財務管理の業務内容や効率化のポイントをわかりやすく紹介 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

財務管理の業務内容や効率化のポイントをわかりやすく紹介 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

財務管理の業務内容や効率化のポイントをわかりやすく紹介 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

財務管理の業務内容や効率化のポイントをわかりやすく紹介

グラフを眺める男性

財務管理は経理業務と混同されることが多いです。
しかし、財務と経理では大きな違いがあり、財務管理には企業の将来に関わる重要な業務も存在します。

本記事では財務管理の基本や目的、業務内容を解説します。
財務管理を適正におこなえば、経営の問題点や弱点が見え、利益を増やすことも可能です。

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

1. 財務管理とは?

電卓をたたく様子

まずは財務管理の基本から、目的や似た業務との違いを知っておきましょう。
経理業務とは管理するお金の種類が違うことがわかります。

1-1. 企業の経営を支えために資産を管理すること

財務管理は、企業の経営や成長を支えるための資金や資産の管理業務を指します。経営管理の一種として考えて差し支えありません。

財務管理としておこなう業務は多岐にわたり、資産運用・予算管理・決算書作成などが含まれます。
財務管理の業務内容はのちほど詳しく解説いたします。ぜひ続けてお読みください。

1-2. 財務管理の目的

財務管理の目的は、資産運用や予算管理をし、それをもとに利益をだしたり、会社を成長させたりすることです。
常に企業の資産や資金を把握しつつ、予算の管理やトラブル時の備えなどをして、経営を安定化させます。

財務管理が適正でないと、資金ショートをはじめとしたさまざまな経営リスクを抱えてしまいます。

1-3. 財務会計・管理会計との違い

財務管理・財務会計・管理会計は名称が似ていますが、それぞれ異なる目的を持っています。

名称 目的 業務内容
財務管理 資産運用や資金調達による経営の安定化 資産運用・予算管理・決算書作成など
財務会計 外部に自社の財務情報を開示する 貸借対照表・損益計算書などの作成
管理会計 社内で自社の財務状況を把握する コスト管理・データ収集・資料作成など

財務会計や管理会計は、お金の出入りを計算して記録する会計業務が基本です。
それに対して、財務管理はお金の管理を担当しています。
各業務の役割は大きく異なりますが、いずれも密接に関係しており、財務会計や管理会計がなければ財務管理はできません。

2. 財務管理の業務内容

仕事をする女性

財務管理の業務内容は以下の5つが主なものです。
このほかにも必要とされるお金の管理業務は、財務管理業務として担当することが多いです。

2-1. 決算書の作成

財務管理では、企業の財務状況や経営成績をまとめた決算書の作成をします。
決算書は企業の経営状態をストレートに表す書類で、金融機関や税務署をはじめとした外部機関に提示するものです。

与信審査の際にも決算書が使われるため、資金調達の面でも決算書の作成は財務管理の重要な業務です。

2-2. 財務分析

貸借対照表や損益計算書などをもとにして、企業の状況を分析する業務が財務分析です。
競合他社との比較も財務分析のひとつで、自社がおかれている状況を知るうえで非常に重要な業務です。

財務分析では目的別に4つの分類を使います。

  1. 収益性分析(稼ぐ力)
  2. 安全性分析(支払い能力)
  3. 生産性分析(付加価値)
  4. 成長性分析(成長度)

これら観点から経営の問題やウィークポイントを見つけ、資金ショートをはじめとした危機回避をし、経営の安定化や企業の成長を支えます。
経営者は財務分析をもとに意思決定をし、今後の方針を決めます。

2-3. 資金管理・運用

企業が保有する資金や資産を管理し、適切に運用することも財務管理業務です。
資金計画と資金統制の2つの業務から、企業の資金を管理します。

資金計画では、商品やサービスの売上によって入ってくるお金や、金融機関からの借り入れなどによる資金の流入と、設備の購入や仕入、家賃などの資金の流出を管理します。

資金統制は、資金計画に則って資金調達をし、必要な資金を準備することです。
予算や収益から、必要だと判断した場合は、金融機関からの借り入れや社債・株式の発行などによる資金調達をおこないます。

