デザイナーの採用需要が9倍に?|注目のデザイナー採用手法をご紹介

「デザイナーを採用したいけど、求人サイトや紹介では採用できない」そのように感じている人事担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

近年、サービスの中で重要とされているのが、UI/UXです。サービスを通してどのような体験をユーザーにしてもらうかで、サービス内容が同じだとしても、ユーザーからの反応は大きく異なります。

そのUI/UXに携わっているのが、デザイナーです。そのため、デザイナー採用が注目されています。

今回は「デザイナー採用」について、

  • 世界のデザイナー採用事情
  • デザイナーの採用手法
  • 逆求人イベント

をご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

1. デザイナーの採用割合が5年で9倍になる企業も

世界的な有名企業がデザイナーの採用割合を増やしています。下記のデータは、デザインに特化したクロスプラットフォーム・コラボレーションツールFigmaの共同ファウンダーでCEOのDylan Field氏が集めた情報です。

Dylan Field氏によると、2012年前後と比べて、2017年のデザイナーの割合が大きく変化しているようです。たとえば、IBMは2012時点では、デザイナーとエンジニアの割合は1:72でしたが、2017年には1:8にまでデザイナーの割合が増えています。

【参考文献】過去5年間でデザイナーの採用目標が倍増――大手6社のデータに見るデザイン人材の動向

2. UXの設計まで広がるデザイナーの役割

デザイナー採用が多くの企業から注目されている理由は、デザイナーの役割が広がっているからです。

従来のデザイナーの役割は、見た目や表面の美しさなどのビジュアル面の設計でした。しかし、現在のデザイナーの役割は、UX(ユーザー体験)の設計やブランディングなどにまで広がっています。特に優れたUXの設計は、重要視されています。

近年、SaaS型サービスが多くリリースされていますが、サービスを導入するだけではなく、ユーザーにどのような「経験」を提供するかが重要です。そのため、UXの設計が重要視されています。

※SaaSとは、クラウドで提供されるソフトウェアのことです

このようなUXの設計やブランディングなどをおこなうため、多くの企業もデザイナー採用に注目しており、年々デザイナーの有効求人倍率も上がっています。

【関連記事】これからは企業にとって最も重要なのはデザイン

3. デザイナーの採用手法

デザイナーの採用手法はさまざまあります。求人サイトや紹介サービスなども含まれるでしょう。ここでは、近年注目されているデザイナーの採用手法をご紹介します。

3-1. Wantedly

Wantedlyには大きく2つの特徴的な機能があります。

フィード機能

フィード機能とは、Wantedlyが提供するブログ機能です。

フィードを充実させることで、企業の経営理念を伝えたり、社内の雰囲気を伝えたりすることができます。Wantedlyから応募した求職者は、このフィードを読んだ上で応募しているケースが多いため、ミスマッチが起こりにくいです。

就職する上で、経営理念や働き方を重視するデザイナーに自社のことを伝えられる場があることは重要です。

【参考文献】フィード機能について知りたい

ミートアップ機能

ミートアップ機能とは、デザイナーやエンジニアなど特定職種の方を集めた勉強会や、オフィスツアーなどの集客をおこなうことができる機能です。

ミートアップを開催することで、「仕事探し以外に接点を持つ機会を増やす」ことができます。デザイナーは新しい知識を得るために、勉強会に参加するケースも多いので、デザイナー採用に有効な機能といえるでしょう。

転職の潜在層と関係性を築くことができ、中長期的な採用をおこなうことができます。

【参考文献】Wantedly Visit の新機能『ミートアップ』をリリースします!

