財務レバレッジとは?計算式や適正値、活用方法を解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

財務レバレッジとは?計算式や適正値、活用方法を解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

財務レバレッジとは?計算式や適正値、活用方法を解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

財務レバレッジとは?計算式や適正値、活用方法を解説

レバレッジ

会社の経営状況や財務を確認する際には、さまざまな数値が必要になります。
財務レバレッジもその1つで、現在会社がおかれている状況を知るために欠かせない数値です。
財務レバレッジとはどんな数値なのか、意味や活用法を知っておきましょう。

本記事では財務レバレッジの基本から、実際の計算方法や活用方法を解説します。

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

1. 財務レバレッジとは?

グラフをみる人

レバレッジ(Leverage)を日本語にすると梃子(てこ)という意味になります。財務レバレッジとは、他人資本と自己資本を梃子の原理に見立てた数値のことです。どんな性質を持った数値なのか詳しく解説します。

1-1. 総資産が自己資本の何倍になるかを示した数値

財務レバレッジとは、借入金や社債をはじめとした他人資本を含めた総資産が、自己資本の何倍になるかを示す数値です。
財務レバレッジを計算すれば、総資産のうち他人資本が占める割合を把握できます。

ほとんどの企業では、資本金や利益などの自己資本だけでなく、他人資本があります。
この他人資本が梃子になり総資産が増える現象を、財務とレバレッジという2つの言葉をつなげて財務レバレッジと呼んでいます。

1-2. 財務レバレッジの適正値

財務レバレッジの適正値は、2倍程度だといわれています。
しかし、この2倍という数値に囚われすぎるのはよくありません。業種や経営形態により、適正値は変わるからです。

財務レバレッジは高いほど他人資本の割合が高いことを示します。
自己資本が少ない状況で借入金や社債が多い状態であるため、返済や利息の支払いが経営を圧迫する恐れがあります。

財務レバレッジが低ければ、自己資本が多い状態です。返済や利息が発生しないため、安定した経営ができていると考えられます。

しかし、財務レバレッジが低ければ優良であるとは限りません。
企業は常に時代や市場の変化に合わせて成長する必要があり、成長には多くの資金が必要です。
その資金を自己資本のみで賄うことは難しく、融資をはじめとした他人資本を活用する必要があります。

財務レバレッジが低い企業は、成長に消極的である可能性が否めません。財務レバレッジだけでは分からない部分も多いですが、「財務レバレッジが低い=よいこと」ではないことを知っておきましょう。

1-3. 財務レバレッジの平均値は業種で大きく違う

財務レバレッジの適正値は2倍程度だとお話をしました。
しかし、この適正値はあくまでも目安であり、財務レバレッジの平均値は業種によって大きく差があります。
業種別の2021年度の平均値は以下のとおりです。

業種 財務レバレッジの平均値
小売業 4.6
電気・ガス業 4.3
海運業 4.1
不動産業 3.2
空運業 3.1
サービス業 3.0
石油・石炭製品業 3.0
卸売業 2.8
陸運業 2.8
水産・農林業 2.7
輸送用機器関連業 2.5
ゴム製品業 2.4
繊維製品業 2.3
パルプ・紙製品業 2.3
食料品関連業 2.2
非金属業 2.2
ガラス・土石製品業 2.2
倉庫・運輸関連業 2.2
建設業 2.1
情報・通信業 2.1
電気機器関連業 2.1
精密機器関連業 2.0
機械関連業 1.9
金属製品業 1.9
科学関連業 1.9
鉄鋼業 1.7
医薬品業 1.7
鉱業 1.6

参照:中小企業実態基本調査|e-Stat
このように、業種ごとに比較すると最大で財務レバレッジの差は倍以上になります。
小売業や電気・ガス業、海運業などの財務レバレッジ平均値は4.6倍~4.1倍ほどで、適正値の倍ほど高くなっています。
これは先行投資や設備投資が必要な業種だからです。

