03-5908-8485 平日10:00-18:00

jinjerワークフローの機能

承認ルート設定

申請種別や組織によって承認者は違います。そのため、申請者は申請をする際に毎回誰に承認依頼をすればいいのか迷ってしまい、申請作業をより煩雑化させてしまうでしょう。

jinjerワークフローは、各申請種別に対して承認ルートを柔軟に設定できるので、従業員が承認者を探したり迷ったりする面倒を解消することができます。また、申請内容によって複数人の承認が必要な場合は、企業に合わせて最大で10段階の段階承認設定をすることができます。承認者の順番で迷うことを防ぎ、スムーズに申請から承認までをおこなうことが可能になります。

お使いいただける機能

細かいルート設定

各申請種別に対して柔軟に承認ルートの設定をおこなうことが可能です。個人ごとの承認ルートはもちろん、所属する部門や役職などを指定して承認ルートを設定することができます。申請者は誰に承認依頼を出せばいいのか迷わずに申請ができるため、スムーズな承認依頼を可能にします。

細かいルート設定画面

段階承認設定

各申請に対して最大10段階の段階承認設定をすることができます。企業によって細かく承認ルートを設定できるため、申請者や承認者が誰に承認依頼を出せばいいのか迷う必要はありません。

段階承認設定画面

申請承認をスムーズにし、
ワークフローの課題を解決する機能を
そろえております。

まずは資料をご覧ください。

1分で簡単登録!jinjerの資料をプレゼント!