サービス | バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

サービス | バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

03-5908-8485

受付時間:平日 10:00~18:00

“サービス”に関する質問

ジンジャー人事からジンジャー勤怠など、ジンジャーのプロダクトをまたいでログインする際は、それぞれでIDの発行や都度IDパスワードの入力が必要ですか?

ジンジャーでは、すべてのプロダクトに同一のID・パスワードでログイン可能です。
各種プロダクトへの管理者権限等は別途ご設定いただくことが可能ですので、
IDパスワードなどは一つのまま、詳細に権限設定いただくことが可能でございます。

フレックスタイム制や変形労働制、正社員・アルバイトなど、様々な就業規則や勤務体系、働き方の従業員を一緒に管理することは可能ですか?

様々な働き方に合わせて、柔軟な管理が可能です。就業規則の複数マスタ設定や、各従業員様に合わせて勤務体系のご設定が可能ですので、複数の働き方の従業員様のいらっしゃる場合にも、全体導入が可能でございます。

詳細については、個別お打ち合わせにてご相談が可能でございます。

勤務形態の設定に関する機能の詳細(ヘルプページ)はこちらから

法改正の対応など、機能のアップデートに費用はかかりますか?

機能アップデート等にて料金が上がることはございません。2週間に1度の頻度でアップデートを繰り返しており、アップデートの処理等を行うこともなく、常に変わらないコストで最新の状態をご利用いただけます。

ジンジャー勤怠の新着アップデート情報一覧はこちらから

子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得義務化(2021年1月より施行)に対応できますか?

対応可能です。各種休暇に対する半日取得/時間単位取得の可否をそれぞれご設定可能ですので、子の看護休暇・介護休暇に対しても同様に適用いただけます。

時間単位取得を認めた際には、管理者様/従業員様双方から確認できる休暇残日数についても小数点以下などで表示可能ですので、従来と変わらず各個人で休暇をご管理いただけます。

子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得義務化についてはこちらから

既存の給与計算ソフトと連携することは可能ですか?

対応しております。ご利用中の給与計算システムに合わせて、カスタマイズされたCSVのダウンロードが可能であり、スムーズな連携を実現しております。

ジンジャーシリーズでまとめていただくと、ワンクリックでの自動反映も可能となります。

給与計算に利用する勤務データのカスタマイズ詳細(ヘルプページ)はこちらから

飲食店特有の機能はありますか?

拠点や店舗が多く、アルバイトの従業員様が多いという傾向のある飲食店の各企業様におかれましては、店舗をまたいで出退勤時間を管理いただける機能や、希望シフトの申請、シフトスケジュールの作成、他店舗へのヘルプ打診などまで可能です。また、飲食店モード機能として、特定の休憩にまかない金額の控除/支給をご設定いただくなどの管理も可能となっております。

飲食業界のみならず、多種多様な業界でご利用いただいている事例がございますのでお気軽にご相談くださいませ。

導入事例はこちらから

初めて勤怠管理システムを導入します。どれくらいで運用にのりますか?

お申し込みから、従業員様が打刻を実際に開始される(運用開始)まで、概ね2~3ヶ月以上を推奨しております。管理対象となる従業員様のご人数や、運用方法、ご利用の機能によって変動いたします。

管理者様のご無理のない工程で、ご理想の時期にご利用いただけるよう、ご導入までのスケジュールに関して、ご検討初期段階からサポートしておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

システム化することによって何が変わりますか?

各勤怠管理業務におけるご担当者の負担の軽減(集計の自動化や有休管理、各種帳簿作成など)を短期的に実現可能です。

また、度重なる法改正への対応も自動的に可能であり、中長期的には社内でのペーパーレス化やDX化を実現し、各企業様のミッション/ビジョンの実現に貢献いたします。

ペーパーレス化を進めていきたいのですが、実現できますか?

紙媒体での管理をなくすため、様々な機能をご用意しております。

多くの企業様で紙媒体の利用が残る「各種の申請承認」はもちろんのこと、多様な打刻デバイスによる出勤簿管理からの変更、その他領域(給与計算、経費精算業務など)への連携など、ペーパーレスでの勤怠管理の効率化を実現する機能を多数取り揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

テレワークの管理を行いたいのですが、実現可能ですか?

PC/スマートフォンのご利用にて、日々の出退勤打刻や各種申請まで問題なく実現可能となっております。

IPアドレス制限やGPS連携、写真打刻といった不正の抑制や、PCログの取り込みから勤務実績との照合、乖離値の確認など、「勤務状況がブラックボックス化しやすい」などのテレワーク実施時に特にいただくご不安、お困り事にも対応機能を実装しております。

導入の対象企業規模はどこですか?

10名様~10,000名様まで対応できます。現在では13,000社のご導入企業様のうち、100名様未満の企業様が30%、100名~1,000名規模の企業様が40%、1,000名様以上の企業様が30%と、様々な企業規模、業種業態のユーザー様がいらっしゃいます。

各社様の導入事例はこちらから

初めて勤怠管理システムを利用するにあたって、おすすめの打刻方法はありますか?

新規でのご導入にあたっては、タブレットやICカードでのご利用がおすすめです。据え置き型で、一台で複数名が打刻可能ですので、タイムカードなどと変わらない使用感で業務工数の削減が実現可能です。

しかしながら、各社様のご状況やご要望によって、最適な打刻方法や運用方法は変化いたしますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

打刻方法の紹介ページはこちらから

サーバーは何を使っていますか?

AWSというサーバーを使用しておりますので、セキュリティ面でもご安心いただけます。

また、画面遷移がスムーズ・稼働が安定しているなど快適な使用感を実現できますよう、
定期的にサーバー増強等の対応を行っております。

最小利用人数は何名ですか?

最小のご契約人数は10名様です。

ジンジャーの名前の由来はなんですか?

ジンジャーは「jinji(人事)+-er(する人)」をかけ合わせた造語となります。ジンジャーのテーマカラーである「黄色」は、有彩色の中で1番明るい色であり、「人事を経営のセンターピンへ」というジンジャーのビジョンを担うカラーとして、光や太陽をイメージして採用しております。

ロゴでは、テーマカラーである黄色によって、「j(人)とj(人)をつなぐ」ことをテーマに、人事と従業員をつなぐプラットフォームになるというビジョンを表現しております。

サービスから探す

バックオフィス業務を
ラクに、シンプルに!

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがシステム選定のサポートをいたします。