【インボイス制度の開始に向け「登録番号判定機能」を追加実装】 ジンジャー経費で適格請求書発行事業者の登録番号の読み取り・自動判定が可能に - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

【インボイス制度の開始に向け「登録番号判定機能」を追加実装】 ジンジャー経費で適格請求書発行事業者の登録番号の読み取り・自動判定が可能に - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

【インボイス制度の開始に向け「登録番号判定機能」を追加実装】 ジンジャー経費で適格請求書発行事業者の登録番号の読み取り・自動判定が可能に - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

お知らせ

  • 【インボイス制度の開始に向け「登録番号判定機能」を追加実装】 ジンジャー経費で適格請求書発行事業者の登録番号の読み取り・自動判定が可能に

  • クラウド型人事労務システム「ジンジャー」を提供しているjinjer株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:桑内 孝志)は、経費精算システム「ジンジャー経費」に、適格請求書発行事業者の登録番号(以下「登録番号」)の読み取り・自動判定ができる機能を実装したことをお知らせします。

    ■新機能実装の背景
    2023年10月1日から開始するインボイス制度。適格請求書(インボイス)は、複数の税率がある中で、売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるための書類やデータのことを指します(※1)。今後、適格請求書が発行・保存される取り引きについては、仕入税額控除が適用されることから、消費税の免税事業者・課税事業者問わず、すべての事業者に影響がある制度と言えます(※1,2)。

    インボイス制度導入後は、請求書内容の確認事項として「登録事業者であるか否か」「適用税率が正しいか否か」等、通常の経理業務に加えて、確認すべき事項が多く発生することが想定されます(※3)。

    そこで、企業の経理担当者が、より正確に、効率的に対応することを後押しできるよう、「ジンジャー経費」へ新機能を実装しました。

    ※1:国税庁「インボイス制度の概要」
    ※2:国税庁「消費税の仕入税額控除制度における 適格請求書等保存方式に関するQ&A」
    ※3:国税庁「適格請求書等保存方式 (インボイス制度)の手引き」

     

    ■新機能概要
    インボイス制度の開始にともない、PC/スマホにて登録番号の読み取りができる機能を実装しました。

     

    また読み取りの際に、正しい内容か否かを照合することでき、読み取りを間違えていた場合は、画面上で編集ができるようになりました。

    これにより、OCR機能で登録番号を素早く読み取り、また国税庁のデータとの照合による事業者の特定ができることで、買い手である請求書受取側にとって効率的にインボイス制度への対応が行えるようになりました。

    ■「ジンジャー経費」とは
    「ジンジャー経費」は、交通費や経費等の申請から承認までPCとスマートフォンで対応可能です。経理業務で発生する手入力工数や紙管理コストを削減し、経費管理のオペレーション効率化を実現します。
    ▶「ジンジャー経費」サービスサイト:https://hcm-jinjer.com/keihiseisan/