HR NOTE [HRノート]コンテンツ採用採用サービスアメリカのHRTech市場の注目企業5社とは

アメリカのHRTech市場の注目企業5社とは

s_Cinematic_New_York_City_(6033969880)

こんにちは!HR NOTE編集部です。
今回は海外のHR市場について紹介します。

 

海外と日本の人事事情は異なる部分もありますが、特にアメリカのHRTech市場が大きな盛り上がりを見せており、その勢いをお伝えできればと思います。

 

アメリカのHR市場

アメリカ チラシ

アメリカのHR市場は、特にテクノロジーの分野で大きな注目を集めています。

 

HRTech (HR+Technology)という、最先端の人事システムの市場が勃興しており、シリコンバレーではHRTech関連企業は120社を超えています。

 

以下に、海外のHRTech関連サービスを提供している企業を一部まとめました。

s_HRTechプレイヤー_修正版

※海外のHRTech関連企業(HR NOTE編集部調べ)

 

これだけ見ても様々な領域で多くの企業が参入をしています。

 

その中でも特にスタートアップの企業大規模の資金調達をしており、非常に大きな話題です。

そこでスタートアップ企業を中心に、HR NOTE編集部が注目している5社を紹介します。

 

HRTech市場の注目企業

インターフェイス
・Zenefits

(アメリカ、2013年設立)

Zenefitsはサンフランシスコにあるスタートアップ企業で、巨額の資金調達に成功している急成長企業です。
サービス領域は中小企業向けに、給与計算・健康保険の管理など、人事業務を効率化してくれるオンラインツールを提供しています。Zenefitsの特徴は、企業に対して自社サービスを無料で提供している点です。

無料にできる理由は、自社サービスの導入とともに従業員に健康保険を販売しており、保険会社から販売手数料を得てマネタイズをしているからです。直近ではアメリカの投資会社フィデリティ・インベスメンツなどから5億ドルの大型調達に成功し、資金調達金額では群を抜いています。

 

・Greenhouse

(アメリカ、2012年設立)

Greenhouseは採用管理システムを提供しており、こちらも急成長の注目企業です。求人広告、人材紹介、リファーラル、ダイレクトソーシング、ソーシャルリクルーティング等々、企業のさまざまな採用活動をまとめて管理でき、それぞれのパフォーマンスがどのようになっているか、採用プロセスを最適化するためのソフトウェアです。今ではSlackやPinterestを含む800社以上がGreenhouseのサービスを利用しています。直近では2015年8月に3,500万ドルの大型調達に成功し、これまでの調達額は6,013万ドルになります。

 

・jobvite

(アメリカ、2003年設立)

ソーシャルリクルーティングの領域に携わっている方なら、jobviteという名前は聞いたことはあるのではないでしょうか。カリフォルニアに本社があり、ソーシャルリクルーティングに注力した採用管理システムを提供しています。求人情報を投稿すると、その情報が自動的にFacebook、Twitter、Linkedinなどに投稿され、その投稿ページに訪れたユーザーの情報を集めることができます。SNS上のユーザープロファイルを見て、候補者を見つけ出す機能もあります。これまでに5,545万ドルを調達しています。

 

・Namely

(アメリカ、2012年設立)

ニューヨークを拠点に活動し、Zenfitsと比較されることもありますが、給与、保険、勤怠管理、人事配置・評価などの機能がまとめて利用でき、人事業務をサポートするシステムを提供しています。中堅企業向けの人事管理ツールといわれており、従業員規模が約200人程度の企業が対象とのことです。2015年6月時点で世界20カ国、250社、従業員数延べ約40,000人がサービスを利用しており、これまでに7,780万ドルを調達しています。

 

・Glint

(アメリカ、2013年設立)

Glintはカリフォルニアに本社がある企業です。従業員エンゲージメントと呼ばれる、従業員と会社との関係性を強固なものにするために役立てるサービスを提供しています。従業員が仕事のやりがい、悩み、不満、要望といった最近の状態を入力し、会社側はそのデータをみて従業員の現在の心境や、健康状態をリアルタイムで確認ができるというものです。データをもとに従業員に迅速なフォローを入れることができるので、問題解決につながり、より生産性の高い組織作りの支援ができ、今までに1,550万ドルを調達しています。

 

 

以上になります。

 

今回調べていくと、やはりアメリカ発の企業が多い印象でした。
また、資金調達額だけをみても、数十億から数百億とスケールの大きさが感じられ、これからHRTech市場は、さらに活発な動きが出てくるのではないでしょうか。

 

新しいサービスも出てくると思いますので、今後もそのたび最新情報を皆さまにお届けいたします!
 

>>編集部オススメの記事はこちら<<

The following two tabs change content below.
根本 慎吾

根本 慎吾

人材サービス、Web広告の営業を経て、HR NOTE編集部にて活動。 人事領域に携わる方々が『最先端人事』となるために役立てるメディアとなれるよう盛り上げていければと考えています。 趣味は読書(漫画中心)、スポーツ観戦、ツーリング。最近は音楽フェスにも参戦。
  •  
  • 0