勤怠管理システムを用いた勤怠管理テレワークの運用 - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

勤怠管理システムを用いた勤怠管理テレワークの運用 - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

勤怠管理システムを用いた勤怠管理テレワークの運用 - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

勤怠管理システムを用いた
テレワークの運用

出社に比べてテレワークは従業員の出退勤を把握しにくく、長時間労働に気づきにくいため、リアルタイムの労働時間をいつでも確認できる勤怠管理システムがおすすめです。遠隔で働く従業員の稼働状況を適切に把握することで、長時間労働による過労のリスク防止にもつながります。

勤怠管理システムを用いた
テレワークの運用

テレワークの

勤怠管理でよくある課題と解決策

  • CASE01

    従業員の稼働状況をきちんと
    把握できていない

    従業員の報告だけで
    大丈夫か心配…

    勤怠管理システムで解決

    リアルタイムで労働時間がわかる

    勤怠管理システムはリアルタイムで従業員ごとの労働時間を自動集計するため、最小限の手間で正確な労働時間の把握を可能にします。法定内・法定外残業時間も自動集計できるため、従業員一人ひとりの残業時間の計算が不要になります。

  • CASE02

    見えないところで長時間労働が
    発生するのを防ぎたい

    残業時間の上限を
    超過しないか心配…

    勤怠管理システムで解決

    アラートで長時間労働をお知らせ

    勤怠管理システムでは、集計した残業時間が一定時間を超過するごとに、従業員に段階的にアラートを出せます。アラートを確認することで、残業時間の上限を超過しないように従業員が自身で労働時間を調節することもできます。

  • CASE03

    従業員が出社したか
    テレワークかを
    把握したい

    出社と在宅が
    混在していて
    管理が大変

    勤怠管理システムで解決

    出社とテレワークを
    分けて管理可能

    勤怠管理システムでは打刻区分を選択して打刻することで、出社かテレワークかを記録できます。
    管理者がどこにいても、従業員の出勤状況を把握できるため、企業全体で柔軟な働き方を実現可能です。

テレワークのある企業さまに

ジンジャー勤怠が選ばれる3つの理由

  • 01.

    残業時間が一定の時間を
    超過すると
    アラートを出せる

    残業時間が上限を超えそうな従業員に自動で段階的に通知を送ることが可能です。
    テレワークで課題に挙がる残業時間の超過を防ぎ、労使協定や法律に則った勤怠管理を実現できます。

  • 02.

    従業員の労働時間を
    確認しやすい

    テレワークでよくある課題として、管理者が従業員の労働時間の実態を把握しにくいことが挙げられます。
    ジンジャー勤怠では、従業員の残業時間をリアルタイムで自動集計して表示できるため、労働時間の把握がしやすくなります。

  • 03.

    テレワーク中の中抜けにも
    対応している

    ジンジャー勤怠では、休憩や外出の打刻が可能なため、テレワーク中に中抜けした時間を記録することも可能です。
    中抜け時間を正確に把握できることで、育児中の従業員が中抜けをして子供のお迎えに行けるようになるなど、働き方をより柔軟にできます。

ジンジャーで人事労務
ラクに、シンプルに!

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
無料トライアルも実施中!

!

テレワークのある企業さま向け

ジンジャー勤怠の対応方法

  • 01

    打刻区分を設定する

    あらかじめテレワークか出社か区分を選択できるように設定をしておくと、従業員が区分を選択して打刻した場合、それぞれの打刻区分で何時間勤務をしたのかを集計・確認できます。
    勤怠情報をジンジャー給与に連携すれば、出社した日数に応じて通勤手当を支給することも可能です。

    ttt
  • 02

    打刻時コメントを
    利用する

    ジンジャー勤怠では打刻時にコメントを残す機能があります。
    打刻時コメントを利用して、在宅か出社のどちらかを履歴として残すことでテレワークかどうかを判断することも可能です。
    打刻時に入力したコメントはジンジャー勤怠の管理者画面や出勤簿データで確認できます。

  • 03

    管理者備考を活用する

    管理者備考を利用すると、管理者側でテレワーク、出勤などの備考を勤怠に残すことができます。
    管理者備考に記載した内容は、管理者用のジンジャー勤怠のトップ画面や勤務情報画面、出勤簿データで確認することができます。
    くわしくはテレワーク/在宅勤務時の勤怠の登録についてをご覧ください。

料金システム

ジンジャーは必要なサービスと利用者数に応じて、お得にご利用できます。

初期費用

月額料金

ご希望のサービス利用料

月額300円~

※月額費用はご利用されたいサービスによって異なります

利用者数

貴社のご状況に合わせた、
詳細なお見積もりを作成します
料金の見積もりをする

導入までの流れ

  • 01

    お打ち合わせ

    2週間~4週間

  • ご契約

  • 02

    運用方法の確認や
    導入スケジュールの確認

    3週間

  • 03

    システムの設定

    6週間

  • 04

    テスト運用

    4週間

  • 05

    本格運用開始

    導入完了

ご契約

  • 01

    お打ち合わせ

    2週間~4週間

  • 02

    運用方法の確認や
    導入スケジュールの確認

    3週間

  • 03

    システムの設定

    6週間

  • 04

    テスト運用

    4週間

  • 05

    本格運用開始

    導入完了

※記載の期間はご契約内容によって変動する可能性がございます。

サポート体制

  • 1

    カスタマーサクセス担当による

    安心のサポート

    • 業務時間外もAIチャットサポートで対応
    • Web会議ツールでの対面サポート
    • ご状況に合わせた多様なサポート
  • 2

    24時間いつでも使える

    無料のサポートツール

    • 初期設定や操作手順のサポート
    • ジンジャーの機能やよくある質問を記載
    • 設定や使い方を学べるオンライン教材
  • 3

    気軽に質問や相談ができる

    ウェビナー開催

    • 社労士が解説するセミナー
    • 機能理解が深まる質問相談会
    • DXの疑問解消セミナー

ジンジャーで人事労務
ラクに、シンプルに!

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
無料トライアルも実施中!

!

よくある質問

フレックスタイム制や変形労働制、正社員・アルバイトなど、様々な就業規則や勤務体系、働き方の従業員を一緒に管理することは可能ですか?

様々な働き方に合わせて、柔軟な管理が可能です。就業規則の複数マスタ設定や、各従業員に合わせて勤務体系のご設定が可能ですので、複数の働き方の従業員のいらっしゃる場合にも、全体導入が可能でございます。 詳細については、個別お打ち合わせにてご相談が可能でございます。

勤務形態の設定に関する機能の詳細(ヘルプページ)はこちらから

お試し期間はありますか?

無料トライアルのご用意がございます。ご希望の内容を過不足なくお試しいただけますよう、専任の担当からのサポートも行っております。そのため、短期間で使用感などをご確認いただけます。

無料のお試しはこちらから

初めて勤怠管理システムを導入します。申し込み後、いつから利用開始できますか?

お申し込みから、従業員が打刻を実際に開始される(運用開始)まで、概ね2~3ヶ月以上を推奨しております。管理対象となる従業員のご人数や、運用方法、ご利用の機能によって変動いたします。 管理者のご無理のない工程で、ご希望の時期にご利用いただけるよう、ご導入までのスケジュールに関して、ご検討初期段階からサポートしておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。