年度またぎがある場合の前払金の扱い方を具体例と合わせて紹介 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

年度またぎがある場合の前払金の扱い方を具体例と合わせて紹介 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

年度またぎがある場合の前払金の扱い方を具体例と合わせて紹介 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

年度またぎがある場合の前払金の扱い方を具体例と合わせて紹介

前払い

商品やサービスを先払いで購入して代金を支払ったり手付金を前払金として処理したりしたものの、商品の受け渡しやサービスの提供が年度をまたいでしまう場合、どのように仕訳すればいいのでしょうか。

今回は年度またぎがある場合の前払金の計算方法と年度をまたいだ前払金の具体的な仕訳例を紹介します。手付金を支払ったものの、商品の受け渡しやサービスの提供が年度をまたいでしまうことは珍しいことではありません。しっかり理解して、正しく処理しましょう。

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。
そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

1. 前払金とは

説明

前払金は事業で使用する商品やサービスの購入代金を先に支払う時に使用する勘定科目です。支払いを行なった時点では仕入として計上するのではなく、商品を受け取る権利やサービスを受ける権利が流動資産として増えたとみなします。

関連記事:前払金の基本的な部分を勘違いしやすい勘定科目と比較して紹介

2. 年度またぎがある場合の前払金の計算方法

電卓

今期商品やサービスを購入して手付金を前払金として処理したけれど、決算日までに商品の受け渡しやサービスの提供が行われないということはよくあることです。特に決算日直前に手付金を支払った場合は、高い確率で年度をまたいでしまいます。

商品やサービスに対してお金を支払っても、経費として計上するのは実際に商品を受け取ったり、サービスの提供を受けたタイミングです。年度またぎした前払金は流動資産として次年度に繰越します。

前払金は経費としての計上ではなく、あくまで流動資産としての処理です。そのため、資産として翌年に繰り越せます。流動資産とは短期で回収可能な資産のことです。

3. 年度をまたいだ際の具体的な仕訳例

書類に記入する様子

年度をまたいだ際の前払金の具体的な仕訳例を紹介します。

関連記事:前払金の仕訳を混同しやすい勘定科目との違いを踏まえてチェック

3-1. 代金支払って商品を購入し、年度またぎをした場合

決算日前に商品の購入代金を現金で支払った場合は、代金を支払ったときに前払金として処理します。

決算日前に商品の購入代金を現金で支払った場合は、代金を支払ったときに前払金として処理します。

現金で支払った場合、10万円の現金が資産から減り、商品を受け取る権利である資産が増えたと考えます。この時点では経費計上は行いません。

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で10万円を記載します。他にも前払金で年度またぎするものがあれば合算してください。

新年度になって商品の引き渡しがされたら、以下のように計上します。

新年度になって商品の引き渡しがされたら、以下のように計上します。

3-2. 決算日前に代金の一部を支払って備品を購入して年度またぎをした場合

決算前に備品の購入代金の一部である10万円を支払った場合は、以下のように前払金で処理します。

決算前に備品の購入代金の一部である10万円を支払った場合は、以下のように前払金で処理します。

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で10万円を記載します。他にも前払金で年度またぎするものがあれば合算してください。

新年度になって商品の引き渡しがされる際、残りの代金を支払う場合は以下のように仕訳します。

新年度になって商品の引き渡しがされる際、残りの代金を支払う場合は以下のように仕訳します。

商品が引き渡されるときに残りのお金は支払わず、先で支払いを行う場合は以下のように仕訳してください。

商品が引き渡されるときに残りのお金は支払わず、先で支払いを行う場合

3-3. 会社の設備の修理外注費を先払いし、年度またぎした場合

すでに会社にある設備が故障して修理を依頼するとき、手付金として支払うお金は前払金となります。200万円を前払金として普通預金から支払う場合の仕訳は以下のとおりです。

払金として普通預金から支払う場合

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で200万円を記載します。新年度になって修理が完了して設備の引き渡しがされる際、残りの代金を支払う際は以下のように仕訳します。

前払金の勘定科目で200万円を記載します。新年度になって修理が完了して設備の引き渡しがされる際、残りの代金を支払う際

3‐4. 出張時のホテル代金を先払いし、年度またぎした場合

出張時に宿泊するホテル代金を先払いした場合は、いったん前払金として以下のように処理します。

出張時に宿泊するホテル代金を先払いした場合は、いったん前払金として以下のように処理

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で15000円を記載します。新年度になってホテルに泊まり、サービスを受けたタイミングで旅費交通費として計上しましょう。

