LINEや採用管理システムを使って採用の歩留まりを改善するならこれ!|総集版

こんにちは。HR NOTE編集部です。

これまでHR NOTEでは、採用管理システムやLINEを活用した採用について、さまざまな記事を出してきました。本記事は、これまでの記事の総集版です。この記事1つで、採用担当者の悩み、課題を一度に解決できる内容となっています。ぜひ、参考にしていただけますと幸いです。

1|採用を強化!まずは歩留まり改善から

採用を強化していくために、まず必要となるのが「採用業務の歩留まり改善」です。以下のように、採用担当者の業務にはさまざまな課題があります。

  • 採用者の目標数をアップしても現実は難しい
  • 採用管理の工数が多い
  • 労働時間外でも働かなければならない
  • 採用コストが抑えられない

採用業務に多くの工数がかかっていることが、採用担当者を苦しめているという現状。採用業務を少しでも効率化し、採用の歩留まりを改善したいと考えている採用担当者の方は多いのではないでしょうか。

以下では採用の歩留まりを改善する方法を3つご紹介します。

①応募者対応の改善

応募者への対応が遅いと、応募者は「せっかく応募したのにあまり興味をもってもらえていない」のだと判断し、応募を辞退することがあるため、応募者対応には特に「スピード」が要求されます。

応募者へのレスポンスを速くすることで、応募者の選考辞退を防ぐだけでなく、会社に対して良い印象を持ってもらうこともできます。

②採用管理システムの導入

LINEと連携している採用管理システムを使うことで、電話をしてもつながりにくい候補者との連絡や、メールの開封率が低い候補者とのコミュニケーションの課題をクリアにしてくれます。

また、採用管理サービスはコミュニケーション手段以外にも、採用状態を自動で可視化し、一元管理するツールもあり、選考の日程を自動で調整するなど、採用担当者の負担軽減するサービスがたくさん組み込まれています。

③採用代行(RPO)サービスを使用

採用管理システムはあくまでもツールを購入して使う方法です。それでも時間が足りない場合は、採用代行サービス(RPO)といって、採用業務を委託してしまう方法もあります。

アウトソーシング(業務委託)するため、費用はかかりますが、その分自分たちの業務に専念でき、費用対効果を考えると結果的にはコスト削減にもつながります。また、採用の経験豊富な専門家チームによってサービスが運用されるので、採用効率が上がるメリットもあります。

2|LINEでの採用連絡がおすすめな理由とは?

「選考結果の連絡はなるべく早く」とはいっても、従来の連絡手法(メール、電話、就活サイトのメッセージ)では、採用担当者の負担は計りしれず、なかなか難しいというのが現状です。問題点をまとめると以下の通りです。

  • 就活サイトからは応募した企業とは関係のないさまざま情報メールが毎日何件も送られてくるため、就活サイトからの通知だと応募者側がスルーしてしまう可能性が高くなる。
  • そもそも就活中は普段にも増してさまざまな就活サイトから大量にメールを受信するため、埋もれてしまう可能性が高い。
  • メール内のURLから就活サイトのリンクに飛ぶ際にも、ログインするためのIDパスワード入力が必要で、とにかく手間がかかる。
  • 応募者側からすると、なにか質問したいことがあったときに気軽にメッセージを送れない。

そこでおすすめなのが、「LINE」での採用連絡です。ここからは、「なぜLINEでの採用連絡がおすすめなのか」をご説明します。

▼なぜLINEでの採用連絡がおすすめなのか?

  • 選考や採用結果の連絡だけではなく、面接の日程調整もLINE上でおこなえるため、圧倒的に採用担当者の工数を削減できすることができる。
  • スマホの画面上に通知されるため、応募者がメッセージを見落としてしまう可能性を最小限に抑えるだけでなく、既読無視されている場合に、応募者の志望度を察したり、志望度が下がっているとわかったところで別のアプローチをしたりすることも可能になる。
  • メールや電話よりも応募者が気軽に質問しやすく、採用担当者もその質問に対して素早い対応ができる。
  • グループ化がスムーズになり、LINEでのやり取りを通して内定者同士をつなげることも簡単になる。
大事なのは使い分け!!!

