jinjer
導入実績

既存の勤怠管理において抱えていた課題

「新しい管理方法やルールを作らなければならない」

弊社は、2014年1月8日に設立した会社となり、当時はメンバーも少なく手作業での管理をしており、すでに限界を迎えていました。ルールもメンバーが少ない時に作られたもので、現在40名を越える組織ではフィットしなくなっており、勤怠状況の振り返りや健康管理などの観点から、勤怠管理システムの導入が急務となっていました。

手書きのタイムカードだった

「jinjer勤怠」への切り替えをご決定頂いた要因

「分かりやすいUIと多様な使いやすさ」

jinjer勤怠に決定した要因は、利用者にとって分かりやすいUIであること、PCだけではなくスマホやタブレットでの利用が可能であること、iOSとAndroidの両方に対応していることです。同じ価格帯の勤怠管理システムと比較してもUIに関しては、決して引けを取らないものではないかと思います。弊社は、営業・エンジニア・バックオフィスなどの職種において、多様な働き方が存在します。その中でマルチプラットフォームであることは非常に導入にあたってのハードルを下げることができ、jinjer勤怠を導入する大きな要因になっています。

 

このページで登場しているのは
jinjer勤怠管理システム

30日間の無料トライアル・資料請求

jinjer勤怠画面

導入事例一覧へ