セミナー情報

社労士が語る労働時間管理適正化セミナー《残業代を減らし、うつ病・過労死を未然に防ぐ》

昨今ニュースなどでは、従業員の過労死をきっかけに、企業における長時間労働の問題が
大々的に取り上げられるようになりました。その影響が中小企業にも波及し、
違法な長時間労働の問題が企業規模に関係なく注目されるようになってきています。

 

長時間労働の問題を放置したままでは、残業代の増加を招くばかりか、
従業員の過労死やメンタル不調など健康を損なう問題が生じ、労災認定を発端に
労働基準監督署の調査に発展したり、多額の賠償金を請求されたりといった事態も
招くことになります。

 

国が推し進める働き方改革においても、長時間労働の是正が重要テーマの
一つになっており、残業規制に向けて労働基準法の改正が現実味を帯びてきた今、
企業は早急に対策を進めていく必要があります。

 

長時間労働の解消に取り組み始めている企業も少なくありませんが、その解消に不可欠である
労働時間管理という点において、実務担当者レベルでの解決が難しく、経営層の主導のもと
組織全体で取り組むことが求められています。

 

そこで今回は、組織全体でどのように適正な労働時間管理を行っていけばよいかについて、
社労士事務所ストレート 代表の髙松氏よりお話させていただきます。

 

■セミナー内容

1)労働時間管理の重要性
 └長時間労働の解消になぜ労働時間管理の適性化が重要なのか
2)労働時間管理における諸問題
3)労働時間管理に関するノウハウ
 └勤怠管理の見直し、勤務実態の把握・改善、就業規則の見直し
4)最新のクラウド勤怠サービス「jinjer(ジンジャー)」のご紹介
5)社労士への個別相談

 

■費用

・無料

開催日 時間 地区 備考(場所など) 予約

・本画面からお申し込みをもって予約完了となります。
 開催の前日に、再度リマインドのメールをご送付させて頂きます。
・内容、終了時間は変更になる場合がございます。
・同業の方のお申し込みはお断りする場合がございます。
・ご都合が悪くなった場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
TEL:0120-550-150/E-mail :hp_seminar@neo-career.co.jp