LMS(学習管理システム)とは?導入やメリット等の情報

内定者研修、新卒入社研修、中途入社研修、リーダー研修、マネージャー研修など、企業において教育・研修ははずすことのできない大事な要素かと思います。今回は、そんな教育・研修領域に役立つ学習管理システム(LMS)に関してお伝えできればと思います。学習管理システムで何ができるのか、そのメリットをご紹介します。

 

学習管理システム(LMS:Learning Management System)

640architecture-1122359_1280 (1)

学習管理システムは、LMS(Learning Management System)とも呼ばれており、eラーニングなどの学習教材の配信、受講状況、成績などを統合して管理するシステムのことです。

eラーニングのみでは、教材を配布した後、受講者が受講を完了したかどうか、知識の習得具合はどの程度かなどの管理ができないことがデメリットになっており、改善・効果検証が行えませんでした。

そこで、eラーニングによる学習教材の配信はもちろん、成績情報や学習履歴などを簡単に管理できるプラットフォームが開発されました。

学習管理システムの機能としては、以下のようなことが挙げられます。

  • テスト、アンケート、レポート課題などの学習教材の作成。
  • 学習教材を対象者ごとに適切な配信。教材データの保管、蓄積。
  • 学習の進捗情報、受講履歴一覧のリアルタイムでの確認。
  • 受講者の成績管理。
  • スマートフォンやタブレットにも対応しており、さまざまなデバイスで受講が可能。
  • 受講者と管理者でのコミュニケーション機能。(チャット機能など)
  • ライブ配信機能や録画した動画内容を配信する機能。

学習管理システムで実現できること

640HNCK4046

コスト削減、効率化

  • 受講者に配る資料の印刷代や、教材費などを削減することができます。
  • 受講者を一か所に集める必要がないため、会場の費用、交通費の削減につながります。
  • いつでもどこでも受験できるため、会場へ移動する時間、会場設営・運営の必要がなくなり、大幅な工数削減になります。

従業員の教育、スキルアップを戦略的にフォロー

  • どの分野が苦手で、得意なのかといった個人指導の指針となるデータを可視化、取得、管理することができるため、従業員個々に見合ったフォローが可能です
  • 試験結果や進捗率がリアルタイムに提示

されるため、資格・スキル習得に向けて何が足りないか把握することができます。

個人情報保護の意識向上、セクハラ・パワハラの防止など、コンプライアンスの徹底につながります。

最後に

technology-792180_640

いかがでしたでしょうか。
学習管理システムを活用することでさまざまなメリットを享受することができますが、一方で、受講者のモチベーション管理が難しい受講してわからなかった箇所をすぐに講師に質問できないため、そのまま放置してしまう可能性がある、といったデメリットも存在します。上記、デメリットも理解したうえで、どのような機能があり自社の就業形態にマッチできそうかどうか、また受講者の顔を直接見ることができるオフラインでの研修との組み合わせなども考慮しながら、検討を進めていくことが良いでしょう。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!