各種申請・承認|勤怠管理システム「ジンジャー勤怠」| 労務管理のクラウド化ならジンジャー(jinjer)

各種申請・承認|勤怠管理システム「ジンジャー勤怠」| 労務管理のクラウド化ならジンジャー(jinjer)

各種申請・承認|勤怠管理システム「ジンジャー勤怠」| 労務管理のクラウド化ならジンジャー(jinjer)

勤怠管理をラクにシンプルにする機能をご紹介

各種申請・承認

勤怠に関係する各種申請〜承認がオンラインで完結できるほか、承認ルートを人事データベースを軸に作成することで、異動時の承認者変更の手間を削減できる機能です。

勤怠管理がラクになる

各種申請・承認の主な機能

  • 勤怠に関連する さまざまな申請に対応

    勤怠打刻に関する「遅刻申請、早退申請、欠勤申請、打刻修正申請」、年次有給や特別休暇に関する「休日休暇申請」、休日出勤や振休・代休に関する「休日出勤申請」、シフト作成に関する「スケジュール申請」、締め作業に関する「実績確定申請」など、さまざまな申請に対応しています。

  • パソコンやスマートフォンのアプリから
    申請・承認ができる

    ジンジャー勤怠では、各申請の申請・承認を完全オンラインで完結できます。パソコンかスマートフォンアプリから、従業員からの各種の申請、承認者は「だれが、いつ、何の申請を、どのような理由であげたのか」を確認し、承認もしくは否認することが可能です。

  • 従業員の所属部署や役職の情報をもとに
    承認ルートの設定を簡単

    ジンジャー勤怠をご契約の企業さまは、人事データベースを無料でお使いいただけます。登録いただいた所属部署や役職の情報を用いて、各種申請ごとに承認ルートを設定いただくことが可能です。承認者の異動時や組織改編時に承認ルートを変更する手間を大幅に削減いただけます。

勤怠管理がラクになる

各種申請・承認の機能詳細

  • 申請者にも承認者にもアラート通知

    各種申請の承認依頼時、アラート通知を出すことができます。申請者と承認者へ通知が可能で、それぞれパソコンもしくはスマートフォンアプリよりご確認いただけます。

    活用シーン

    • パソコンだけでなくスマートフォンアプリで、自分に承認依頼のある申請をどこでも簡単に確認できます。

    • 画面上の通知だけでなく、メールで通知をすることができます。承認者の対応漏れを二重で防ぎます。

    • 承認完了後は従業員側にも通知を出すことができるため、申請が完了したことを従業員側も把握することができます。

  • 承認ルートは共通でも個別でも設定可能

    従業員情報をもとにした共通の承認ルート設定のほか、イレギュラーなケースに対応した個別での承認ルート設定も可能です。さまざまな申請承認のケースに対応できます。

    活用シーン

    • 部署や役職で設定した共通の承認ルートを使用しないイレギュラーなケースにも、従業員個別で承認ルートを設定できます。

    • 個別で設定した承認ルートは申請ごとに設定可能です。他の申請にもコピーして使用できます。

    • 共通の承認ルート、個別の承認ルートはCSVで登録も可能です。一括登録時の工数を削減できます。

  • 承認状況がリアルタイムでわかる

    出した申請の承認が今どこまで進んでいるのかを確認することができます。また、申請・承認ともに履歴が残るため、後から履歴をさかのぼって確認することも可能です。

    活用シーン

    • 承認状況を確認することで、出した申請の承認が滞っている場合、だれに確認をすれば良いのかがわかります。

    • 履歴が全て残るため、何か確認すべき事項が発生した場合、申請・承認時間や内容を後からさかのぼって確認することができます。

    • 管理者側だけでなく従業員側も承認状況を確認することができるため、確認工数を削減できます。

  • 活用シーン

ジンジャー活用のイメージをデモで確認!

  • 現在の管理方法を伺い、システムを導入した際の実際の画面感や管理の方法をデモで説明
  • 実現したい管理や工数削減したい業務にあわせ、最適なご利用プランを提案
  • 提案プランにあわせた費用感や導入までのスケジュールもご案内

トライアルのお申し込み、資料請求も受付中

ジンジャー勤怠で
お使いいただける
その他の機能

よくある質問

法改正の対応など、機能のアップデートに費用はかかりますか?

機能アップデート等にて料金が上がることはございません。2週間に1度の頻度でアップデートを繰り返しており、アップデートの処理等を行うこともなく、常に変わらないコストで最新の状態をご利用いただけます。

ジンジャー勤怠の新着アップデート情報一覧はこちらから

初めて勤怠管理システムを導入します。どれくらいで運用にのりますか?

お申し込みから、従業員様が打刻を実際に開始される(運用開始)まで、概ね2~3ヶ月以上を推奨しております。管理対象となる従業員様のご人数や、運用方法、ご利用の機能によって変動いたします。

管理者様のご無理のない工程で、ご理想の時期にご利用いただけるよう、ご導入までのスケジュールに関して、ご検討初期段階からサポートしておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

専任サポートからの運用フォローは具体的にどのようなサポートを受けることができますか?

各社専任のカスタマーサクセスサポーターをアサインし、お電話やオンライン打ち合わせを通して、初期導入のご設定から運用までサポートしております。
また、必要に応じて、ご設定のサポートに留まらず、運用方法や管理のご提案をご用意の上、システムご導入の成功までをサポートしております。

サポートポリシーについてはこちらから