jinjer勤怠の機能

予実管理
予実管理

働き方改革で残業時間の上限が設定され、従業員の労働時間を今までよりも正確に管理する必要性があります。
多くの企業様が、集計時に初めて従業員の残業時間の超過に気付き、未然に残業時間の超過を防ぐことに課題を感じています。

予実管理は、従業員の勤務状況や残業時間などの予定や実績とその差異などを把握することができます。
また、月の半ばで月末の残業時間の着地予想を算出することができるため、残業時間の超過を未然に防ぐことが可能です。

jinjer勤怠では、予算、着地予測、実績を一画面で管理することができます。予算比率を確認し、売上・人件費・その他販管費の管理やデータ出力ができます。

機能詳細

予算・実績確認

対象の部署、チームを指定して、日ごとや月ごとの予算と実績を確認することができます。また、給与や人件費などを概算で算出することが可能です。従業員の労働時間のリアルタイム管理や、グループ毎の人件費管理に役立ちます。

予算・実績確認
予算・実績確認

予実の着地予測

従業員の残業時間や労総時間をリアルタイムで確認したり、月末の労働時間や残業時間の着地予測を算出することが可能です。

従業員が過重労働になる前に、未然に従業員の働き方を改善することができます。

予実の着地予測
予実の着地予測

予算比率

対象部署を指定して、売上や人件費、販管費など該当月の予算比率を確認することができ、Excelデータで出力可能です。

予算比率
予算比率

この機能を使った担当者様の声

  • 導入前の悩み

    導入前の悩み

    勤怠管理は出勤簿でおこなっていたのですが、残業時間の総計が月末にならないとわからず、気づいたら残業時間の上限を超過していたことが何回もありました。法改正のこともあったので、労働時間の管理に課題を感じていました。

    jinjer勤怠導入後

    jinjer勤怠導入後は予実管理画面で残業時間をリアルタイムで確認できるようになり、上限を超える前に従業員にアプローチして残業時間の超過を防ぐことができるようになりました。法改正によって残業時間の上限が月45時間になりましたが、システム自体も使いやすかったのでスムーズに導入、対応することができました。

    (Oさん/女性)

jinjer勤怠で利用できる機能