-->

会社が営業車にGPSを取り付け、位置を管理…人権侵害じゃないの?

※本記事は株式会社アシロの「シェアしたくなる法律相談所」より転載しております。

新入社員のMさんは、研修期間を終え先輩に同行し営業職を勉強中。日々営業車で得意先を回っていますが、あることに疑問を感じているそう。

それは、営業車にGPSが取り付けられ、居場所を常に確認されていること。先輩によると、得意先周辺以外の場所に車を止めていると、あとで「何をしていたのか?」と聞かれることもあるのだといいます。

Mさんはこのことについて「人権侵害ではないのか」と憤りを感じています。法的に問題はないのでしょうか?

Q.会社が営業車にGPSを取り付け位置を管理…違法性はない?

A.営業車が会社所有のもので、位置情報の管理が業務時間内のみなら問題はありません。

一口に営業車と言っても様々な態様があると思いますが、営業車が会社所有である場合は、問題はないものと思われます。

そして、位置情報の管理についてですが、業務時間内のみであること、そして、その位置情報の用途や管理の目的が、個人のプライバシーを侵害するような態様でない場合は、違法性はなく、人権侵害にはなりえません。

営業車の主な目的は当然ながら客先を回ること。仕事もせず娯楽施設に行くなどしている場合は、当然会社の所有物を不正利用しているということになります。

そのような営業車の不正利用を防ぎたいという目的でGPSを導入し、位置情報を管理するのは、会社としては正当な行為。しかし管理される側としては、不快感や違和感を持ってしまうのも致し方のないことです。

会社によっては社員に無断でGPSを搭載することもあるようですが、不愉快に感じる社員がいることも事実。事前に用途、目的などを説明し、理解してもらったうえで搭載・管理するのがベストではないでしょうか。

◆◇取材協力弁護士◇◆
 センチュリー法律事務所 | 小林洋介  弁護士

関連タグ

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!