社内表彰制度とは?ネーミングのコツ・選考基準・事例をわかりやすく解説! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

社内表彰制度とは?ネーミングのコツ・選考基準・事例をわかりやすく解説! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

社内表彰制度とは?ネーミングのコツ・選考基準・事例をわかりやすく解説! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

社内表彰制度とは?ネーミングのコツ・選考基準・事例をわかりやすく解説!

社内表彰制度を解説

「社内表彰制度とは?」

「社内表彰制度の選考基準は?」

上記のようにお困りではありませんか。

社内表彰制度とは、自社に貢献した従業員の業績や手柄を社内でたたえる制度です。

本記事では社内表彰制度の概略や褒賞の種類、導入のメリットやデメリット、導入の手順や注意点について解説します。

社内表彰制度の一般的な導入事例やユニークなネーミングアイデアが気になる方は、ぜひご覧ください。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご確認ください。

人事評価のebook

1. 社内表彰制度とは|従業員の業績や手柄をたたえる制度

社内表彰制度について

社内表彰制度とは、自社に貢献した従業員の業績や手柄について社内でたたえる制度です。一般的に以下のような効果を主な目的とし、表彰結果は公にされて社内全体で共有します。

    • 従業員のモチベーションアップ
    • 従業員の生産性向上

社内で表彰制度を定める場合、労働基準法により、就業規則へ表彰の種類や程度について記載することが義務づけられています。

ただし表彰制度の内容に関する定めはないため、独自の社内表彰制度の新設も可能です。また法による導入の義務もないため、社内表彰制度を導入するかどうかについては、各企業が自由に選択できます。

参照:労働基準法第八十九条|e-Gov法令検索

2. 社内表彰制度を導入するメリット

社内表彰制度を導入するメリット

社内表彰制度の導入メリットは、従業員に対して以下を期待できることです。

  1. モチベーションアップ
  2. 愛社精神の向上
  3. 理想の社員像の浸透

では各メリットの詳細を見ていきましょう。

2-1. モチベーションアップ

従業員のモチベーションアップを期待できることは、社内表彰制度の導入メリットの一つです。

表彰された従業員は、過去の努力や貢献が、会社から適切に評価されたと感じるでしょう。表彰後も継続して会社から評価されるように頑張ろうと考えるため、今後の仕事に対するモチベーションが向上します。

一方、表彰されなかった従業員についても同様の効果を期待できるでしょう。表彰結果は社内で共有されるため、全従業員が内容について知ることになります。

自身が会社から評価されるためには、今後どの程度頑張ればよいのかを理解できるでしょう。今後の業務に対して目標を定めるなど、前向きに業務に取り組む従業員が増える可能性が高いです。

2-2. 愛社精神の向上

社内表彰制度の導入メリットは、従業員の愛社精神の向上が期待できることです。

一般的に社内表彰により、従業員は自身の努力や成果が会社から認められたと感じます。すると自身を認めてくれた会社への愛着が増し、愛社精神が深まる見込みが高いです。

表彰を受けていない従業員も、努力する従業員を適切に評価する会社だと認識するため、同様の効果を期待できます。

2-3. 理想の社員像の浸透

社内表彰制度の導入メリットは、自社の理想の社員像を全従業員へ浸透できることです。

一般的に、社内で表彰制度の選考基準を定める際には、理想とする従業員をイメージして選考基準に反映させます。例えば、優秀な営業成績をあげる従業員や善行により企業イメージを大幅にアップさせる従業員などです。

全従業員が表彰制度の選考基準を知ることにより、会社から評価される従業員とはどのような従業員なのかを、全従業員が理解するでしょう。

3. 社内表彰制度を導入するデメリット

社内表彰制度を取り入れるデメリット

社内表彰制度を導入するデメリットは、次のような恐れがあることです。

  • 従業員間の関係性の悪化
  • 表彰されなかった従業員のモチベーション低下

社内表彰制度の導入により、成果を競い合う従業員がお互いをライバル視するケースがあります。とくに従業員間の関係性が悪化すると、業務に支障をきたす恐れがあるのが、チームワークを必要とする業務です。

ただし表彰制度において、チームとしての選考基準を設けることで避けられるデメリットでしょう。

社内表彰制度の選考基準が具体的ではない場合、会社や上司への不信感が増し、表彰されなかった従業員のモチベーションが低下する恐れがあります。例えば、成果を上げていない従業員が表彰されたケースなどです。

