【人事必見】新卒エンジニア採用を成功させる4つのポイント

こんにちは。HR NOTE編集部です。

ITを導入する企業が急増したことを背景に、エンジニアの価値が年々高まってきています。しかし、エンジニアの採用は非常に厳しく、苦労されている採用担当者も多いのではないでしょうか。

また、新卒のエンジニア採用は伸びしろは無限大であるものの、採用段階で技術やスキルで能力をはかることができないため、中途のエンジニア採用より難しいといわれています。

そこで、本記事では、「新卒のエンジニア採用のノウハウ」と「エンジニア採用に関するサービス」をご紹介します。

1. 新卒エンジニアを採用するために

エンジニアとは、一般的に機械・電子・建築などの技術職を指しますが、ここでは、プログラマーやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアなどのITエンジニアを意味し、これらの採用についてご紹介していきます。

テクノロジーの変化が激しい現在において、企業やサービスの品質・成果はエンジニアの働きによって左右されるため、非常に重要な職種です。そのため、優秀なエンジニアを採用することが企業の成長に大きく関わってくるともいえるでしょう。

エンジニア採用の現状

昨今では、IT技術の発展に伴って、WebやITの活用による業務の効率化や、企業戦略としてのシステム構築が求められるようになってきました。今後もITビジネスは増え続け、システム作成を担うエンジニアの需要はさらに高まっていくと考えられます。

また、景気回復に伴い、金融機関やメーカーなどの一般企業でも、システム再構築が試みられており、社内システムエンジニアの需要も増えています。

採用の課題

あらゆる業界においてエンジニア人材の需要が高まる一方で、現在は圧倒的なIT人材不足という課題があります。特にITエンジニア採用は、他の職種の採用とは異なる点が多く、採用が難しいといわれています。

IT人材の不足

IT社会の発展に人材が追いついていないことがリアルな課題としてあげられます。また、それは新卒においても同様です。ITの発展に伴って、学生の中でもエンジニア職への人気が出てきました。しかし、それでもIT人材の充足には至らないため、新卒エンジニアといえど、あらゆる企業からひっぱりだこという状況です。

育成までに時間がかかる

プログラミング経験が薄い、もしくは経験がない新卒エンジニアを一人前のエンジニアに育てるまでには、それなりの時間を要します。一人前になるまでは、プロジェクトにアサインできないという点は、新卒エンジニアを採用する大きなデメリットとなってしまいます。

現場とのミスマッチの可能性がある

エンジニアの経験がない新卒とはいっても、採用段階では適性をみながら選考をおこないます。その際、採用担当者が求めるものと、現場が求めるものが一致していないと、現場に配属されたときにミスマッチがおこってしまう可能性があります。

ブラック企業と思われがち

エンジニアは労働時間が長い割に給料が安いなど、ブラックに思われる傾向があります。「長い残業時間」「休日出勤も当たり前」という話を聞くと、学生もエンジニアを職業にすることにためらいを感じてしまうかもしれません。

2. 採用成功における4つのポイント

エンジニアの魅力づけを

以前までは「ブラック」というイメージも強かったエンジニア職ですが、近年は大幅な改善もみられています。また、今後の日本の根幹をつくっていく職種であるという意味でも、エンジニアは非常に魅力的な職種だといえるのではないでしょうか。

エンジニアの魅力を発信していくことは、エンジニアを目指す学生を増やすためには必要不可欠です。エンジニアは需要もあり、今後さらに重宝される人材です。IT社会ゆえに、やりがいや魅力の部分を示すことで共感する学生は多いはずです。

企業の詳細を提供

エンジニアに限ったことではありませんが、学生が企業を選ぶ際、もっとも気にすることは「自分が会社で働くイメージを持てるか」ということです。仕事の内容や職種、必要なスキル、稼働時間、働く企業先などの情報を詳細に伝えることで、学生に働くイメージを抱かせ、安心感を与えることができます。

学生を理解する

新卒学生は、選考段階でエンジニアとしての適性を測ることが困難です。そのため、新卒学生がおこなってきた経験や性格をもとにポテンシャルや伸びしろを見定め、採用をおこなっていく必要があります。またその際には、先を見据えて「技術力の向上が期待できるか」を見極めることが重要になります。

