残業管理に関するお悩み、ジンジャーが解決します。 | jinjerBlog

残業管理に関するお悩み、ジンジャーが解決します。


勤怠管理に関する悩みはどの企業様でも多くあるでしょう。
月末に従業員の打刻・申請漏れなどが溜まっていると、より管理は煩雑になります。

そこで今回は、ジンジャー勤怠で実現できる、残業に関するお悩み解消テクニックを紹介します。
残業管理に課題感を持っている企業の人事担当者は必見です。

【具体的な悩み①】残業時間が想定より多く、人件費がかかってしまって困っている。

人件費

【理想像】予測と実績のギャップをしっかり把握して、人件費の修正計画を立てられるようにしておきたい。

社内全体で人件費削減が呼びかけられていて、管理側として予実のギャップが出てしまうと肩身が狭い。
上手く管理する方法はないだろうか。

【ジンジャーにはこんな機能あるよ!】予実管理機能

個人やグループの人件費を管理することができます。
残業時間もリアルタイムで集計し反映されるため、締め処理後に、予実の乖離が発覚してしまい取り返しがつかない、などの事態が発生しない仕組みづくりが可能です。

予実管理機能

予実管理機能の詳細はこちら

【具体的な悩み②】働き方改革関連法に対応させるためにも、従業員の残業時間超過を防ぎたい。

忙しい男性

【理想像】既定の残業時間を超過する前に、従業員が気づく仕組みを作りたい。

残業時間が超過しそうな従業員全員に連絡をおこなうのは大変。
どうにか自発的に気付いてくれれば、管理側の工数も削減できるかもしれない。

【ジンジャーにはこんな機能あるよ!】アラート通知機能

規定の残業時間を超過しそうになった場合、該当する従業員本人だけでなく上司や現場監督者にもアラート通知を送ることが可能です。

この機能を活用すれば、人事部で残業超過の可能性がある従業員をピックアップし、連携する必要がなくなり、各部署単位や各現場単位で自発的な残業抑制に取り組める仕組みづくりを実現することができます。

また、36協定にも対応しており、複数月をまたいだ残業アラートを送ることも可能です。

アラート設定画面

残業アラート作成と確認(Youtube)
36協定とアラート通知を設定する

【具体的な悩み③】出社時にしか残業申請できないため、月末に申請が偏ってしまう傾向にある。

PCで申請をおこなっている様子

【理想像】場所や時間帯、デバイスを問わず、残業申請ができる状態にして、事後申請を減らしたい。

「まだ紙で申請書を提出している。」「システムを導入しているが申請できるのは社内だけ。」
このような社内の状況が打開できれば、現状の残業申請を改善できるかもしれない。

【ジンジャーにはこんな機能あるよ!】残業申請機能

システム上で簡単に残業申請ができます。外出先や移動中でもスマホから気軽に申請ができるため、申請漏れが起こりにくい仕組みになっています。

▼メンバー側の申請画面(PC)

残業申請画面

▼メンバー側の申請画面(スマホ)

スマホの残業申請画面
PCからの残業申請(Youtube)
PCで残業申請を行う
スマホで残業申請を行う

【結論】ジンジャー勤怠の機能を活用して、残業時間の管理を簡単に!

今回紹介したような残業管理の悩みを抱えている企業様は、Excelやタイムカード、紙で勤怠管理をしている場合も多いでしょう。理想像が曖昧だった方はぜひ本コンテンツを参考に、残業管理の効率化をおこなってみるとよいでしょう。

また、クラウド型勤怠管理システム「ジンジャー勤怠」では、今回紹介した3つのお悩みを全て解決することが可能です。アナログな管理をしている方をはじめ、現在の管理方法にストレスを感じている場合には、ぜひ一度「ジンジャー勤怠」を体験してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちらから