新卒採用

LINEを活用した採用管理ツールに注目!最新プロダクト事例もご紹介

今回はLINEを活用した最新の採用ツールをご紹介。採用効率を高めるために、企業と応募者の距離を縮めるチャットコミュニケーションが注目を集めています。企業・応募者ともにストレスフリーな採用活動が実現できるかもしれません。

1. チャットコミュニケーションで変わる採用現場

私たちの日常生活ではLINEを始めとした、SNSのメッセージ機能を使って連絡を取ることが主流になっています。

しかし、この時流とは逆行するように、採用現場においては今でもメールや電話での連絡手段が主流です。

そのため、企業と応募者間のやり取りに時間差が生じたり、メールが埋もれてしまって情報が届かなかったりと、採用現場でのコミュニケーションにはストレスを感じる部分も多くありました。

このギャップを解消し、採用現場にもストレスフリーなコミュニケーションを取り入れるために注目されているのが、チャットサービスを活用した採用手法です。

2. LINEを活用した採用手法がアツい!

チャットサービスといえば、圧倒的な浸透率を誇るのが、LINEです。

LINEサービスの中でも、ビジネス向けのLINEアカウント『LINE@』は、一般のLINEユーザーへの情報発信やコミュニケーションに活用できます。

最近は、『LINE@』を活用して応募者との距離を縮めるなど、採用効率化・効果アップを実現する取り組みが増えています。

採用現場で使える『LINE@』の主な機能

  • メッセージ
    友だち登録してくれた方へ一斉配信ができる。配信の事前予約も可能で、キャンペーンやイベントに合わせて自動で配信もできる。写真やスタンプも送信可能。
  • 1:1トーク
    通常のLINEと同様に、個別で直接LINEのやり取りができる。
  • タイムライン・ホーム
    友だち登録してくれた方のタイムライン上に、ニュースやお知らせ情報を投稿することができる。
  • 統計情報
    友だち追加数やブロック数などの数値、タイムラインへの反応などを確認することができる。効果測定に便利。

LINE@について・活用した採用工夫をもっと知りたい方はこちらの記事もご参考下さい!
【LINE@採用がトレンド?!】知らないなんて絶対に損!!メルマガに代わる新たな最強ツール、いま話題LINE@の活用法とは?!

3. 『LINEを活用した採用管理システム』も登場

人材採用業務において、多くの時間は「人と人」とのコミュニケーションに費やしています。

応募者と連絡を取りやすいように、やり取りをLINEに移行したとしても、採用担当が応募者ひとりひとりとLINEで連絡を続けるには限界があります。

そこで注目されるのがLINEを活用した採用管理システムサービスです。

採用活動における採用応募者とのあらゆるコミュニケーションをLINEで完結でき、LINE上で選考の日程調整も自動でおこなうことができます。

例えば、「面接」と一言で言っても、実際に面接するまでに面接日程調整などさまざまな作業が発生しますが、この部分を自動化することで、採用担当者の工数を大幅に削減することができます。

採用定型業務を軽減!LINE連携システム『MOCHICA』

ここではどのようなサービスがあるのか、1つの事例として、LINEに特化した採用管理ツール『MOCHICA』の機能をご紹介します。

LINE@とチャットボットサービスを組み合わせることで応募者とのコミュニケーションを高速化・簡潔化でき、採用応募者の管理も一括しておこなえるというサービスです。

「メールを開封してもらえない」

「電話をしても繋がりづらい」

「ひとりひとりと面接設定する工数を減らしたい」

そのような課題を解決できます。

「MOCHICA」で できること

  1. LINEと連携をして求職者の手元にメッセージを送れる!
  2. チャットボット機能を活用して、面接設定はLINE上で完全自動化!
  3. 採用管理機能が充実しているから、面接現場ですぐ使える!

応募者はLINE上で表示された複数の日程から面接希望を選び、予約ができます。

事前に設定した参加上限などをもとにAIが自動調整をするため、定員オーバーもなく面接設定が完了します。

応募者にはLINEで選考案内をダイレクト通知

応募者にメールや電話でアプローチしても、なかなか連絡がつかないことも多いでしょう。新卒作用などの各社の採用が集中するピーク時には、採用競合の中に埋れてしまうことも。

応募者が日常的に利用するLINEでアプローチをすることで、応募者の手元にメッセージがダイレクトに届くため、高い開封率を期待できます。

面接設定オートメーションで叶える、採用の効率化

採用競合も多い中、自社が採用したいターゲットを選考・入社までつなげていくために、採用現場の諸業務にはスピードが求められます。

募集開始時には対応業務も多く、採用担当者は業務過多になりがちです。

面接設定などの事務的なコミュニケーションにおいて、手軽さ・容易さを取り入れることで、無駄が省かれ、注力すべき応募者との相互理解のコミュニケーションを増やすことができます。

面接官の評価も簡単に連携!一括管理がスピード採用を支える

『MOCHICA』の管理画面上で、面接官は面接結果を直接入力できます。採用担当はその結果をもとに、応募者に対して次回選考の案内をLINEで通知をするだけ。

また、『MOCHICA』は、直感的にわかりやすいインターフェイスなため、システムに不慣れな方でもすぐに採用の現場で活用できます。

4. 最後に

いかがでしたでしょうか。

自分が就職活動をしていたときは、いろいろなサイトのIDやパスワードを覚えて、ログインして、メールを確認して、予約画面から日程を選択して、途中で満席になって再度やり直す…ことが非常に多かったため、LINEでやり取りができるのは何よりラクで嬉しいかもしれません。

最近はさまざまな情報取得ツールがあり、コミュニケーションツールもたくさんありますが、できれば一元化したいという思いは誰しもが持っていると思います。

採用効率化も採用現場だけではなく、応募者目線での取り組みが、企業ブランド・採用ブランドにつながるかもしれません。

採用ご担当の皆様の日々の業務に、少しでもプラスになれば幸いです。

 

関連記事

もっとみる
もっとみる
もっとみる
もっとみる