jinjer勤怠の機能

アラート機能
アラート機能

働き方改革関連法が施行され、従業員の残業時間が超過しないように、これまで以上に管理を徹底しなければいけません。
従業員のコンディション管理を適切に管理し、法律に遵守した労働時間管理をおこなうためにはアラート機能が役に立ちます。

jinjer勤怠では、36協定に関わる残業時間や労働時間、残業時間の超過、出退勤の打刻漏れ、連続勤務、休日出勤などをアラートで通知することができます。
アラートを出す対象は従業員・管理者の双方、または、どちらか一方のみに通知するか、設定することができます。
アラートを発生期間と種別で絞り込んで検索することができます。

機能詳細

アラートの種類

週・月の労働時間や残業時間の超過、出退勤漏れ、連続勤務、休日出勤などを通知することができます。多様なアラートを飛ばすことが可能なため、管理工数が削減できます。

パソコン
パソコン

アラート対象設定

アラート通知を従業員・管理者の双方、または、どちらか一方のみに通知するかを設定することができます。

打刻漏れなどをアラートで通知することで、管理者の工数を割く必要がなくなります。

スマートフォン
スマートフォン

アラート通知方法設定

アラートをjinjerの画面上・メールの双方、または、どちらか一方のみに通知するかの設定ができます。

従業員の見やすいほうを選んで通知をすることで、よりアラートが機能しやすくなります。

タブレット
タブレット

アラート確認方法

通知が来たアラートの履歴や、未確認のアラートを限定して見ることができます。

ICカード
ICカード

この機能を使った担当者様の声

  • 導入前の悩み

    導入前の悩み

    私たちの会社は従業員数が多く、一人ひとりの労働時間の把握が難しいため、気がついたら残業時間が超過してしまったということが多発していました。また法改正もあり、従業員の残業時間の把握と年休の取得管理が急務でした。

    jinjer勤怠導入後

    jinjer勤怠導入後は残業時間や打刻漏れなどさまざまなものにアラート通知を飛ばすことができるようになりました。
    また、設定した時間を超えた後はもちろん、超える前にアラート通知を飛ばすことができるため、労働時間や残業時間の超過を未然に防ぐことができるようになりました。企業に合わせてアラートのカスタマイズできるので、とても使いやすいです。

    (Kさん/女性/飲食業)

jinjer勤怠で利用できる機能