者だけではなく、現場の従業員も面接官を担当する機会が多くなっているでしょう。現場の従業員が面接官を担当するとなると、一定水準の面接をおこなえるように、面接官を育成していく必要があります。

その面接官の育成のために役立つのが、面接の録画データです。今回は、面接の録画について、

  • 面接の録画は違法なのか
  • 面接を録画することのメリット
  • 面接の録画のやり方

をご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

※Web面接について知りたい方はこちら!
【関連記事】Web面接とは?メリットや活用方法、学生の声を徹底解説|システムもご紹介

1. そもそも面接の録画は違法ではないのか?

「面接を録画することって、違法じゃないの?」と疑問に思っている人事担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。

面接を録画することは、違法行為ではありません。しかし、無断で面接を録画していることが判明すると、就活生にSNSに書き込まれるかもしれません。最近の就活生はスマホで口コミを見て、その企業に応募するかどうか決めることが多いので、SNSへの書き込みが影響して、企業の評判が下がるケースもあります。

そのため、面接が始まる前に録画する旨を説明したり、許可を取ったりするなどの配慮が必要でしょう。

面接を録画することは違法ではありませんが、録画データが流出してしまうと、違法になります。そのため、録音データの管理は注意しなければいけません。

2. 面接を録画するメリットとは

2-1. 面接官の評価軸を揃えることができる

通常の面接だと、面接をしていない人は紙の資料の上でしか、就活生の情報を確認することができませんでした。しかし、面接の録画データがあると、面接をしていない人も面接中の就活生を確認することができます。

たとえば、「この就活生は合格かな?」と迷った場合は、周りの人事担当者に録画データを確認してもらって、評価することができます。

また、面接官の評価軸を合わせることにも役立ちます。評価軸を決めたとしても、面接官によって感じ方や評価ポイントが異なります。そのため、同じ就活生でも、面接官が違えば合否が異なるケースがあります。録画データを見直し、面接官同士で議論することで、面接官の評価軸を合わせることができます。

2-2. 面接の振り返りができる

面接の録画データを見直すことで、第三者目線で振り返ることができます。面接を思い出して振り返ろうとすると、質問内容の振り返りが中心になってしまうでしょう。面接は学生も企業を判断する場です。そのため、「口調はどうだったのか」「身振り手振りはどうだったのか」など、学生にどういう印象を与えているのかも振り返る必要があります。

また、面接の録画データを上司にフィードバックしてもらうこともできます。通常、面接の場は閉ざされた空間であったため、同席しない限り、面接をフィードバックすることは難しかったです。しかし、面接を録画できるため、上司に面接のフィードバックをしてもらうことができます。

2-3. 面接官育成の教材になる

近年、エンジニアなどの専門職の採用は、技術的な部分の判断が人事担当者では難しいので、現場の従業員に面接をしてもらうケースが増えています。しかし、面接をやったことのない現場の従業員に「~という風に接してください」と伝えても、具体的なイメージが湧きにくいかもしれません。

録画データを面接官の教材にすることで、面接の雰囲気を掴むことができます。また、録音された面接の質問の意図を考えることで、面接官としてのレベルが上がります。

3. 面接を何で録画するのか

面接を録画するやり方として一般的なのは、Web面接システムです。Web面接システムは、PCやスマホで面接を実施するので、就活生がカメラを意識することなく、面接を録画することができます。録画もWeb面接中の画面から録画ボタンを押すだけで録画できます。

Web面接システムによっては、録画機能を使うのにオプション料金がかかったり、従量課金制だったり、そもそも録画機能が付いていなかったりするので、システムを検討するときに確認する必要があります。

また、注意点として、録画の保存できる期間や本数なども確認する必要があるでしょう。

4. 面接の録画のやり方

では、Web面接システムを使って、面接の録画はどうやってするのか。そして、どのように録画データを共有するのか。実際に、Web面接システム「Calling」を使って、面接の録画のやり方を解説します。

【関連記事】オンライン面接のやり方を徹底調査|実際にツールを使って解説してみた

4-1. 面接録画のやり方

Web面接画面の左下に「録画開始」ボタンがあるので、それを押せば、録画が始まります。

録画を停止させたいときは、同じ場所のボタンを押します。停止させるだけで、Calling内に自動で保存されます。

4-2. 録画データの共有のやり方

録画したデータは、録画フォルダに保存されています。共有したい録画データを選び、「録画データを共有する」を選びます。

URLをコピーし、共有したい相手に共有すれば、完了です。

4-3. 録画データのダウンロードのやり方

共有されたURLをクリックし、ダウンロードボタンを押せば完了です。

5. この中から選べば安心!録画機能があるWeb面接システム4選

1|BioGraph:リストを提出するだけで利用可能な面接代行サービスも提供

BioGraphは、シンプルで使いやすく、企業と応募者の負担を軽減するサービスです。

Web面接システムに付随して、面接代行サービスも提供しています。BioGraph面接代行は、質問リストと面接対象者リストを提出するだけで利用できる新しい面接代行サービスです。

企業にとって面倒な面接の日程調整から面接まで代行し、面接録画データと回答を要約したレポートが納品されます。
▶BioGraph面接代行が気になる方はこちら

※録画機能は従量課金制の有料機能です

サービス名:BioGraph
提供会社
:株式会社マージナル
URLhttps://www.biograph.jp/

2|インタビューメーカー:面接や採用に関するあらゆる課題を解決する採用管理システム

インタビューメーカーは、面接~採用の大幅な効率アップが可能なクラウド型採用管理システムです。

採用管理システムなので、スケジュール管理や応募者のステータス管理までできます。一括管理できるので、単体で管理するより、多くの工数を削減することができます。

※録画機能はアドバンスプラン以上で利用可能です

サービス名:インタビューメーカー
提供会社:株式会社スタジアム
URLhttps://interview-maker.jp/

3|HARUTAKA:『印象』や『人柄』が短時間で簡単にチェックできる

HARUTAKAは、企業の採用力を強化するWeb面接プラットフォームです。

Web面接以外にも、動画面接をすることもでき、忙しい学生も、自分のペースで応募できます。自分で動画を撮ることは学生にとっては面倒ですが、応募者を絞ることもできます。また、学生のクリエイティビティも見ることができます。

※録画機能の価格についてはお問い合わせください

サービス名:HARUTAKA
提供会社:株式会社ZENKIGEN
URLhttps://harutaka.jp/

4|V-CUBE:採用面接をオンライン化して効率化

V-CUBEは、応募に対して素早い面接が可能なビデオ面接ツールです。

スマホで面接することが可能なため、移動の必要がなくなり、応募のハードルが下がります。移動の問題で、面接に参加できていなかった地方の求職者も応募が可能に。

※録画機能の価格についてはお問い合わせください

サービス名:V-CUBE
提供会社:株式会社ブイキューブ
URLhttps://jp.vcube.com/solutions/hiring

6. さいごに

今回の記事では、

  • 面接の録画は違法なのか
  • 面接を録画することのメリット
  • 面接の録画のやり方

についてお話しました。

面接を録画を検討している人事担当者は、一度Web面接システムを考えてみてはいかがでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!