HR NOTE [HRノート]コンテンツ採用採用ナレッジATS?従業員エンゲージメント?HRTech領域5の用語

ATS?従業員エンゲージメント?HRTech領域5の用語

s_-shared-img-thumb-PAK75_englishkucchi-20141206204016_TP_V

 

こんにちは!HR NOTE編集部です。

 

最近、まわりで横文字を使った会話増えていませんか?
 
私はよく意味もわからずにとりあえずうんうんうなずいています

考える

まあ、結構な確率でバレておりますが・・・。

 

「その場で質問したいけど、恥ずかしい思いをするのではないか・・・。」そんな不安を抱えている方、「横文字を1つ1つ調べて手間が掛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

HRTech領域も、横文字が非常に多くでてきます。
そこで今回はHRTech関連でよく使われそうな横文字を5つ、まとめてみました。

 

よく使われそうな横文字5選

ほんだな

 

1.ATS

「Applicant Tracking System(応募者追跡システム)」の略称で、採用管理システムのことを指します。
 
採用管理システムは、新卒採用、中途採用など、様々な採用活動のプロセスデータを蓄積し、リアルタイムで管理・分析することができます。採用担当者の業務効率化戦略的な採用活動の実現のためにサポートします。

 

2.ダイレクトソーシング(ダイレクトリクルーティング)

転職を積極的に考えていない、いわゆる「転職潜在層」採用担当者が自らアプローチすることを言います。フローとしては採用ターゲットに担当社が直接コミュニケーションを取って、オファーを出します。
 
ダイレクトリクルーティングとも呼ばれますが、世界的にはダイレクトソーシングという名称が一般的のようです。SNSや交流会イベント、個人的なつながりなどからアプローチしていきます。海外では当たり前となっている採用手法ですが、日本ではまだ一部のみといった印象です。

 

3.タレントマネジメントシステム

タレントマネジメントとは、従業員のタレント(才能、技能、経験値)可視化・把握することによって、戦略的に人材を活用、発掘、育成する取り組みのことです。
 
そして、タレントマネジメントシステムは、タレントマネジメントのデータを一元管理でき、効率よく実行するためのツールです。
人材育成・開発、人材配置・選抜を適材適所で活用でき、人事評価、メンタルケアにも役立てます。

 

4.従業員エンゲージメント

一言で表すと「会社に対する愛着心」「従業員自らのやる気」を指します。
 
具体的には従業員が自社に対して愛着を持ち、会社の価値観・ビジョン共感することで、会社の経営・成長に積極的に関わっていこうとする行動のことです。
 
エンゲージメント・レベルは業績向上と相関関係があるといわれており、自発的に行動でき、熱意に溢れ、仕事の成果コミットメントできる、そんな従業員が数多くいる組織は、更なる成長へ歩みを進めることができるのではないでしょうか。

 

5.データドリブンマーケティング

ドリブン(driven)とは、「動く」に関連する意味らしいです。
 
そこから、データを動かしてマーケティングを行う、すなわち、「データを読み取り、いかにマーケティングに活かすか」がデータドリブンマーケティングです。
 
HRTech領域のシステムサービスを導入すると多くのデータを簡単に集めて管理することができます。そのデータを管理するだけでなく、どう活かすかということも人事の役割として今後求められてくるかもしれません。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
 
今回挙げさせて頂いたもの以外にも、まだまだ多くの横文字ワードがございます。
会話中に横文字が出てきた際に、知ったかぶりをするのではなく、しっかりと理解できるように、今後もワード集をご紹介します。

 

▼ 編集部オススメの記事はこちら ▼

The following two tabs change content below.
根本 慎吾

根本 慎吾

人材サービス、Web広告の営業を経て、HR NOTE編集部にて活動。 人事領域に携わる方々が『最先端人事』となるために役立てるメディアとなれるよう盛り上げていければと考えています。 猫背。とにかく姿勢が悪い。年中ダイエットをしている。
  •  
  • 0