大事なのはLINE」「メール」「電話」を上手く使い分けることです。LINEは便利といえども、ちょっとした手違いでトーク履歴を消去してしまったり、スマホが予期せぬトラブルで壊れてしまった際に、データの復元が上手くいかない可能性もゼロではありません。

たとえば最終選考の通知や、内定通知など、応募者に印象付けるためにも、電話やメールなどの形式張った形でおこなう方が、かえって効果的な場合もあります。そのため、LINEの使い所とメールや電話の使い所は、慎重に議論した上で決定することをおすすめします。 

【▼さらに詳しく知らたい方はこちら】
人事必見!|LINEでの採用連絡がおすすめな理由とは?

3|LINE@×採用

そもそもLINE@をご存知ないという方もいるかもしれません。情報発信やビジネスに利用できるサービスである「LINE@」は、2015年に無料化され、個人でも登録できるようになったことから、近年注目が集まり、今では取り入れる企業や店舗数がかなり増えてきました。

集客や販売促進において、とてつもない可能性を秘めるLINE@。最近では、採用活動にもLINE@を活用させる事例もあります。

▼LINE@の効果的な使い方

近年、飲食・小売業界を中心にどこも人手不足で、スタッフ募集のニーズは高まっています。もし店舗やブランドなどですでにLINE@を利用していたら、その登録者に向けて、求人情報を展開することができます。また、SNSアカウントを運用していたら、これを通して友達追加用のQRコードを貼り拡散させ、友達を増やすこともできます。

このように求職者を「集める」フェーズか活用することもでき、また一斉送信での求人情報展開を定期的に実施したり、就職希望者へ1:1のメッセージやり取りを実施するなどの「惹き付ける」フェーズまで、しっかり利用目的を明確にし運用することで効果を高めることができます。

▼LINE@を活用した採用事例

アルバイト採用

  • タイムラインで求人展開
    アルバイト求人情報をタイムラインで公開。お得意様には、求人情報をシェアしてもらえるようにお願いしてみる。
    現場も一体となった採用施策事例です。
  • 1:1のメッセージで面接設定
    友達登録一斉メール求人に応募したいと返信をくれた方に、面接日程のすり合わせをLINE上で実施。電話だとなかなかつながらないことも多いが、LINEだとスムーズに確認がとれた。

中途採用

  • 1:1のメッセージで転職状況を都度確認
    まずは、ファーストコンタクトで求職者と信頼関係をつくること(自社への入社だけではなく、転職活動の応援をするスタンスを伝えるなど)を実施。そのあとは、メールではなくLINE上でやり取りを実施。フォローの一貫として情報共有などもおこなうことでエンゲージメントを高める。

新卒採用

  • エントリー者やイベント接触の学生へ友達登録を依頼、説明会情報をタイムラインで共有
    3月のイベントなどにLINE@の友達登録用のQRコードを持参。また名刺サイズにしてばらまく。自社の説明会情報や選考情報などの連絡ツールとして、希望者には登録をうながす。その後定期的に新規説明会情報をタイムラインや一斉メッセージ送信で展開。セミナー予約は就活ナビへ誘導。
  • 内定者フォローで辞退予防
    内定者への連絡や情報共有用にLINE@を利用。タイムラインで情報共有や社内報などの魅力づけ情報を展開。
    統計を利用しその反応率などを見て、必要であれば個別メッセージでのフォロー対応を実施。随時スマホでも対応ができるため、手に取るように状況を把握でき、採用活動と平行した繁忙期のフォローにも対応できた。

4|LINE採用管理システムを徹底調査

ここでは、そんなLINE上での応募者とのコミュニケーション・応募管理ができる、ネオキャリアの『MOCHICA[モチカ]』を例に、LINEを活用した応募管理の全フローをご紹介します。

MOCHICAとは?

