jinjer勤怠の機能

打刻方法

従業員の働き方が多様化している昨今、それぞれの働き方に合った打刻方法をおこなう必要があります。
働き方に合った打刻方法を用意することで、管理者の管理工数が削減されるだけでなく、従業員の働き方の改善にもつながり、従業員の生産性向上にも寄与します。
jinjer勤怠では、多様な従業員働き方に合わせて、PC、スマートフォン、タブレット、ICカードなど、さまざまな打刻デバイスをお使いいただけます。

ご利用できる打刻デバイス

パソコン

社内勤務の従業員が多い場合、PCでの出退勤打刻がおすすめです。従業員はマイページにログインして打刻をおこないます。

IPアドレスで打刻に制限をかけることができるため、セキュリティ面でも安心してご利用いただけます。

パソコン
パソコン

スマートフォン

直行直帰の従業員が多い場合、スマートフォンでの打刻がおすすめです。不正打刻防止のため、打刻時にカメラを起動させることも可能です。

また、GPS機能で打刻した場所を確認でき、範囲制限をかけて一定範囲内でしか打刻できないようにすることも可能です。

スマートフォン スマートフォン
スマートフォン

タブレット

工場勤務などでスマートフォンなどが持ち込めなかったり、アルバイトの勤怠を管理したりする場合、タブレットでの打刻がおすすめです。従業員は自分の名前をタップして打刻ボタンを押すだけで打刻が完了です。

カメラには笑顔判定機能が搭載されており、飲食店など顧客と接する機会のある従業員の笑顔確認におすすめです。管理者は出勤している従業員の顔写真を見るだけで、誰が来ているのかを把握することが可能です。

タブレット タブレット
タブレット

ICカード

パソコンやスマホが使えない場合、ICカードでの打刻がおすすめです。入り口に一台置いていただくだけで、打刻データが自動集計されます。

パソコンやスマホなどを使用しないため、従業員は簡単に使用することができます。

ICカード ICカード
ICカード

この機能を使った担当者様の声

  • 導入前の悩み

    導入前の悩み

    私の企業は打刻を出勤簿で管理していました。営業の従業員が多いこともあり、直行直帰の打刻管理に難しさを感じていました。また、打刻漏れも多く、月末の確認作業や修正作業に多くの時間を割いていました。

    jinjer勤怠導入後

    jinjer勤怠導入後は、スマホで直行直帰の打刻がリアルタイムで確認でき、GPS機能も付いているので安心して使用できました。打刻の確認作業や修正作業もボタン一つでできるので、作業時間が大幅に削減できました。

    (Aさん/女性/サービス業)

  • 導入前の悩み

    導入前の悩み

    私の会社は製造業なので工場で働く従業員がほとんどで、拠点もいくつかあり、従業員にはタイムカードで打刻をしてもらい月末に集計したものを本部に郵送していました。集計作業も時間がかかり、いちいち本部にタイムカードを郵送していたのでとても面倒でした。

    jinjer勤怠導入後

    jinjer勤怠導入後は各工場の入り口にタブレットを設置して従業員に打刻をしてもらうことで、集計作業や本部へのタイムカードの郵送がなくなりました。従業員もタイムカード感覚で打刻ができるため、スムーズに導入することができました。

    (Bさん/男性)

jinjer勤怠機能紹介シリーズ 打刻方法

テレワークや直行直帰などの打刻に
課題を感じている方
お役立ていただける機能別資料を
今なら無料公開中!

まずは資料請求

1分で簡単登録!jinjerの資料をプレゼント!

jinjer勤怠で利用できる機能