「採用」はなぜ企業で重要なのか|仕事内容ややりがいについても紹介

人事の仕事は、裏方の仕事が多いといった印象がありますが、実は人事は企業において重要な存在であり、「ヒトの価値・能力を最大化し、組織を発展させること」を役割として担っています。

また、重要な経営資源の一つでもある「ヒト」を獲得するための「採用」も重要な業務の一つです。

今回は、人事の「採用」について、仕事内容や仕事のやりがいなどを紹介していきたいと思います。

人事の役割の一つ「採用」の主な仕事内容とは

採用活動は基本的に、「どのような人材が欲しいか」を経営陣や部門責任者などからヒアリングし、部門や職種ごとに年間で採用する数の目標を策定します。

それらの採用計画に基づいて、必要な人員を獲得するためにそれぞれの施策を打っていきます。

具体的には、求人広告の運用や求人票の作成、会社説明会の企画・運営、応募者対応、面接選考の段取などを実施し、人材の募集から採用・入社に至るまでのプロセス全体を担当します。

最近では、SNSを活用したり、自社で独自の採用イベントをおこなったりと、採用手法も多様化しており、これらを1から企画・運営するのも人事の仕事の一つです。

採用に向いている人の特徴

丁寧な対応や、マメな連絡ができる

採用活動の中で、他部署の従業員や人材会社、面接に応募した候補者など、採用を取り巻く様々な関係者と、日程調整や交渉をする機会が数多く存在します。

そのため、求職者とマメに連絡をとったり、スケジュール管理をしたりなど、きめ細かい対応力が求められます。

会社の魅力を熱意を込めて伝えることができる

自社の選考に応募した求職者や、パートナーとなる人材会社に対して、自社の仕事内容や事業内容などを知ってもらう必要があります。

求職者には、「この会社で働きたい」と思ってもらえるように、会社の魅力を伝え、入社することに納得感を得てもらうための説明や、プレゼン能力が非常に重要になってきます。

周りを巻き込んでいける人

採用担当者は、人事部のメンバーのみと仕事をすればいいというわけではありません。

自社の経営課題をはじめ、他部署の状況を理解し、ときに他部署の方々に助けて貰う必要もあります。

「部署がどのような仕事をしているか」「どのような人材が働いているか」など、部署の特徴や仕事のやりがいなどを把握していなければ、求職者などに自社の魅力を理解してもらえない可能性もあります。

そのため、優秀な人材を採用するためには、他部署とのコミュニケーションが必須であり、他部署との接点を持ち、周囲を巻き込む力が重要になってきます。

採用の仕事のやりがい

採用業務などは、人と関わる機会が多く存在し、対外的な仕事も多いので、人と関わることが得意、または人と話すことが好きな人にとっては魅力を感じる仕事ではないでしょうか。

一方で、人事部だけでなく、会社の経営など、全社視点を持つ必要もあるため、会社が目指す方向性や方針を理解することも採用においては重要になります。その点もハードな部分ではありますが、やりがいを感じる部分でもあります。

また、自分が採用した、または教育や研修に関わった人材が、入社後に大きく成長し、活躍している姿を目にした時は、大きなやりがいとなることでしょう。

そういった機会を経験し、求職者が仕事に就けることを支援すること自体が、人事の仕事の魅力だといえます。

なぜ、企業において採用が重要なのか

「ヒト」というのは経営における重要な資源です。「ヒト」がいなければ、「モノ」や「カネ」がいくら保持していても、それを活かすことができないので「ヒト」は企業の中でも非常に重要な要素です。

また、ビジネス環境の変化の激しい今、課題を解決し、企業の未来を創る次世代リーダーや、優秀な人材を獲得するために、採用はこれからも一層必要とされる業務となっていきます。

企業が組織戦略を打っていく上で必要とされる人材が、自社に魅力を感じ、入社してもらえるかが企業にとって死活問題となります。

そのため、「採用は地道な仕事が多くて大変だ」と悩まれている方は、採用をおこなう目的について、改めて考え直してみると、いまおこなっている仕事に意義を感じ、やりがいを見いだせるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

人事はバックオフィス業務だけでなく、企業が存続していく上で必要な採用業務も担っていきます。

また、採用活動を通して他部署の社員との関りも深くなり、やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

一方で、幅広い知識や経験が必要とされるために、人事業務を担当したことが無い方にとっては、困難に感じられることもあるかもしれません。

しかし、採用活動をはじめ、人事部での経験を積むことによって、全社視点でものごとを見る広い視野を身に付けることもできます。

「地道で細かい仕事が多くて大変だ」とお困りの採用担当者の方や、「これから担当することになったけど大変そう」と心配されている方は、今回の記事から、「採用の仕事が企業においていかに重要な役割を担っているか」ということを知っていただければ幸いです。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!