新卒採用に役立つ送客サービスとは?活用事例と5サービスもご紹介

10月は多くの企業で内定式がおこなわれ、来年の入社までが楽しみになってきたこの頃ですね。

しかし、2019年新卒採用が一段落したのもつかの間、来年2020年新卒採用に向けての動き出しが既に始まっているのではないでしょうか。

近年の新卒採用マーケットをみると、売り手市場であるだけでなく、経団連による「就活ルール撤廃」の動きから採用活動の早期化が叫ばれています。今後より一層、母集団形成が一筋縄ではいかなくなるでしょう。

そこで今回は、近年注目されている効率的な有効母集団形成の手段として、『送客サービス』をご紹介します。

貴社の代わりに、ターゲットにそった学生を会社説明会などに集客する、送客サービス。ぜひ、御覧ください。

※この記事は2018年3月に公開したものを更新しています。

送客サービスとは?

効率的な有効母集団形成が可能に

『送客サービス』とは、自社の採用ターゲットに合致した学生を、説明会や選考へ動員してくれるサービスです。

送客サービスを提供している企業では、独自の集客により、学生のタレントプールを持っています。

そのデータベースをもとに、送客依頼のある企業ごとのニーズに合致する学生に対して一斉アプローチ、もしくは個別のアプローチを実施し、企業に代わり集客を実施してくれます。

目標人数を採用するにあたり、採用ターゲットとの接触数を増やすことは重要なポイントです。従来であれば、マスに対して求人のアプローチをかけ、確率論的にターゲットを集客する手法がスタンダードでした。

ですが、ここ数年の採用激化にともない、マスへアプローチをかけても求める人材との接触につながりにくくなっています。

送客サービスを利用することで、採用ターゲットとの接触数を取り戻す、もしくは増やすことができます。

送客サービスの大きな3つの特徴

送客サービスの特徴は大きく3つあります。

送客サービスの特徴

  • 成功報酬型の費用発生
  • 採用ターゲットへ効率的に接触可能
  • 選考フェーズに合わせた送客プランを提供

送客結果に応じて費用発生する成功報酬型

各社の送客サービスは、一人あたりの送客費用が決まっており、ほとんどが成功報酬型です。

送客された学生数に応じて費用が発生するため、コストにムダをつくらず有効な母集団を形成することが可能です。

また、送客する学生の特徴によって、単価が違う場合もあります。

採用ターゲットへ効率的にリーチ・接触ができる

例えば大学や学部、学科、現住所などの学生のハードデータを指定して、あらかじめスクリーニングしたうえで送客をしてもらうことができます。

また、就活ナビでは集客が難しい性別でのスクリーニングも可能です。

選考フェーズに合わせた送客プランを提供

エントリー段階(学生情報取得)、エントリーシート提出、説明会やイベントへの動員など、送客できる選考フェーズに縛りはありません

また、「どの選考までいけば費用が発生するのか」といったように、費用が発生する選考フェーズを選ぶこともできます。

(例:説明会動員までで●●円。1次選考に参加したターゲット数に準じて費用発生、など)

送客サービスとそれ以外の母集団形成手法の比較

母集団形成を強化する場合、いくつかの方法が考えられます。

それらの集客方法と、送客サービスを比較してみたいと思います。

DM・スカウト

就活ナビなどで登録学生に対し送ることができるDM・スカウト。最近では、学生データベースに対して、企業が直接アプローチができるスカウティングサービスもありますね。

ただ、多くの企業が参画すればするほど、年々その反応率は下がる傾向があります。

DM・スカウトにコスト投下をするのであれば、成功報酬型の「送客サービス」で直接動員を実施し、確実な母集団につなげていく選択肢が有効かもしれません。

合同説明会・イベント

就職活動の短期化が進む中、学生側にも効率的に企業情報を収集したいというニーズがあります。学生と直接接触ができるというメリットが大きいイベントですが、学生側のイベント参加回数は、こちらも年々減少しています。