MOCHICAを通してできることは、【LINEを活用した応募者とのコミュニケーション】と【応募管理】の2つです。

LINEを活用した応募者とのコミュニケーション

  • 応募者とのスピードコミュニケーション
    LINEと連携をして応募者の手元にメッセージを送れる!
  • 面接などの日時設定はLINE上で完結
    応募者は、LINEで日時を選ぶだけ!チャットボット機能を活用しているので採用側は候補日を指定して送るだけ!

【応募管理】

  • 採用の応募管理もMOCHICAひとつで
    面接官がその場で評価を入力可能。採用担当は結果を見て次回案内を送るだけ!

システム自体は直感的な操作ができるよう設計されていて、非常にシンプルで使いやすい仕様になっています。

それでは、採用の時系列に沿って、実際にMOCHICAを使って応募者対応・応募管理を実践してみたいと思います。新卒採用、中途採用に関わらず、採用フローにおいての応募者とのコミュニケーションシーンでの活用を検証していきます。

ケース01|日程調整をおこなう

就活サイトにエントリーしている学生へ、MOCHICA登録を促す

就活サイトにエントリーしている学生への連絡は、そのまま就活サイト上でおこなうことが多いと思いますが、説明会や選考会の案内をLINEに直接送れると便利ですよね。

そんな時には、就活サイトのエントリー者データをエクスポートし、CSVでMOCHICAへインポートします。

インポートしたデータには、その場でタグを新規生成して付与することができますので、経由媒体やインポート日時を記録しておくと、あとあと絞り込みをおこなう際に便利です。

就活イベントで出会った学生と、LINEを通じて会社説明会へ動員する

就活イベントは、多くの学生に自社を知ってもらうのにとてもいい機会ですが、ブースで出会った学生とその後の連絡をとり続ける際に、すべて就活サイト経由だと、データの取り込みや定期的な連絡が億劫になってしまいがちです。

そこで、就活イベントに出展する際は、MOCHICAから生成した自社のQRコードを拡大印刷し、持参します。

学生はLINEなどのアプリを使用し、QRコードを読み取るだけ。MOCHICAとの連携が完了し、企業側はLINE経由で説明会や座談会などの参加日程案内を送ることができます。

学生はLINEに送られてきた説明会の案内から、提示された日程への参加予約をすることができます。

会社説明会へ出席した学生へ、LINEを通じて次回選考案内を送る

会社説明会後には選考案内を送ります。選考日程候補・予約枠数をMOCHICAで設定し、送りたい学生を選定してLINEで日程を送ります。

ケース02|選考の結果通知をおこなう

選考担当者が選考結果を直接MOCHICAに入力する

選考を実施したら、その場で選考結果をMOCHICAに入力できます。申し送り事項も自由記述として入力し、残しておくことができます。

選考に参加した学生へ、LINEを通じて結果通知を送る

選考に参加した学生の選考結果が確定したら、対象の学生へ次回の選考案内をおこなうことができます。次回の選考候補日をMOCHICAで設定し、学生へLINEで通知します。

この時、不合格であった学生への結果通知もLINEでおこなうことができます。

ケース03|応募者への直接連絡をLINEでおこなう

例えば、採用における「魅力づけ」の施策の一環として、応募者に定期的に社内ニュースを配信したり、説明会や選考前にリマインドのメールをLINEに届けたりすることができます。

LINE上で就職活動の選考応募ができると、応募者は選考に参加しやすい?

「プライベートと就職活動は切り分けたい……」という学生の声もよく聞きますが、実際にLINEで企業からの選考情報をもらうことをどう思っているのでしょうか。

MOCHICAでは、学生が登録するときに「LINEでの連絡を希望する」か「メールでの連絡を希望する」か選択することができます。実際に学生に選んでもらうと、約8割が「LINEでの連絡」を選択する傾向にあります。

MOCHICAは、前述の通りメール機能もあります。日程調整機能などもメールでも実施可能ですので、メールでの連絡を希望する求職者にはメールでの連絡が可能です。

ちなみにMOCHICAであれば、学生に送られる合否などの重要な通知は、結果確認用ページのURLがLINE上に送られます。このURLから別ページにアクセスし、結果を確認する仕様になっています。

5|LINEと連携できる4つの採用管理システムを徹底比較!