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で15000円を記載します。新年度になってホテルに泊まり、サービスを受けたタイミングで旅費交通費として計上

3-5. 不動産購入代金の一部を先払いし、年度またぎした場合

事業で使用する不動産を中古で購入するために普通預金から手付金を払った場合は、いったん前払金として以下のように処理します。

不動産を中古で購入するために普通預金から手付金を払った場合は、いったん前払金として以下のように処理

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で200万円を記載します。新年度になって不動産の受け渡しが完了した時点で、残りの代金を支払って計上しましょう。

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で200万円を記載します。新年度になって不動産の受け渡しが完了した時点で、残りの代金を支払って計上

ローンで購入して、残りの部分は月々の返済をする場合は、受け渡し時に残りの代金を未払金として処理します。

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で200万円を記載します。新年度になって不動産の受け渡しが完了した時点で、残りの代金を支払って計上

ローンの場合は、月々の返済時に未払金の代金を仕訳してください。

月々の返済時に未払金の代金を仕訳

3-6. 自社の機械製造工場で使用する原材料費用の一部を支払い、年またぎした場合

機械製造工業で使用する原材料費の一部を支払った場合は、先に普通預金から払った代金100万円を前払金として処理します。

原材料費の一部を支払った場合は、先に普通預金から払った代金100万円を前払金として処理

決算時には貸借対照表の資産の部に前払金の勘定科目で100万円を記載します。新年度になってホテルに泊まり、サービスを受けたタイミングで原材費として計上しましょう。

新年度になってホテルに泊まり、サービスを受けたタイミングで原材費として計上

4. 年度をまたぐ継続的なサービスの購入費用は前払費用で処理する

処理

前払金と混同されやすい前払費用ですが、前払費用は継続してサービスの提供を受ける際に使用する勘定科目です。保険料やサーバー使用料、レンタルオフィス使用料などの年払いをする場合で、年またぎをする場合の計算方法と仕訳例を紹介します。

例えば、12月1日から利用するレンタルオフィスで1年分の使用料を12月1日年払いし、3月31日が決算日だとします。この場合、まず代金を支払ったタイミングで仕訳を行いましょう。

代金を支払ったタイミングで仕訳を行いましょう。

代金は1年分支払っていますが、実際にサービスの提供を受けたのは4カ月だけです。残り8カ月分の料金はまだサービスを受けていないので、経費計上できません。そこで、年度末にサービスを受けていない代金を計算して、前払費用として計上します。年払いの料金が24万円で12カ月分なので1カ月2万円、利用していない8カ月分の料金は16万円です。

年度末にサービスを受けていない代金を計算して、前払費用として計上

前払費用にする料金を計算するときは、以下のとおり計算します。

「トータルの代金 ÷ 払った費用でサービスを受けられる期間 x 残りの利用期間」

新年度になったら、期首に前払費用を家賃に振替処理して完了です。

新年度になったら、期首に前払費用を家賃に振替処理

関連記事:前払金と前払費用の違いや長期・短期前払費用について徹底解説

5. 支払った前払金は流動資産として次年度に繰り越せる

カレンダー

前払金は経費ではなく、「商品の受け取りやサービスを受けられる権利」であるため、流動資産となります。資産は翌年に繰り越せますので、そのまま繰り越しを行いましょう。

継続して受けるサービスの年払いをした場合などで年度またぎをするときは、いったん前払費用として計上し、新年度に元の仕訳に振替処理します。決算前に必ず前払費用で計上し、新年度になったら振替処理を忘れないようにしましょう。

会計の基本は勘定科目と仕訳!
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、会計知識をしっかりつけたい!」
「会計の基礎知識である勘定科目や仕訳がそもそもわからない」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

などなど会計の理解を深める際に前提の基礎知識となる勘定科目や仕訳がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。 会計の理解を深めたい方には必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。
そこで当サイトでは、勘定科目や仕訳に関する基本知識と各科目ごとの仕訳例を網羅的にまとめた資料を無料で配布しております。

勘定科目と仕訳

資料ダウンロード

古屋匠憲

古屋匠憲

バックオフィス業務効率化のコンサルティングを経て、 現在はjinjer Blogの運営に携わっています。 法務・経理・総務を中心に管理業務の知見をもとに、現場の目線にあったコンテンツをお届けします。よくある課題から、単純な疑問まで担当者のお悩みを解消できるよう運営します。

経費管理のピックアップ

新着記事