また、イベント会場の企業ブースで直接接触ができたとしても、その先の選考に進むまでに再度説明会を設けたり、フォローアップの連絡をしたりと手間もかかります。

送客サービスであれば、ある程度集客はサービス提供会社におまかせし、自社説明会やその後の選考フローなどの工夫に、採用担当者の時間を有効活用できるかもしれません。

就活ナビオプション

多くの就活ナビには、企業検索一覧にて上位表示をするなどのオプションがあります。学生のナビ利用率が高い時期には、母集団形成に直結しやすい有効な手段ですが、広報スタートから時間がたつにつれて、その反応数も右肩下がりの傾向があります。

時期によっては、オプション活用による集客単価よりも、送客サービスの単価が勝る可能性もあります。

企業の課題別で見る、送客サービスのメリット・デメリット

メリット|こういうお悩みがある企業は検討価値あり

  • ターゲットが思ったように集まらない、母集団のターゲット比率が低い
    ▶企業ニーズに合わせたターゲットだけを集客できる
  • 接触からの決定率は高いのに、そもそも母集団が足りない
    ▶説明会や選考会へ直接動員可能
  • 業界や仕事内容が難しく、誌面の情報だけでは理解されず応募が集まらない
    ▶サービス提供企業の独自のアプローチにより、企業紹介・魅力促進が可能

デメリット|こういう企業には向かないかも

  • 採用単価がもともと低い
    ▶動員での従量課金となるため、一人あたりの採用単価が低い企業(大量にターゲットが集まる企業)にとっては、逆にコストアップしてしまいます。

このような場合は、就活ナビの見直しや効率的な運用を通しての集客強化がおすすめです。
(参考記事:新卒採用でエントリーを増加させるには?就活サイト改善10の施策

  • ターゲットがニッチすぎる、そもそもの学生数が少ない
    ▶特定のスキル・学歴などによりターゲットがニッチすぎる場合、サービス提供会社のデータベースにいない可能性が高いです。
  • 学生の惹き付け、魅力づけがなかなかできず、決定率が低い
    ▶決定率が低いと、どんなにターゲット学生を集めても承諾に至らず、集客費用だけがかさんでしまう可能性があります。

このような場合は、完全採用成功報酬で、入社決定までフォローしてもらえる「新卒紹介サービス」がおすすめです。
(参考記事:新卒紹介サービスの特徴を徹底比較|メリットや上手な活用方法とは

送客サービス活用事例

こちらでは、送客サービスを利用した企業の効果実例をまとめてみました。自社採用の集客進捗や状況と比較してみましょう。

|A社|少数の優秀層と接触したい

サービス提供会社が独自に選抜した学生約40名との1社単独面談会を開催。イベント参加者から、最終的に6名の内定者を輩出。

|B社|ターゲット学生に対し、知名度向上および海外経験者に訴求したい

サービス提供会社と連携し、ターゲット学生に対するPRを実施。送客学生限定のリアルイベントを開催し、同社の唯一の採用ルートであるインターンシップ採用へ動員。15名の採用枠の中で、4名が送客経由から内定。

|C社|上位校のターゲット学生に対し、知名度向上およびエントリーを確保したい

サービス提供会社保有の学生データベースに対し、Web上でのPRを実施。グループディスカッションを企画し、その場で学生をスカウトするオリジナルイベントを開催。結果として500名以上のエントリー送客、ならびに20名の内定者を輩出。

送客サービスの検討は今からでも間に合う!|5サービスをご紹介

自社の採用にマッチするかどうかを見極めるには、各サービスの下記ポイントをチェックしてみましょう。

送客サービス見極めポイント

  • どんな学生データベースを持っているか
  • 送客までの流れ
  • 送客費用はどれくらいか

こちらには、現在2019年度向け新卒採用の送客サービスを実施している5サービスをご紹介します。

■就職エージェント NEO 送客サービス

[特徴]