3-2. リファラル採用

デザイナーやエンジニアのように横のつながりが強い職種には、リファラル採用が効果的です。

リファラル採用をおこなうときの注意点は、「協力してくれる従業員に、採用したい人物像を明確に伝える」ことです。

デザイナーといっても、パッケージデザインなのか、グラフィックデザインなのかで採用する人が大きく変わってきます。

そのため、リファラル採用を従業員にお願いするときは、どのようなスキルのデザイナーを紹介したらいいかイメージが沸くように、具体例を出して伝える必要があります。

【参考文献】freeeのリファラル3カ条|社内で協力体制をつくる秘訣とは

3-3. 逆求人イベント

デザインを学んでいる美術大学や専門大学の学生が集まって、ブースを構え、人事担当者に自身の作品をプレゼンするといった逆求人イベントが今注目されています。

逆求人イベントの特徴は、学生の作品に対する想いを聞くことができることです。

しかし、実際に作品に触れて、そのあと作品に対する想いを聞くことで、エントリーシートやプロフィールでは伝わりづらい応募者のことまでわかります。

まとめ

Wantedly、リファラル採用、逆求人イベントの3つの手法に共通しているのが、企業が積極的にデザイナーの採用に関わっていることです。

求職者の応募を待つ求人サイトや紹介されるのを待つ紹介サービスとは異なります。

4. 逆求人イベントをご紹介

今回は、逆求人イベントの中でも、優秀な学生クリエイターが集まり、その場でスカウトができる無料のイベント「ビビビット展」について、簡単なイベントレポートご紹介します。

【詳しくはこちら】https://bizdez.vivivit.com/recruitment/6143

ビビビット展とは?

ビビビット展とは、株式会社ビビビットが開催する参加費無料の学生クリエイター採用イベントです。

株式会社ビビビットは、事前に学生の作品をチェックしてから採用できる新感覚のマッチングサービス「VIVIVIT」を運営しているため、全国の優秀な学生クリエイターを集めることができます。

ビビビット展は、VIVIVITに登録している学生クリエイターの中から、厳正なスキル審査を通して選抜された優秀なクリエイターを集まり、自身の作品を展示しています。

ビビビット展は、「グラフィック部門」「UI部門」「ゲームUI部門」「3DCG部門」の4つの部門にわかれて、各部門10名ぐらいの学生が参加します。

ビビビット展の様子

ここでは、2019年2月に関西で開催されたビビビット展の様子をご紹介します。

▲グラフィック部門のクリエイターブース

▲UI部門のクリエイターブース

▲ゲームUI部門のクリエイターブース

▲3DCG部門のクリエイターブース

クリエイターブースでは、出展者の学生と話すことができます。作品や将来のキャリアに関する話をして、「自社に来てほしい!」と感じたら、その場でスカウトすることができます。

参加企業の感想

A社 人事担当者

当日は作品に対する思い入れや熱意を聞きたかったので、会場では作品の一推しポイントがどこか、制作過程について聞かせていただきました。学生の方からも積極的に作品の説明をしてくださるので、私達から質問をするだけでなく、対話を通じて皆さんの作品についてより深く理解することができました。
お会いした学生の方々は、作品やポートフォリオの完成度が高いことはもちろん、それを説明するプレゼン能力も高くて驚きました。Web上でやりとりをするよりも、やはり直接本人から説明をしていただく方が、作品を深くみることができますね。

作品に対する思いや熱意・考え方を直接聞いて、ぜひ一緒に働いてみたい!と思う方にも出会えました
会場では学生の皆さんがそれぞれのブースに名刺を置かれているので、その時その場にいない学生の方にも追って連絡することもできます。スカウトした方と後日改めてお話しして、現在選考に進んでいる方もいらっしゃいます。

B社 デザイナー

実際に参加してみると、作品を直接見たり触ったりすることで、使用している素材の質や細部にわたる色使いなど、Webでは表現しきれないところについて質問することができました
また、学生の方が作品を制作したきっかけやこだわりポイントなどを熱く語ってくださり、ただ作品を見るだけでは伝わらないその方の人間性を垣間見ることができました

通常の面談という形だと、我々も学生の方も無意識にかしこまってしまう気がしていて……。今回は、自分の作品にかける思いを、いちデザイナーとして私たちに伝えようとしてくださっているように感じました。

5. まとめ

デザイナーの重要度が上がっている近年、従来のような”待ち”の採用では、優秀なデザイナーを採用することが難しいでしょう。

新しい手法がさまざま出てくる中、今回ご紹介した「Wantedly」「リファラル採用」「逆求人イベント」などを検討してみてはいかがでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!