【ジンジャー勤怠導入事例】|タイムカードからの脱却で、月初めの労働時間の集計が1/2、紙のコストも1/3に!|株式会社ケイス | バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

【ジンジャー勤怠導入事例】|タイムカードからの脱却で、月初めの労働時間の集計が1/2、紙のコストも1/3に!|株式会社ケイス | バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

03-5908-8485

受付時間:平日 10:00~18:00

お知らせ

  • 2020.03.03

    【ジンジャー勤怠導入事例】|タイムカードからの脱却で、月初めの労働時間の集計が1/2、紙のコストも1/3に!|株式会社ケイス

  • 全国で、自社オリジナルブランド「濱文様(はまもんよう)」の企画・販売事業を展開している、株式会社ケイス様。

     

    ジンジャー勤怠を導入される以前は、タイムカードで勤怠管理をおこなっていました。

    しかし、全従業員の労働時間をアナログな方法で管理をしていたため、日々の労働時間の把握や月末・月初めの集計作業に多くの工数がかかっていたため、ジンジャー勤怠の導入を決断。

     

    ジンジャー勤怠導入後は、勤怠管理における工数が大幅に削減。また、GPS機能などジンジャー勤怠の機能を使い、従業員の正確な労働時間を把握できるようになりました。

     

    【導入前の課題】
    ・管理者が、月初めだけでなく、毎日の勤怠管理に多くの工数を割いていた
    ・各店舗の店長が、毎日従業員の勤怠表を確認し、FAXで本社へ送る作業が大変だった
    ・従業員の打刻漏れが多かった

     

    【導入後の効果】
    ・管理者が毎日勤怠管理にかける工数がなくなり、月初めの集計工数も今までの1/2に削減された
    ・各店舗の店長の勤怠管理にかける工数が、月中と月末の2回だけになった
    ・従業員の打刻エラーを通知し、すぐに打刻修正をおこなうことで、打刻漏れが減った

     

    詳細はこちら
    https://hcm-jinjer.com/results/results-12774/