新卒紹介では学生登録拠点数業界トップクラス。
東京、大阪、名古屋、仙台、福岡にて、唯一常駐社員によるカウンセリングを通年実施し、学生を集客

[見極めポイント]
  • 学生データベースの特徴
    登録学生数35,000名以上、GMARCH以上約20%、男性49% 女性51%
  • 送客までの流れ
    契約 → 学生面談 → 送客実施
  • 送客費用
    ターゲット学校層により決定
    説明会・イベント・選考動員 ¥20,000~/1名
    期間内動員目標数パッケージプランもあり

サービス提供会社:株式会社ネオキャリア

URL:https://hcm-jinjer.com/media/service/sa001

■unistyle 送客サービス
[特徴]

学生の就職活動を応援する情報提供メディア「unistyle」を運営
総合商社やコンサルティングファームなどの難関企業を志望する学生ユーザーが多数

[見極めポイント]
  • 学生データベースの特徴
    登録学生数約35,000名、GMARCH以上約70%、男性53% 女性44%
  • 送客までの流れ
    契約 → 募集ページ作成 → 学生に告知メール配信 →  送客実施
    (最短1週間)
  • 送客費用
    課金ポイント、ターゲット学校層により決定(課金ポイントはいずれかを選択)
    エントリー  ¥5,000~/1名
    イベント動員 ¥10,000~/1名
    選考通過   要相談
    内定承諾   ¥600,000~/1名

サービス提供会社:Unistyle 株式会社
URL:https://unistyleinc.com/company_info

■PORT 送客サービス
[特徴]

就活生向けのTwitterアカウントを約50個保有。フォロワー数は、延べ100万。
年間約200本の就活イベントを実施。延べ15,000名以上の学生が来場する。

[見極めポイント]
  • 学生データベースの特徴
    登録学生数約15,000名、GMARCH以上約65%
  • 送客までの流れ
    契約 → 学生に告知メール配信 →  送客実施
  • 送客費用
    都度問い合わせ

サービス提供会社:ポート株式会社
URL:https://www.theport.jp/

■Rebe

[特徴]

就活生向けのTwitterアカウントを約50個保有。フォロワー数は、延べ100万。
年間約200本の就活イベントを実施。延べ15,000名以上の学生が来場する。

[見極めポイント]
  • 学生データベースの特徴
    登録学生数約15,000名、GMARCH以上約65%
  • 送客までの流れ
    契約 → 学生に告知メール配信 →  送客実施
  • 送客費用
    都度問い合わせ

サービス提供会社:株式会社リアライブ
URL:https://rebe.jp/contact/recruitment

■レクミーカスタム
 [特徴]

数万人の学生データベースから学校、性別、文理、能力、経験値、評価、志向性などでセグメント。
一定条件のもと、独自のスクリーニングによって抽出し、ピンポイントで送客。

[見極めポイント]
  • 学生データベースの特徴
    登録学生数約30,000名、GMARCH以上約45%
  • 送客までの流れ
    都度問い合わせ
  • 送客費用
    都度問い合わせ

サービス提供会社:株式会社リーディングマーク
URL:https://www.recme.jp/service/custom/

最後に

いかがでしたでしょうか。

先日、ある2019年卒の就活生と話していて、「1月にインターンシップに参加したけれど、スタートが遅かったなぁと反省しています。もっとインターンシップに参加して、いろいろな企業の情報収集をしておけばよかった。」という言葉を聞いて衝撃を受けたのを覚えています。

秋・冬インターンシップは、単なる仕事体験・職場体験の場ではなく、学生も企業研究の一環で参加していて、会社説明会のような役割なんだと再認識しました。内定も意識していて、自分の力を試す意味合いの強い、夏のインターンシップとはまた異なり、より就職活動に近づいた意味のインターンシップであることがわかります。

できるかぎり、リスクヘッジの一手を考え、時期・タイミングに合わせ打ち手を打っていければいいですね。

この記事が、少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

 

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!