労働時間6時間の場合の休憩の有無について詳しく解説

1日の労働時間が6時間までなら、綺語は従業員に休憩を与える必要はありません。しかし、1日の労働時間が6時間を越えると、最低45分以上の休憩付与が必要です。

休憩の有無や最低限度の休憩の長さに関しては労働基準法で定められたルールのため、万が一従業員に正しく休憩を付与していなかった場合、企業は法律違反で罰則を受けることになります。

今回は、労働時間に対する休憩時間の有無や、適切な休憩を付与するために人事として知っておきたい知識について詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

「【一問一答】労働時間でよくある質問を徹底解説」

この記事をご覧になっているということは、労働時間について何かしらの疑問があるのではないでしょうか。

jinjerは、日々に人事担当者様から多くの質問をいただき、弊社の社労士が回答させていただいております。その中でも多くいただいている質問を32ページにまとめました。

【資料にまとめられている質問】

・労働時間と勤務時間の違いは?
・年間の労働時間の計算方法は?
・労働時間に休憩時間は含むのか、含まないのか?
・労働時間を守らなかったら、どのような罰則があるのか?

労働時間に関する疑問を解消するため、ぜひ「【一問一答】労働時間でよくある質問を徹底解説」をご参考にください。

 

1. 労働時間が6時間なら企業は従業員に休憩を与えなくてよい

1日の労働時間が6時間ぴったり、または6時間に満たない場合は、従業員に休憩を与える必要はありません。ただ、「どうして休憩を与える必要がないのか」「いつ休憩が必要になるのか」を知っていないと、適切な休憩時間管理ができないので、まずは必要最低限の休憩時間の内容をご紹介します。

1-1. 労働基準法における休憩の付与義務は労働時間が6時間を超えてから

日本の労働基準法は、「1日の労働時間が6時間を越えたら休憩が必要だ」という内容になっています。1日の労働時間が6時間未満であれば、基本的に休憩は不要です。

休憩の有無は、1日の労働時間によって決まるため、正社員でも非正規雇用でも同じ条件で休憩の有無を考えることになります。パートやアルバイト、派遣労働者でも、1日に6時間を越えて働いてもらう場合は休憩を与える必要があり、正社員でも1日の労働時間が6時間以内なら休憩を与える必要はありません。

企業の人事担当者は、従業員の契約スタイルや立場によって、休憩の有無を差別してはならないということを理解しておきましょう。

1-2. 労働時間が6時間を越える場合は45分以上の休憩が必要

休憩時間が6~8時間の場合の、労働基準法で定められた休憩時間は最低45分以上です。このとき、休憩時間は労働時間に数えません。労働時間とは、簡単にいうと「給与が発生する、実際に働いた時間」のことです。

一方、休憩時間は、「企業や上司の指揮命令下にない完全に自由な時間」なので、たとえば一日6時間半の労働時間を設定していると、『6時間半の労働時間』『45分の休憩時間』を合わせて、合計7時間15分会社に滞在することになります。

6時間半の労働時間内に休憩時間が含まれるのではなく、あくまでも労働時間とは別に休憩を設ける必要があるため、人事担当者は各従業員の労働時間を細かく管理しましょう。

1-3. 労働時間が8時間を越えると最低1時間以上の休憩を与える必要がある

1日の労働時間が8時間を越えた場合、最低1時間以上の休憩を従業員に与える必要が出てきます。労働時間によって最低限必要な休憩の長さが変わってくるため、フルタイムと時短勤務で休憩の管理方法が変わってくる点にも注意しましょう。

なお、労働基準法で定められている休憩時間は、あくまでも必要最低限の基準です。もし、企業が法定休憩以上の休憩を取らせたほうがよいと考えるのであれば、6時間を越える勤務の従業員に対して1時間の休憩を与えたり、8時間を越えて働く従業員に2時間の休憩を与えたりしても構いません。

ただし、いたずらに休憩時間を伸ばすと、そのぶん会社に滞在する時間が伸びてしまいます。多くの従業員は、好んで会社に長時間滞在したいと考えているわけではないので、できれば休憩時間は必要最低限に抑えておきましょう。

2. 休憩は労働時間の合間に与えよう!正しい休憩の与え方とは?

従業員に対する休憩は、労働時間の合間に与える必要があります。ここからは、法律に則った休憩の処理ができるように、適切な休憩時間の与え方を見ていきましょう。

2-1. 休憩中に業務命令や業務の相談をしてはならない

労働基準法における休憩は、仕事から完全に切り離された自由時間です。「昼休憩中オフィスにいてもらうよう頼む」「電話番や来客対応を頼む」といった状態は、厳密にいうと休憩時間にはならないため、注意が必要です。

2-2. まとまった休憩を取れない場合は休憩時間を分割可能

もし、法定休憩を一度にまとめて取れない場合は、休憩時間を細切れにすることができます。たとえば、45分の休憩が必要な従業員に対して、「30分・15分」「15分・15分・15分」といった分割をしても、1日の休憩時間が労働基準法の規定を満たしていれば、問題はありません。

2-3. 従業員で交代して休憩してもらう場合は労使協定の締結が必要

基本的に企業は従業員に対して一度に休憩を取らせる必要があります。シフト製の勤務など、従業員に代わる代わる休憩を取ってもらう場合は、あらかじめ労使協定で休憩の取り方を決めておきましょう。サービス業などを含む一部業種の場合、同意なしでも休憩の取得時間をずらすことが可能ですが、トラブル予防の観点から考えると、労使協定を結んでおいたほうが安心です。

3. 休憩の有無に対応するために勤怠管理システムを導入しよう

労働基準法では、1日の労働時間が6時間を越えるかどうかで休憩の有無が変わります。たとえ1分・5分の超過でも、休憩が必要だと社内の滞在時間が45分以上伸びるため、客観的かつ正確な勤怠管理ができるシステムを導入して、休憩の必要な従業員とそうでない従業員の労働時間を管理しましょう。 

勤怠管理システムの導入で工数削減を実現

近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。

タイムカードの集計は、集計時にExcelに入力する工数がかかりますし、有給休暇の管理は、従業員ごとに管理することが煩雑で、残有給日数を算出するのにも一苦労です。

どうにか工数を削減したいけど、どうしたらいいかわからないとお悩みの方は、勤怠管理システムの導入を検討してみましょう。

勤怠管理システムとは、従業員の出退勤をWeb上で管理できるシステムのことです。勤怠管理システムの導入を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「導入を検討するといっても、何から始めたらいいかわからない」という人事担当者様のために、勤怠管理システムを導入するために必要なことを21ページでまとめたガイドブックを用意しました。

人事の働き方改革を成功させるため、ぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご参考にください。