2019新卒採用解禁!今からでも導入できるサービスまとめ

こんにちは、HR NOTE編集部の野上です。

2018年3月1日に、2019新卒採用の広報が解禁となり、各企業が本腰を入れて新卒採用に取り組みだしています。

これから、エントリーの受付や説明会、面接が本格的に始動してくるなかで、準備を見落としていたということではないでしょうか!

今回はHR NOTEで、この時期によくあるお問合せを内容をヒアリングし、今からでも導入できるサービスをまとめました。

「あの時、さらに打ち手を打っておくべきだった。。。」と、後から後悔することが無いよう、ぜひご確認下さい!

2019年新卒採用!今からでも導入できるサービスまとめ

◆1位◆トップセミナーを満席にしたい!学生動員サービス

いざ就職サイトがオープンしたものの、結局説明会の埋まりが悪い場合もありますよね。

特に、忙しい時間を割いて社長や責任者自らが登壇する説明会や大規模な会場を借りたセミナーが全然埋まらない、なんていうときは真っ青になってしまう人事の方も多いもの。

どうにかして満席にしたい!といった時に打てる施策としてこれまで利用する企業様が多かったのは就職サイト上でのバナーやDM等ですが、埋もれて開封されなかった、効果があるのかわからなかった、という経験をお持ちの方は少なくないはずです。

そんなとき意外に使えるのは新卒紹介サービス会社。もちろん採用が決まった場合に成功報酬で費用がかかる場合もあれば、動員課金で送客してくれる紹介会社もあります。

また、3月は19卒採用が本格稼動しますが、18卒採用がまだ完了していない!という企業様にとっては最後の採用チャンスの時期でもあります。19卒も18卒も、どちらのお悩みにも対応できる紹介会社に複数声をかけておくとあわてずに済みます。

【新卒紹介サービスに興味のある方におすすめの記事はこちら!】
新卒紹介サービスの特徴を徹底比較|メリットや上手な活用方法とは

◆2位◆内定者フォローにも!採用管理ツール

学生と「会う」部分に工数をかける時期に備え、その他の作業はシステムを活用して業務を自動化できるように準備をしている企業様も増えています。

システムが採用進捗をひと目でわかるように集計をしてくれたり、候補者に自動でメールを送信したりしてくれるため、人事の工数削減に。内定者が増えてくるとそこにもフォローが必要なため、一括でグループを作成したりしておくこともできます。

特に最近では、学生とのやり取りはメールではなくLINEで行っている人事の方も多いのでは?そんな皆様のニーズに応え、企業側の管理画面からLINEチャットで学生とやり取りできる機能を実装した採用管理ツールなども増えてきています。

これまでのように担当者の工数削減のためだけにシステムを使うのではなく、学生が使いやすい、攻めの採用ができる管理ツールを検討してみても良いかもしれませんね。

【採用管理ツールに興味のある方におすすめの記事はこちら!】
採用管理システムの価格・特徴を徹底比較 | 2018年完全版

◆3位◆ノンコア業務はプロに丸投げ!採用業務アウトソーシングサービス

3月はイベント・説明会・面接で日中の業務が終わってしまう担当者様も多いはず。

しかし、説明会や面接の実施以外にも、説明会実施場所の予約や、面接の日程調整など、やらなければならない事務作業は意外と多いものです。

採用に関係する事務作業のために派遣やアルバイトを雇用したとしても、教育に手間がかかってしまいがちです。

手が回らずに本来の業務に集中できない」とならないように、
採用業務アウトソーシングを活用して、採用ののオペレーションを熟知した業者に業務を丸投げするのも一つの手かもしれません。

リクナビやマイナビなどの操作方法も理解してくれているので安心です。

【採用アウトソーシングに興味のある方におすすめの記事はこちら!】
採用アウトソーシング|採用代行(RPO)サービス20選

◆4位◆意外にとられてしまう工数の削減!会場手配サービス

一度に学生をさばけるスペースが社内になく、まとめて筆記テストや面接をおこなう会場をお探しの方も多いと思います。

他社とも面接などがかぶるこの時期、安くて綺麗な空き会場を探すのも結構工数がかかってしまいますよね。

会場費用のみで手配や検索までお願いできるサービスもありますので、会場手配サービスを使わない手はありません。

【手数料無料の会場手配サービスはこちら】

さいごに

既に母集団形成などの仕込みは完了している企業様が多いこの時期、本格稼動に向けた業務効率化を気にされている人事の方が多いようですね。

その他、ご相談などありましたら、100以上の採用ツールを各種扱う総合採用広告代理店にご相談頂ければと思います。

採用広告代理店へのご相談はこちら

関連タグ

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!