スタートアップが集う「THE BRIDGE Fes」に行ってきた!

640P2190244

こんにちは!HR NOTE編集部です。

先日2月19日(金)、国内スタートアップを中心としたニュースメディアTHE BRIDGEが主催する、スタートアップマッチング・イベント「THE BRIDGE Fes」に行ってきました。

THE BRIDGE Fes概要

会場はベルサール渋谷ガーデン。

スタートアップによるスタートアップのためのお祭り」ということで、スタートアップをはじめさまざまな企業を巻き込んだイベントです。

640P2190172

今回のイベントのテーマはTech and Life

さまざまな分野のテクノロジーサービスを提供する100社の企業が、ブースを設営して来場者とコミュニケーションを取ることができます。

640P2190250

上の写真のように7つのカテゴリーに分かれてブースが出展していました。

今回は、その中でHRTech領域に関係する6社のサービスについてお話を伺わせていただいたので、ご紹介します。

yenta/株式会社アトラエ

640_yenta

yentaは完全審査制AIビジネスマッチングアプリです。

完全審査制のため、登録時に審査が必要なのですが、なんと人工知能による審査となっています。
登録はFacebookでログインでき、簡単に行うことができます。

登録後は、人工知能がプロフィールデータと行動履歴をもとに解析を行い、オススメの相手を1日に最大10人選出してくれます。会いたい候補者の場合は右にスワイプし、それ以外場合は左にスワイプするだけで対応可能です。

スワイプ操作で興味があるユーザーを選ぶだけで、マッチングでき、実際に会うことができるアプリとなっています。

SmartHR/株式会社SmartHR

640スマートHR

SmartHR は「すべての『労務』を1クリックで」をキャッチワードに、社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド型ソフトウェアです。

フォームを入力するだけで必要書類を自動作成でき、役所への申請もWebで行えます。
さらに人事情報もデーターベース化され一元管理することができるため、アナログだった労務関連業務がWebで完結できます。Excelなどでの煩雑な業務の工数削減につながります。

SmartHRは、TechCrunch Tokyo 2015 スタートアップバトルで最優秀賞を受賞しています。

【SmartHR】
https://smarthr.jp/

Bizer/株式会社ビズグラウンド

640バイザー

Bizerはスモールビジネス向けのバックオフィス業務支援サービスです。

総務・労務・経理のすべてをクラウドで行え、Bizerで管理業務を完結させることができ、経営者は事業の拡大に集中することができます。

士業(税理士、社労士、司法書士、弁理士、行政書士)にオンラインで相談することもでき、必要に応じてスポットの業務も依頼できます。

それ以外にも、業務のアウトソース「マキトリ」機能など、さまざまな機能があり、ユーザーの状況に応じて幅広くバックオフィス業務の支援が可能です。

Tech Stars/株式会社Branding Engineer

640_テックスター

Tech StarsはITエンジニア特化型ダイレクトマッチングサービスです。

母集団は完全にエンジニアで、「完全成果報酬」「マッチングスピード」に特化した新しいダイレクトリクルーティングを実現します。採用担当者はTechStarsからのレコメンドと検索で自社が求めるエンジニアを見つけることができます。

エンジニアに加え、デザイナーのマッチングも行っており、普段会えない候補者に出会える機会を創出してくれます。

【TechStars】
https://techstars.jp/

TRUNK/Trunk株式会社

640P2190151

TRUNKは大学生向けの教育 x 採用サービスです。

デュアルシステムという、通常の学校教育と並行して職業訓練を実施するドイツの教育システムを実践。

学生はTRUNKと提携しているさまざまな企業から、無料でトレーニングを受けることができ、さらにスキルをつけると企業へインターンや新卒で入社することができます。

トレーニングやインターンを実施することにより、1年間かけて学生にアプローチできるため、採用できないリスクが少なく、学生からの企業認知度の向上も期待できます。

【TRUNK】
http://trunk.fm/

jinjer/株式会社ネオキャリア

640_jinjer

jinjerは、国内初の人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォームです。

採用・勤怠・人材管理など、一気通貫でシステム管理でき、ブラックボックス化されてきた人事データを「数値化」「可視化」することができます。

人事戦略の最適解を導き、人事業務のパフォーマンス向上、企業経営の支援が実現でき、さらには人事の業務コスト削減にも繋がります。

最後に

新しい価値観・サービスを生み出し、世の中に広めていくという勢いが随所に感じられ、非常に熱気溢れるイベントでした。

今回は6社のご紹介をさせていただきましたが、まだまだ多くのHRTech関連のサービスを提供している企業のブースがありました。
HR領域も今後さらにさまざまなアプリ・Webサービスの活用、導入が進んでいくのではないでしょうか。

【THE BRIDGE FES詳細】
http://events.thebridge.jp/

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!