従業員からの不信感を避けるためにも、明確な選考基準を設定しましょう。

4. 一般的な社内表彰制度の事例

社内表彰制度の導入事例

一般的な社内表彰制度の事例と事例ごとの対象者は、以下のとおりです

事例 対象者
永年勤続表彰 10年・20年・30年など、一定期間勤めた従業員
定年退職表彰 会社が定める一定の年齢に達することを理由に退職する従業員
新人賞 新入社員のなかで最も活躍した従業員
営業優秀者表彰 最も優れた営業成績をおさめた従業員
無事故表彰 運転や機械操作など、業務中に事故を起こさなかった従業員
チーム賞 営業成績など、優れた成果を上げたチームのメンバーおよびプロジェクトに関わる全従業員
失敗賞 失敗を恐れずにチャレンジした従業員
努力賞 サポート業務において、優れた成果を上げた従業員

ただし、企業により事例の名称はさまざまです。上記の営業優秀者表彰をMVP、努力賞を奨励賞とする企業などもあります。

5. ユニークな社内表彰制度のネーミング・アイデア

社内表彰制度のネーミング例

ユニークな社内表彰制度のネーミング・アイデアには、以下のような実例があります

ほめ大臣賞 毎月従業員の投票により、他社をほめる力が高い従業員を表彰する
素晴らしいで賞 業績に関係のないカテゴリーを毎月選び、カテゴリーごとに優れた従業員を表彰する
ベストティーチャー賞 優れた育成担当者を表彰する
社員いいとこ総選挙 毎月一定項目の評価により、人間力に優れた従業員を表彰する
ステップチャレンジ 1日の平均歩数を競い、チーム・個人別に表彰する

上記のユニークなネーミングの共通点は、親しみやすく覚えやすいことです。また、表彰制度の目的が容易に想像できる点も優れています。ネーミングを成功させるためには、実例を参考にしながら、声に出したり活字にしたりする際の印象もチェックしましょう。

6. 社内表彰制度の褒賞の種類

社内表彰制度の種類

社内表彰制度の褒賞の種類と各褒賞品は、以下のとおりです

褒賞の種類 褒賞品
オブジェ トロフィー・表彰盾など
実用品 ボールペン・モバイルバッテリー・最新家電など
時計 腕時計・置き時計など
カタログギフト カタログ掲載品から本人が好きなものを選べる贈りもの
商品券・旅行券・現金 3,000~10,000円程度
特別休暇 会社が独自に定めた特別休暇の付与

一般的に永年勤続表彰の褒章品として商品券・旅行券・現金を贈る場合の目安金額は、上記と異なります。例えば、勤続年数が10年の場合の相場は1万から3万円程度、30年の場合の相場は12万程度です。

特別休暇をリフレッシュ休暇などと呼び、永年勤続者へ旅行券とともに贈る企業もあります。

7. 社内表彰制度を導入する手順

社内表彰制度を導入する手順

社内表彰制度を導入する手順は以下のとおりです

  1. 導入の目的や担当者の決定
  2. 表彰方法・選考基準・褒章品など内容の決定
  3. 社内規則への記載
  4. 全従業員への周知
  5. 社内表彰制度の実施

社内表彰制度を導入する際は、はじめに目的や担当者を明確にすることが重要です。形骸化することのないよう、最初の仕組みづくりをしっかりおこないます。

また実施後にはフィードバックし、問題点や改善点があれば都度見直しましょう。

8. 社内表彰制度を導入する際の注意点

社内表彰制度を導入する際の注意点

社内表彰制度を導入する際の注意点は以下のとおりです。

  • 導入目的に合う表彰制度にする
  • 明確な選考基準を設定する
  • 組織への貢献についても表彰する

売上向上が目的なのか、離職率を下げるのが目的なのかで、表彰制度の制定の仕方は変わってきます。

また、選考基準は具体的で数値化できるものを設定しましょう。行動に対する評価の場合は、評価項目を複数設定するのがおすすめです。点数制にして基準をクリアしたことを明確化すれば、次の項目を達成しようとさらに努力を重ねてもらえます。

組織への貢献について表彰するなら、勤続年数に応じた表彰制度を設けましょう。

9. 社内表彰制度の導入を検討しよう!

社内表彰制度

社内表彰制度は、自社に貢献した従業員の功績を社内でたたえる制度です。

労働基準法の定めにより、就業規則に表彰の種類や程度について記載しなければなりません。ただし導入の有無や制度の内容については、各社が自由に選択できます。

また導入のメリットは、従業員の愛社精神やモチベーションの向上などです。一方デメリットとして、従業員間の関係性の悪化や従業員のモチベーションの低下をまねく恐れがあります。

実際に導入する際には、事前に導入目的と選考基準を明確にしておきましょう。親しみやすく、覚えやすいユニークなネーミングを目指すこともおすすめです。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご確認ください。

人事評価のebook

OHSUGI

OHSUGI

クラウド型勤怠管理システムジンジャーの営業、人事向けに採用ノウハウを発信するWebメディアの運営を経て、jinjerBlog編集部に参加。営業時代にお客様から伺った勤怠管理のお悩みや身につけた労務知識をもとに、勤怠・人事管理や給与計算業務に役立つ情報を発信しています。

人事・労務管理のピックアップ

新着記事