売掛金回収予定表の必要性や作成方法を詳しく解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

売掛金回収予定表の必要性や作成方法を詳しく解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

売掛金回収予定表の必要性や作成方法を詳しく解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

売掛金回収予定表の必要性や作成方法を詳しく解説

笑顔で仕事をする女性

売掛金の回収が遅れた場合、資金繰りが悪化したり、貸し倒れ損失が発生したりする可能性があります。売掛金を取引先ごとに管理するための会計簿を「売掛金元帳」と呼びます。
売掛金が回収できなくなるリスクを軽減するには、売掛金元帳に加えて「売掛金回収予定表」を作成するのがおすすめです。

この記事では、売掛金回収予定表の必要性や作成方法を詳しく解説します。

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

1. 売掛金回収予定表とは?

表を作る女性

売掛金回収予定表は、売掛金の回収予定日や回収予定額を取引先ごとにまとめた会計簿です。売掛金を管理する場合、売掛金年齢表と売掛金残高一覧表を合わせた売掛金元帳を作成することが一般的です。
売掛金元帳に加えて売掛金回収予定表を作成すれば、未回収の売掛金を見える化し、より売掛金管理を効率化することができます。

売掛金回収予定表のポイントや売掛金元帳との違いを簡単に解説します。

1-1. 売掛金は未回収の代金のこと

そもそも売掛金(売掛債権)は、商品やサービスの代金を後払いするときの勘定科目です。売掛金は商品やサービスの提供を行ったタイミングで計上します。発生した売掛金を管理したり、回収した売掛金の消込をしたりすることを売掛金といいます。
売掛金を回収できなくなった状態を「貸し倒れ」といい、財務状況の悪化につながるリスクのひとつです。掛取引を行うときは、貸し倒れが生じないように売掛金の入金状況を確認したり、未払いの売掛金の督促を行ったりする必要があります。

1-2. 売掛金回収予定表は取引先ごとの回収予定をまとめた表のこと

売掛金管理に役立つのが、売掛金回収予定表と呼ばれる会計簿です。売掛金回収予定表には、取引先ごとの売掛金の回収予定日や回収予定額を記載します。売掛金回収予定表があれば、未回収の売掛金がどのくらい残っているのかがわかるため、売掛金の支払いをスムーズに督促できます。

1-3. 売掛金元帳(売掛金年齢表・売掛金残高一覧表)との違い

売掛金回収予定表とよく似ているのが、売掛金元帳(売掛金年齢表・売掛金残高一覧表)と呼ばれる会計簿です。売掛金元帳は売掛金を取引先ごとに管理するための帳簿で、売掛金の金額や当月の残高、集金できていない滞留債権の有無などを細かく記載します。売掛金元帳を見ながら、入金された売掛金の消込を行うのが一般的な売掛金管理の流れです。
売掛金元帳に加えて売掛金回収予定表を作成することで、売掛金の回収予定を把握できるため、より貸し倒れのリスクを軽減することができます。

2. 売掛金回収予定表の必要性

悩む男性

なぜ売掛金回収予定表を作成する必要があるのでしょうか。売掛金回収予定表を作成するメリットは3つあります。

  • 売掛金の未払いや入金漏れを防止する
  • 売掛金が回収できなくなるリスクを軽減する
  • お金の出入りが見えやすくなる

売掛金の回収予定を見える化することで、売掛金の未払いや入金漏れを防止したり、貸し倒れ損失が発生したりするリスクを軽減できます。また、入金予定の金額を管理できるため、お金の出入りが見えやすくなり、資金繰りの改善にもつながります。

2-1. 売掛金の未払いや入金漏れを防止する

売掛金回収予定表があれば、未払いの売掛金や入金が漏れている売掛金をひと目で把握できます。未回収分の売掛金を減らし、商品やサービスの代金をより確実に回収することが可能です。