財務レバレッジを求める際は、業種に合わせた平均値を目安にすることが重要です。
加えて、企業が抱える事情や経営方針により適正な財務状況は変動するため、財務レバレッジだけでは企業の安定性は測れません。

2. 財務レバレッジの計算方法

グラフ計算

財務レバレッジは、総資産と自己資本がわかれば簡単に計算できます。
計算式と実際の計算例を見ていきましょう。

2-1. 財務レバレッジの計算式

財務レバレッジを求める際は、以下の計算式を用います。

総資産 ÷ 自己資本 = 財務レバレッジ

総資産を自己資本で割るだけで財務レバレッジを求められます。
この計算式でわかるのは、「財務レバレッジが何倍であるか」を示す数値です。
他人資本の割合ではないため、他人資本の詳細な数値を知りたい場合は別途計算する必要があります。

2-2. 財務レバレッジの計算例

実際に以下の条件を設定して財務レバレッジを計算してみましょう。

総資産:1,000万円

自己資本:400万円

1,000万円(総資産) ÷ 400万円(自己資本) = 2.5

このように求めることができ、この会社の財務レバレッジは2.5倍でほぼ適正値であることがわかります。

自己資本が200万円の場合は

1,000万円(総資産) ÷ 200万円(自己資本) = 5

このようになり、同じ額の総資産を保有していても、自己資本が少ないほど財務レバレッジが高くなります。

3. 財務レバレッジの活用方法

手順

財務レバレッジはさまざまなかたちで経営に活かすことができます。ただ財務レバレッジを知るだけでなく、活用して経営の安定化や企業発展につなげましょう。

3-1. ROE(自己資本利益率)がわかる

ROEは株主資本利益率とも呼ばれる数値です。
株主が出した自己資本を使って、企業がどれくらいの利益を上げたかを測る数値で、投資家が投資効率を測る目安になります。

このROEを求める計算式は以下のとおりです。

売上純利益率 × 総資本回転率 × 財務レバレッジ = ROE

このようにROEを求める際には財務レバレッジが必要なため、財務レバレッジは自社への投資価値を知るためにも重要な数値です。

3-2. 節税に活かせる

金融機関からの融資をはじめとした他人資本は、発生した利息が損益計算書に計上できます。これによって節税が可能です。

他人資本がない企業の場合は、営業利益からなにも差し引かれることなくそのまま利益として扱われます。そのため、法人税の負担を減らすことができません。

対して他人資本に利息が発生している場合は、営業利益から利息分が引かれた金額に対して税金がかかります。
利息の支払いは発生しますが、財務レバレッジが高いと法人税の負担額は軽くなります。

3-3. 事業拡大の目安になり得る

財務レバレッジが低い場合は、他人資本を増やして事業を拡大できる余地があり、可能性が秘められていると捉えることができます。
金融機関から資金を調達し、設備や開発への先行投資によって、より大きな利益を生み出すチャンスです。

財務レバレッジの平均値や適正値はあくまでも目安で、財務レバレッジを高くしすぎると、返済ができなくなったり、倒産のリスクが高まったりします。
しかし、今後の経営方針を決めるうえで重要な情報として活用できるでしょう。

4. 財務レバレッジは経営状況を把握するために重要な情報

笑顔の女性

財務レバレッジは他人資本と自己資金のバランスを知り、経営状況を把握するために非常に有用な数値です。
高すぎることは経営危機になるリスクが高いとも考えられますが、低すぎてもよくありません。
業種ごとに異なる平均値を知り、自社の状況と照らし合わせて経営に活かしましょう。

近年はさまざまな要因により物価や金融環境が変動しやすいです。財務基盤を安定化させ、企業をより発展させるために、財務レバレッジをぜひ活用してください。

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

古屋匠憲

古屋匠憲

バックオフィス業務効率化のコンサルティングを経て、 現在はjinjer Blogの運営に携わっています。 法務・経理・総務を中心に管理業務の知見をもとに、現場の目線にあったコンテンツをお届けします。よくある課題から、単純な疑問まで担当者のお悩みを解消できるよう運営します。

経費管理のピックアップ

新着記事