年末年始の人手不足対策が必須!アルバイト募集のポイントまとめ

毎年、年末年始になると「人がいなくてシフトが組めない!」と大慌ての採用担当の方も多いのではないのでしょうか。

働き方改革が叫ばれる現在、「アルバイトを集めることができないから、正社員が必要以上に多く働くことにより人手不足をカバーする」といった苦肉の策も、使うのが難しくなっています。

本記事では、年末年始の人手不足の現状を整理すると同時に、「年末年始のアルバイト募集のポイント」をご紹介します。

1|「年末年始」人手不足の現状

年末年始に限らず、最近は人手不足が社会問題となっています。

働き方改革により、働き手にとって働きやすい環境が整備されつつある現在も、シフトを作成する側からすると、人手不足は深刻化する一方で、非常に苦しい状態が続いているといえます。

特に年末年始になると、この人手不足がさらに厳しくなってしまいます。

 1-2|年末年始は人手不足が加速?なぜ?

年末年始は、様々な理由で仕事を休みたいと考える人が増えます。

例えば、年末の場合、大掃除や新年のカウントダウンライブへの参加、帰省などがあります。新年になると、初詣や帰省先での古い友人との同窓会、家族や親戚の集まりなど、仕事をしたくない理由はたくさんあります。

ただでさえ人手不足であるにもかかわらず、年末年始になるとさらに人手不足が深刻化してしまいます。

▶年末年始は働き手がお客に変わる

一昔前ならば、年末年始は家のこたつに入り、家族で団らんする家庭が多かったため、初詣にかかわる業種(巫女、屋台など)をのぞけば、営業している業種はそれほど多くありませんでした。

また、お正月はおせち料理を食べるというのが通例だったため、外食産業も店を閉めている店舗がほとんどという状況でした。

しかし、時代の変化とともに、年末年始のイベントも増え、家にこもらずお出かけをする人たちが増えました。

そのため、これまでは年末年始に店をあけてもほとんどお客が入らない状態だったのが一転して、年末年始が1年を通してもっともお客が増える時期の1つとなってしまいました。その結果、年末年始も休まず営業する店舗が増えました。

そもそもお客が増えるということは、働き手がお客側にまわることを意味するので、当然ながら、働き手が不足してしまうようになりました。

2|年末年始休業の動き 

「年末年始は、家でのんびりくつろぐ」という習慣がなくなった今、年末年始も通常と同じように営業をしている店舗が多くあります。しかし、最近は人手不足の影響もあり、休業する店舗がでてきました。

2-1|年末年始はかき入れ時

30年ほど前までは、年末年始は休業する企業がほとんどでした。しかし、年末年始も外に出て活動する人が増え、通常と同じように営業する店舗、企業が増えました。

特に、初詣をする参拝客をターゲットにしたサービス業は通常よりも来客者数が増えるため、売り上げが伸びる絶交のチャンスとなっています。

2-2|かき入れ時だけど人手不足で営業できない現状

年末年始はかき入れ時のため、営業したいと考える経営者が多いのではないでしょうか。しかし、営業するにも人手不足のため、労働者を確保することができず、元旦だけ休業する店舗も増えてきました。

働き方改革がクローズアップされるようになり、「他の企業に比べて年末年始の休みが少ないと、ブラック企業というレッテルを貼られてしまう」など企業イメージの面でも、年末年始に正社員に労働を課すのは非常に難しい時代になりました。

単純な作業であれば、事前にアルバイトを教育し、正社員1人と残りはアルバイトで来客対応することも可能ですが、複雑な作業や大きな責任が伴うような業務は、なかなかアルバイトに任せるのは難しいというのが現状です。結果、企業は休業せざるを得なくなってしまいます。

2-3|年末年始でも休業できない業種もある

年末年始だからといって休業できない業種もあります。もっとも最たる業種は「運送業」です。運送業が業務をストップしてしまうと、運送サービスを利用しているすべての企業、店舗の営業もストップしてしまいます。

サービス業の場合、サービスを提供するための材料を入手しなければなりません。通常は、運送で材料を運んでもらいます。運送業が業務をストップしてしまうと材料が入手できなくなり、お客さんへのサービスもストップしてしまいます。

年末年始に人手を確保するのは非常に難しく、休業する店舗が増えてきましたが、かき入れ時ということもあり、営業を続けたいと考える経営者の人は多いはずです。年末年始の人手不足を回避するためにはどうすればよいのでしょうか?

3|年末年始の求人の特徴

年末年始のアルバイト募集は、なかなか労働者を確保するのが難しいため、労働者側に大きなメリットを持たせる工夫がされています。

年末年始の求人には、どのような特徴があるのでしょうか?

