• 総合

採用管理システムでできることは?採用設計、コスト削減など

採用業務をおこなうにあたって、応募書類の管理、応募者との連絡のやりとり、選考プロセスの歩留まりの把握など、煩雑な業務が発生します。しかし、採用管理システムを活用することでそれらを解決することができます。本記事では、採用管理システムにはどのような機能があるのか、活用のメリットなどをご紹介していきたいと思います。ぜひ、ご覧になっていただけると幸いです。

jinjer_banner_kintai

採用管理システム/ATS

第3回本文

HRTech市場において採用業務に関連するサービスは、

採用管理システムまたはATS(Applicant Tracking System)と呼ばれています。

採用管理システムの特徴は、

  • 履歴書管理
  • 選考プロセスの進捗把握
  • 面接評価データの収集・管理
  • 応募者とのメールのやりとり

などの採用業務がすべてシステム上で一元管理できることです。

PCを開けば、履歴書のデータ、選考プロセス状況、合格・不合格理由などがリアルタイムにわかり、さらに条件ごとに応募者を分類し抽出することもできます。選考通過率や、内定承諾率、採用目標の進捗といった採用全体のデータも把握可能です。

採用管理システムが実現できること

64013dd25a44c8f5a4f7a4817a250cc0_s

採用業務の効率アップ

  • 応募者データを一元管理できるので、膨大なデータをまとめる作業がなくなります。
  • さまざまな条件でデータの抽出ができるため、分析レポートの作成が容易になります。
  • 通知メールの送受信が自動化で行えます。

戦略的な採用設計

  • 応募経路のエントリー推移が把握できるため、採用手法の選択と集中ができます。
  • 採用全体の進捗/歩留まりがリアルタイムでわかり、採用目標の達成に向けたアクションが迅速に実行できます。
  • 面接評価や辞退理由が一覧化されているため、求める人物像が明確になり、歩留まり向上につながります。

採用コスト削減

  • 採用手法の選択と集中による、求人広告出稿費、人材紹介費などのコスト削減ができます。
  • 採用業務効率化による人件費削減につながります。

最後に

採用管理システムを活用することで、データの見える化、システム管理によるオペレーション作業の自動化ができるため、上記のような内容が実現可能となります。

採用業務は、従来の求人広告や人材紹介以外にも、SNSを活用した採用手法も出てきたことや、また働き方のダイバーシティ化により、複雑になってきているように思います。

採用管理システムは、採用担当者の負担を軽減してくれる力強い味方となってくれることでしょう!

jinjer_banner_kintai

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!