エンジニア新卒学生は理系だけとは限らない

近年では、文系学生でもエンジニアとして企業に就職する学生が増加しています。

エンジニア職は、ものやサービスをつくることに魅力を感じる人が多いです。これは、理系学生に限った話ではなく、文系学生にも当てはまることです。仕事はさまざまな能力が集まってこそ良いものがつくられるので、文系学生もエンジニアになれる可能性は十分にあります。

文系学生をエンジニアとして活躍できる人材に育てるためにも、教育・育成の環境を整えることが重要になるでしょう。

3. 新卒エンジニア採用方法まとめ

これまで、新卒エンジニアを採用する課題と成功のためのポイントをご紹介してきました。それでは、具体的に、どのようにすれば採用を進めることができるでしょうか。

ここでは、新卒エンジニア採用をおこなっているサービスをまとめてみました。エンジニア採用に特化したサービスから地方理系学生に特化した紹介サービスまでをご紹介します。

また、直接的なサービスではないですが、新卒採用をする際に役立てていただきたい内容もとりいれているので、ぜひチェックしてみてください。

(1) ちほりけ|地方理系学生特化型紹介サービス

【特徴】

  • 完全成功報酬型!!!採用ができるまで費用発生0円!
  • わざわざ地方に足を運ばずとも、地方の理系学生に直接アプローチが可能
  • 学生1人あたり最大6万円支給しているため、多くの理系学生が登録している
運営会社: 株式会社ネオキャリア

(2) 理系ナビ|包括的な理系学生向けの就活サイト

【特徴】

  • 広く理系業種を扱っている
  • 就活生の約立つ情報を提供
  • プログラマーやシステムエンジニア、テクニカルサポートなど、さまざまなエンジニア採用を検討可能
運営会社: 株式会社リクルートキャリア

(3) Career Select|エンジニアとデザイナーに特化した就活サイト

【特徴】

  • 専門職種(エンジニア)に特化した新卒就職活動サイト
  • 業界に特化したキャリアアドバイザーの面談やフォロー体制
  • 企業やキャリアアドバイザーからのスカウトが貰える
運営会社: 株式会社ローカルイノベーション

(4) paiza|新卒市場に顕在化していない学生層を有した就活支援サイト

【特徴】

  • 求める採用条件、スキルを伝えることで面接を設定
  • スキルアップできるプログラミング入門学習コンテンツを掲載
  • ITエンジニアを目指す学生を対象とした就職サービス
運営会社: ギノ株式会社

(5) エンジニア就活|日本最大級のITエンジニアの新卒採用求人サイト

【特徴】

  • スマホアプリ、Webアプリケーション開発経験のある学生が多数登録
  • 企業・就活生に向けて必要なコーチング、就職相談を実施
  • 面接掲載費用は採用者が出るまでは一切不要(完全成果報酬型)
運営会社: シンクトワイス株式会社

(6) サポーターズ|学生と企業が支援でつながる新卒採用支援サービス

【特徴】

  • エンジニア職7,000名、ビジネス職30,000名の学生のデータベースを所有
  • 全国約30大学でセミナー実施
  • ”エントリー”と”スカウト”の両軸展開が可能
    運営会社:株式会社サポーターズ

おまけ|HRアナリストエンジニアタイプ分析

エンジニアの開発時の行動や志向性に基づいたアンケートの実施により、エンジニアを9つのタイプに分類する機能です。この分析をおこないエンジニアのタイプ分けをすることによって、より貴社に適したエンジニアの採用を成功に導くことができるかも知れません。

運営会社:シングラー株式会社

さいごに

いかがでしたでしょうか。エンジニアの新卒採用は容易ではありませんが、課題を認識し、企業の魅力をちゃんと伝えることができれば取りたい人材を採用することができると思います。

ITが拡大している現在、有能なエンジニアを貴社で抱えることができるか否かは、今後の成長に大きくかかわってくるといえます。ぜひ、エンジニア採用支援のサービスを比較・検討してみてください!

関連記事
新卒ITエンジニア採用を成功させる5つの手法|メリット・デメリット比較

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!