● 短期アルバイト

年末年始は、短期間のみのアルバイト募集が増えます。いわゆる「激短」とよばれ、1日からでもシフトを組んでもらうことができます。また、比較的、アルバイト側の希望シフトに合わせてシフトを組んでもらうことができます。

● 賃上げ

最大で通常の約2倍近い時給設定がされるケースもあります。仮にアルバイトに時給を2倍にしたとしても、正社員が出社するよりは安くつきます。

費用対効果(利益)が大きいので、お店をあけることができない状況に陥るくらいなら、アルバイトの時給を高くしてでも人を集めて、お店を開けておきたいと考える経営者は少なくありません。

アルバイト側からすると、年末年始で休みたいところを我慢して出勤しなければならないという点だけではなく、普段よりもお客さんが多く忙しくなるなかでの出勤という点にも懸念があります。それゆえ、年末年始にシフトに入るのであれば、それなりの対価として時給UPを希望する人は多いようです。

● 特別手当

時給を高くする以外にも、特別手当(お年玉)が設定された求人も多くみられます。

特別手当は、もっとも労働者が集まりにくい12/31や1/1に高く設定され、それ以外でも年末年始とよばれる期間に働けば、1日あたりに例えば1万円のような特別手当を設定する企業が増えています。

このように、アルバイト側にもメリットを付与することで、働き手を確保できる可能性は高くなります。

それでは、年末年始に働いてもらうためには、いったいいつ頃から、どのように求人募集を始めたらよいのでしょうか?

4|年末年始の求人はいつ、どのように出すのが効果的?

年末年始は募集をだしてもなかなかアルバイトが集まりにくいものですが、「いつ」「どのように」アルバイト募集の求人を出すべきなのでしょうか?

10~11月に募集をかけるのがおすすめ?

早くから求人募集をかけることによって、多くの人の目にとまり、応募してもらえる可能性は増えます。

しかし、よっぽど良い条件でない限りは、なかなか応募してもらえません。仮に応募して働くことが決まったとしても、のちのちに他でいい条件のアルバイトが見つかると、辞退してそちらの仕事を選んでしまいます。

よって、10~11月に募集をかけるのがおすすめだといえるでしょう。

Indeedの活用

「早過ぎると効果が薄い」といっても、多くの人に見てもらえるのは非常にメリットだといえます。

ただし、掲載するだけで費用が発生する求人広告を使うと、無駄に時間が経過し、費用の負担が増えてしまいます。

そうならないためには、例えばCMで有名なIndeedなど、「成功報酬制の求人広告」を利用するのがおすすめです。掲載するだけでは、応募がない限り費用負担する必要がないので、早めの時期から募集をかけやすくなります。

条件によってはギリギリでも採用できる

条件さえ良ければ、他の仕事が決まっていた人でも辞退して乗換してくれることはたくさんあります。

ギリギリになって、「どうしてもアルバイトの増員が必要になった」「アルバイトの応募が全然来ない」という場合は、思い切って条件を見直しましょう。

時給をあげる、特別手当を出すなど、アルバイトする人にとって魅力的な特典を新たにつけてみることで、年末年始直前とはいえども、人手を確保できるかもしれません。

無料のマーケティングサービスを利用すれば、
どのような求人を出せば他社に打ち勝てるかがわかります

良い条件と言っても、「具体的に時給をどのエリアでいくらに設定しどの位の手当てを出せば効果的なのか?」調査するのは手間がかかります。

そんなときは、代理店などの無料のマーケティングサービスを利用してみるのもおすすめです。

最短2クリックでカンタン調査!詳しくは以下のURLをご覧ください!
▶https://humanresource.neo-career.co.jp/service/parttime/marketing/3chart/
どんなことができるの?

例1:エリア×職種
全国47都道府県ごとに職種別の求人件数を集計する事ができます。 エリア別の職種ごとの求人件数や、 平均給与の推移を確認できます。

例2:競合企業×職種
企業ごとの、掲載媒体、掲載件数、平均給与などが集計できます。 クライアントや自社の競合となる 企業の求人動向を分析できます。

例3:競合企業×職種×フィルター{キーワード”オープニング”×エリア”新宿”}
決まった項目だけでなく、媒体に記載の情報であれば気になるキーワード検索による集計ができます。 特定地域でのオープニングスタッフ募集の企業や その時給などを、簡単に調査できます。

5|まとめ

いかがでしたでしょうか。

年末年始は、アルバイトを募集してもなかなか応募が集まりません。そのせいで、最近は書き入れ時であるにもかかわらず、やむなくして年末年始に休業する企業・店舗も増えてきました。

それでも運送業などの休業できない業種や、サービス業でお店を開けておきたい人にとっては、年末年始のアルバイト確保は非常に重要な仕事となります。

年末年始にアルバイトを確保するためには、条件を見直し、時給をあげる、特別手当をつけるなどそれなりの優遇が必要になります。

アルバイトの募集も少し早めからおこなうようにし、それでも人を確保できない場合は、条件を見直すなど、他にはない条件やメリットをつけたす必要があるかもしれません。

従業員にストレスをかけずに
正確な勤怠管理をしたい担当者様へ

「従業員の打刻漏れや申請忘れが減らない」とお困りの担当者様は最新の勤怠管理システムを検討してみてはいかがでしょうか?

最新の勤怠管理システムでは、PCやスマホから打刻できるサービスが多くあります。その中でも、従業員が面倒だと感じている直行直帰や休暇の申請業務は、アプリやウェブブラウザからワンタッチで申請できるようになります。また、管理者も専用のアプリやブラウザから勤怠データの確認や承認業務ができるので、従業員・管理者ともに多くのメリットがあります。

「働き方改革法案」にむけて、企業は正確な勤怠管理が必須になることを見越した上で、未打刻の防止や、申請フローの簡易化に取り組むことは急務といえます。
最新の勤怠管理システムの導入することで、従業員の勤怠管理に対する不満を解消すると同時に、働き方改革にも役立てる事ができるでしょう。
勤怠管理システムについて詳しく知る

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!