ここでは、採用管理システムの中でも、LINEと連携できるものだけを4つ厳選いたしました。「LINEと連携可能な採用管理システム」といっても、機能や料金体型はシステムによってさまざまです。

自社の採用に合わないシステムを選択してしまうと、操作方法や設定に工数だけが取られてしまい、あらゆるコストが無駄になってしまいます。ぜひ、採用管理システムの比較検討にお役立て下さい。

【MOCHICA】

【特徴】

  • 応募者にLINEで選考案内をダイレクト通知することで、開封率が上昇する。
  • LINE上の自動面接設定機能により、応募者対応などの無駄が省かれ、採用が最大限効率化される。
  • 面接官の評価も簡単に連携!採用管理機能も充実しており、一括管理でスピード採用を実現する。
機能一覧
  • LINE@連携
  • ダッシュボード
  • 担当者アカウント発行
  • QRコード
  • CSVインポート
  • CSVエクスポート
  • エントリーフォーム選択
  • 選考日程作成管理
  • 選考評価
  • ファイルアップロード機能
  • フラグ管理
  • 選考結果通知
  • 連絡事項通知

▶詳しくはこちら

◆初期費用:無料
◆月額:50,000円
◆無料お試し期間:あり
◆導入コンサル:あり
◆セミナー開催:あり
サービス名:MOCHICA
対応領域:新卒採用・中途採用
提供会社:株式会社ネオキャリア
サービスURL:https://hcm-jinjer.com/media/service/ri005/

【SONAR】

【特徴】

  • 応募状況や採用フローをグラフやフローチャートを用いて、採用関係者どなたが見てもわかりやすいように設計されているため、採用関係者間の情報共有がスピーデイ―になる。
  • 応募者へのメール送信や説明会・面接の予約受付を、あらかじめ決めたルールに沿って自動実行することができるため、業務効率化やミスの低減につながる。
  • LINE Notify APIを活用し、応募者へのLINEでの通知機能が追加され、管理画面から応募者へのLINEでの連絡が可能に。
機能一覧
  • LINE@連携
  • 求人作成
  • 応募者管理
  • フロー管理
  • イベント・選考スケジュール管理
  • 面接アサイン機能
  • エントリーページ機能
  • メール・メッセージ機能
  • フォローアクション・通知機能
  • マイページ管理
  • マイページCMS機能
  • 分析機能
  • シュミレーション機能
  • サーベイ作成機能
  • ユーザー管理機能
  • マスタ管理機能
  • ファイル出力
  • PDFファイル取り込み

▶詳しくはこちら

◆価格:要問合わせ
◆無料お試し期間:あり
◆導入コンサル:要問合わせ
サービス名:SONAR
対応領域:新卒採用・中途採用
提供会社:イグナイトアイ株式会社
サービスURL:https://www.igniteeye.com/sonar/

【next»】

  • 【特徴】
  • 採用活動における学生とのコミュニケーションは全てLINEで完結するので、スピード感のある採用業務が実現。
  • 学生情報のデータベースとしての機能も持ち合わせており、管理機能も充実。
  • 導入前から導入後まで、サクセスパートナーチームがしっかりと責任を持ってサポート。
機能一覧
  • LINE@連携
  • 自動応答機能
  • セミナー振り分け
  • シナリオ配置
  • グループ管理
  • 応募者管理
  • PDFアップロード管理
  • スタップ権限管理
  • リッチメニュー機能
  • ダッシュボード機能