2-4. 予算管理

売上・原価・経費・利益の各予算管理も財務管理業務のひとつです。
予算管理では売上や過去のデータから各予算を設定します。

売上予算 過去のデータや目標値をもとにたてる売上の予算をたてます。
原価予算 売上に対する原価の予算です。
経費予算 家賃や給与などの固定費の予算で、原価はここに含みません。
利益予算 売上から原価と経費を差し引いた利益の予算です。

このなかでとくに重視されるのは利益予算です。
会社の純粋な利益の予算であるため、今後の経営計画や資金繰りに大きく影響し、経営者の関心も高くなります。

2-5. 利益管理

利益管理は、収入と支出のバランスをとって利益を増やすことです。
資金管理と同じように、利益計画と利益統制に分けて考えます。

利益管理では、売上高の予測をたて、目標利益の達成に向けて計画を設定します。
利益統制は、この利益管理で設定した目標利益を達成するための分析と管理業務です。
目標と実績のひらきを分析し、達成が難しいと判断した場合は必要な対応をします。

3. 財務管理を効率化するポイント

ポイント

財務管理は重要で複雑な業務が多いうえに、専門的なスキルや経験が求められます。
業務を効率化するには、人員や環境の見直しも含めて土台から改善しなくてはいけません。

3-1. 業務内容を明確に分ける

中小企業では財務と経理を同一の部署で対応していることが多いです。
しかし、財務と経理では管理するお金が違い、両方を兼任していると効率が下がってしまいがちです。

効率化するには、同一部署内でも経理担当と財務担当を明確に分け、それぞれの業務に線引きをすることが重要です。

財務と経理は密接な関りがある業務であるため、同一部署内ならやり取りも素早くでき、効率的に処理が進むでしょう。

3-2. 部署間の連携を強化する

財務管理では会社全体の状況を把握しなくてはいけません。
経理部からは経理データを、営業部からは経費や売上予測を、製造部からは原価データを、といったように、その現場ごとに異なる情報があります。
それらを効率的に集めるには、部署間の連携が必要です。

加えて、各部署や現場でしかわからない情報も、売上予測や予算を検討する際に重要です。
数字だけでは見えてこない情報を得ることで、予算管理や売上予測がしやすくなります。
業務の効率化だけでなく、より正確な予測をたてるためにも部署間でコミュニケーションをとり、つながりを強化しましょう。

3-3. 管理ソフトや代行サービスを活用する

細かい業務やデータ処理の効率化を目指す場合は、管理ソフトの導入やグレードアップ、経理関連の代行サービスを利用するのもおすすめです。
管理ソフトは財務管理の土台を固めるうえでも有効な手段です。

煩雑な業務を効率化できれば、財務管理で重要な予測や管理、分析業務に人的資源を割けるようになります。

4. 財務管理は企業の資金や予算を管理する重要な業務

メガホン

財務管理は企業の資金と資産を管理し、収支のバランスを取って経営を安定化する重要な業務です。
財務管理が適切におこなわれていないと、経営状態が明確にわからず、資金ショートや金融機関からの借り入れができないなど、さまざまなリスクが高まります。

経理と混同されがちな業務ですが、目的は大きく異なります。
業務を分けて効率化し、より正確で実用性のある財務管理ができるようにしましょう。

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

古屋匠憲

古屋匠憲

バックオフィス業務効率化のコンサルティングを経て、 現在はjinjer Blogの運営に携わっています。 法務・経理・総務を中心に管理業務の知見をもとに、現場の目線にあったコンテンツをお届けします。よくある課題から、単純な疑問まで担当者のお悩みを解消できるよう運営します。

経費管理のピックアップ

新着記事