2-2. 売掛金が回収できなくなるリスクを軽減する

相手方の会計ミスのほかにも、売掛金が回収できなくなるリスクはいくつかあります。

  • 相手方の倒産・破産により、法的整理が行われた
  • 相手方の支払い能力が低下し、債務不履行になった

売掛金回収予定表を作成すれば、売掛金の支払いが遅れている企業名が可視化されるため、すぐに入金のお願いをすることができます。また、売掛金回収予定表には回収予定日も記載されているため、相手方の経営状態をみながら先手で対応できるのもポイントです。

2-3. お金の出入りが見えやすくなる

売掛金回収予定表には、売掛金の回収予定日や回収予定額が記載されているため、将来どのくらいのお金が入ってくるのかも見える化されます。とくにサブスクリプションビジネスのような定期収入の得られる事業の場合、お金の出入りが見えやすくなるため、資金繰りが楽になります。

3. 売掛金回収予定表の作成方法

ソフトで計算する女性

売掛金回収予定表を作成する場合、Excelなどのオフィスソフトを利用するか、会計システムを導入することが一般的です。
Excelで売掛金回収予定表を作成する場合は、導入コストがかからず、使い慣れたソフトで売掛金を管理できるというメリットがあります。一方、売掛金回収予定表に対応した会計システムを導入すれば、売掛金管理を自動化することができます。

売掛金回収予定表の作成方法を2つ紹介します。

3-1. Excelなどのオフィスソフトを利用する

Microsoft Officeなどのオフィスソフトを導入済みの場合は、Excelを利用して売掛金回収予定表を作成できます。Excelで売掛金回収予定表を作成するメリットは4つあります。

  • 導入コストをかけずに売掛金回収予定表を作成できる
  • 使い慣れたソフトで売掛金回収予定表を作成できる
  • 数字の色やセルの背景色を変更できるため、見やすい売掛金回収予定表を作成できる
  • オートフィルター機能により、企業名や勘定科目名をすばやく検索できる

Excelで売掛金回収予定表を作成する場合は、以下の6つの項目を盛り込むことが一般的です。

  • 売掛金の回収予定日
  • 売掛金の回収予定額
  • 相手先の企業名
  • 売掛金の請求日
  • 売掛金の回収を行う担当者の氏名
  • 売掛金の明細(現金・手形・買掛金との相殺など)

3-2. 会計システムを導入する

一方、Excelでの売掛金管理にはいくつかデメリットもあります。

  • Excelシートへの入力に手間がかかる
  • 入力ミスや転記ミスなどのヒューマンエラーが発生する
  • Excelファイルが重くなると閲覧に時間がかかるようになる

こうした売掛金管理の課題を解決できるのが「会計システム」です。売掛金回収予定表に対応した会計システムなら、売掛金の金額や相手先の企業名はもちろん、回収予定日や回収予定額などをスムーズに入力できます。
また、回収した売掛金の消込を自動で行うことも可能なため、売掛金管理の手間を削減できます。すでにExcelで売掛金回収予定表を作成している場合も、会計システム側にインポートして取り込むことができます。
Excelで売掛金回収予定表を作成するのか、会計システムを導入するのか、自社に合った方法を選びましょう。

4. 売掛金回収予定表の必要性を知り、会計システムの導入を

ひらめいた女性

売掛金の回収が遅れれば、資金繰りが悪化したり、貸し倒れのリスクが高まったりする可能性があります。
そこで役に立つのが、この記事で紹介した売掛金回収予定表です。売掛金回収予定表は、売掛金の回収予定日や回収予定額を取引先ごとにまとめた会計簿のことを指します。

売掛金回収予定表を作成すれば、売掛金の未払いや入金漏れを防止したり、売掛金が回収できなくなるリスクを軽減したりすることが可能です。売掛金回収予定表は、Excelなどのオフィスソフトを利用するほか、会計システムの導入によって効率よく作成できます。

 

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

古屋匠憲

古屋匠憲

バックオフィス業務効率化のコンサルティングを経て、 現在はjinjer Blogの運営に携わっています。 法務・経理・総務を中心に管理業務の知見をもとに、現場の目線にあったコンテンツをお届けします。よくある課題から、単純な疑問まで担当者のお悩みを解消できるよう運営します。

経費管理のピックアップ

新着記事