▶詳しくはこちら

◆システム導入費:100,000円(税抜)
◆月額:39,800円(税抜)
※LINE@プロ版(API)の契約月額30,000円(税抜)が別途必要
◆お試しワークショップ:無料
◆導入コンサル:あり
サービス名:next»
対応領域:新卒採用
提供会社:株式会社アローリンク
サービスURL:https://line-next.com

【採用一括 かんりくん】

【特徴】

  • 文章例を登録すれば、対象学生それぞれの名前などの情報が本文中に自動的に反映されアプリから個々人に文面を作成する煩わしさや、管理の手間を大幅に効率化できる。
  • LINE@の専用アカウントを活用するので、従業員の個人アカウント使わずに、迅速な連絡と情報共有、対応漏れなどのミスなく運用できます。
  • 年額固定費用のSaaSサービスなので、採用人数が多い企業様でも安心の低コストで利用可能。
機能一覧
  • LINE@連携
  • 学生応募一括管理
  • メール管理
  • イベント管理
  • コンテンツ管理
  • タスク・進捗管理
  • 数値分析・適正
  • 紹介会社管理
  • スカウト機能
  • 内定者フォロー
  • 面接評価

▶詳しくはこちら

※ 料金プラン改定に伴い、掲載準備中
◆無料お試し期間:あり
◆導入コンサル:要問合わせ
サービス名:採用一括かんりくん
対応領域:新卒採用
提供会社:株式会社Roots
サービスURL:https://www.career-cloud.asia/lp
【▼さらに詳しく知らたい方はこちら】
LINEと連携できる4つの採用管理システムを徹底比較!

6|採用管理システム(ATS)の価格・特徴を徹底比較

▼そもそも採用管理システム(ATS)とは?

応募から採用までの流れを一元管理するシステム

採用管理システムは、英語ではATS(Applicant Tracking System)と呼ばれ、直訳すると「応募者追跡システム」です。

一般的には、これまでエクセルなどで管理してきた応募から採用に至るまでの以下のようなプロセスを、ひとつのシステム上で一元管理できるシステムが、採用管理システム(ATS)と呼ばれます。

  • 求人管理(求人案件):複数の求人をカンタンに作成
  • 情報管理:応募者の履歴書や情報の管理
  • 選考管理:面接の評価や進捗の管理
  • 内定者管理:内定の通知やフォロー

採用管理システム(ATS)導入のメリット・デメリット

採用管理システム(ATS)を導入する最大のメリットは、求人から採用までを一元管理することによる人事工数の削減です。選考の進捗状況の可視化もシステム上でおこなえるため、PDCAを回すスピードも早くなり、攻めの採用戦略を実現することが可能です。

一方、自社の採用に合わないシステムを選択してしまうと、操作方法や設定に工数だけ取られてしまうことがデメリットです。

また、アナログな作業が絡むようなどうしても人の手を入れたほうが良いケースなどは、採用業務アウトソーシング(RPO)サービスを導入したほうが良いケースもあります。

▼採用管理システム総まとめ、その数49種類!

以下4つのカテゴリーに分け、全国各地の採用管理システム(ATS)をすべて洗い出しました。その数なんと49種類!ぜひ、比較検討の際に、ご参考いただけますと幸いです。

カテゴリー

  • 中途はもちろん、幅広く活用できる採用管理システム
  • 新卒採用に特化した採用管理システム
  • アルバイト採用に特化した採用管理システム
  • リファラル採用に特化した採用管理システム

▼49種類のサービス特徴・料金まとめはこちらからご覧いただけます。

7|本記事の参考

  1. 採用の歩留まりを改善する方法とは?今すぐ実行できる施策3つをご紹介
  2. 人事必見!|LINEでの採用連絡がおすすめな理由とは?
  3. LINEを活用した応募者管理は効果的?LINE採用管理システムを徹底調査
  4. 【LINE@採用がトレンド?!】知らないなんて絶対に損!!メルマガに代わる新たな最強ツール、いま話題LINE@の活用法とは?!
  5. 採用管理システム(ATS)の価格・特徴を徹底比較 | 2018年完全版

※各章、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!