OJTで新入社員の放置を防ぐには?原因・リスクや実施のポイントを解説 - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

OJTで新入社員の放置を防ぐには?原因・リスクや実施のポイントを解説 - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

OJTで新入社員の放置を防ぐには?原因・リスクや実施のポイントを解説 - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

OJTで新入社員の放置を防ぐには?原因・リスクや実施のポイントを解説

OJTで従業員を放置するリスクについて

OJTで新入社員の放置が発生している企業は多く存在します。

「OJTの教育担当者が新入社員を放置する状況を防ぐためにはどうすればいい?」と悩むケースは多いのではないでしょうか。

OJTで新入社員を放置すれば、生産性が下がって社内全体の士気が下がる可能性があります。モチベーションが低下すれば退職率の増加にもつながるため、OJTでは新入社員を放置しない体制づくりが重要です。

そこで本記事では、OJTで新入社員が放置されたと感じる理由や、放置している原因を解説します。OJTを効果的に実施するポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご確認ください。

人事評価のebook

1. 新入社員がOJTで「放置されている」と感じる4つの理由

放置されていると感じる理由

新入社員がOJTで放置されていると感じる原因は、主に以下の4つです。

  1. 教育担当者が不在となる時間が多い
  2. マニュアル化されていない業務が多い
  3. 育成が体制化されていない
  4. 「やっておいて」と仕事を任されている

以下、それぞれ具体的に解説します。

1-1. 教育担当者が不在となる時間が多い

OJTで放置されたと感じる原因の一つに、教育担当者が不在となる時間が多いことが挙げられます。途中でやり方に困ったり疑問が生じたりした際にすぐに質問できる相手がいないため、不安や孤立感を感じることになるでしょう。

また、教育担当者が不在の際は自己学習を強いられますが、経験不足の新入社員がおこなう自己学習には限界があります。とくに、業務に必要な知識やスキルが複雑な場合は自己学習が難しく、新入社員が「成長できない」と感じる可能性も高いです。

1-2. マニュアル化されていない業務が多い

マニュアル化されていない業務が多いことも、OJT期間中に新入社員が放置されていると感じる原因の一つです。

マニュアルにない業務は、手順や注意点がわかりません。自力で業務を進める際に不明点が多く、「適切な指導を受けられていない」と感じやすいでしょう。

また、マニュアルが存在しない場合、業務の正しい進め方を理解するために上司や先輩社員に頻繁に質問をする必要があります。

しかし、現場の上司や先輩社員も自身の業務に追われているため、新入社員の質問に応じられないケースも珍しくありません。新入社員にとって大きなストレスとなり、業務の効率性や正確性を損なうことにつながるでしょう。

1-3. 育成が体制化されていない

育成体制が体系化されていないことも、「放置された」と感じる原因になるでしょう。

新入社員の育成計画や教育プログラムが明確に定められていないと、具体的な学習目標や自身の進捗がわからないためです。自己流で業務を進めざるを得なくなるため、不安や孤立感が増大して放置されている感覚につながりやすくなります。

また、育成が体制化されていなければ、教育担当者も新入社員に対してどのように指導すればよいかがわかりません。新入社員に適切なフィードバックやサポートを実施できず、新入社員が「放置されていた」と感じやすいです。

1-4. 「やっておいて」と仕事を任されている

実務を通して経験値をつけることを目的に「やっておいて」と仕事を任されることも、放置されたと感じる原因です。新入社員は職場のルールや業務の流れに不慣れなため、途中で手詰まりになった際に孤立感や不安を抱えることになります。

ただ、「やっておいて」でなく「やってみよう」と声かけをすれば、一緒に仕事を進めてくれると安心感を与えられるでしょう。

新入社員が自信を持って業務に取り組むためにも、業務をやらせて終わりにせず、明確な目標設定と定期的なフォローアップが重要です。

2. OJT担当者による新入社員の放置が発生する原因4選

放置してしまう原因

OJT担当者が新入社員を放置する原因として考えられるのは、以下の4つです。

  1. 指導者に時間・余裕がない
  2. 教育体制が整っていない
  3. 「見て学べ」の指導方法が根付いている
  4. 教育担当者の指導力が不足している

以下、それぞれ具体的に解説します。

2-1. 指導者に時間・余裕がない

指導者に時間や余裕がないことは、OJT期間中に新入社員が放置される主な原因の一つです。

JMAMによると、OJTに課題を抱える企業のうち約6割が「指導側に余裕(時間)がない」ことを問題視しているとわかっています。

OJTに関する調査結果

引用:PR TIMES|新人・若手社員の「OJT」に関する調査結果

指導者が新入社員に十分な時間を割けない主な原因は、自身の業務と新人教育を並行しておこなうことによる負担です。

教育担当者の業務量の調整や組織的なサポートの提供、デジタルプラットフォームを活用したOJTの効率化などを図りましょう。

2-2. 教育体制が整っていない

OJTで新入社員が放置されがちな原因として、企業の教育体制が整備されていない点も挙げられます。

教育体制が曖昧な状況では、OJT担当者が新入社員に対して一貫した指導を実施できません。OJTの目的や進め方、評価基準も明確でないため、どのように指導すればよいのかの判断も難しくなるでしょう。

実際、JMAMが実施したアンケートでも、「指導側に余裕(時間)がない」についで2番目に「指導のバラツキ」が挙げられています。

OJTに関する調査結果

引用:PR TIMES|新人・若手社員の「OJT」に関する調査結果

教育体制を整えるためには、OJTの具体的な計画を策定し、OJT教育担当者に対して研修を提供することが重要です。目的・進め方・評価基準などを明確にし、教育担当者が新入社員を適切に指導できるようにサポートしましょう。

2-3. 「見て学べ」の指導方法が根付いている

先輩社員の仕事を観察して必要なスキルや業務の流れを学ぶ指導方法が根付いていることも、新入社員のOJT放置が発生する原因です。

「見て学べ」は、新入社員の自主性を養う上では効果的な反面、何に注目すべきか、どのように学びを深めるべきかがわかりません。孤立感を感じることで、「放置されている」と思う人もいるでしょう。

業務の背景や理由が明示されなければ、単に表面的な作業の流れを真似るだけで本質的な理解に至らない場合も多いです。新入社員が自ら学ぶだけでなく、教育担当者からも積極的な指導やサポートを実施するようにしましょう。

2-4. 教育担当者の指導力が不足している

教育担当者の指導力不足も、新入社員の放置が発生する理由の一つです。

教育担当者の指導力が足りなければ、新入社員に適切なフィードバックの提供や、疑問の解消ができません。新入社員は自分の業務に対する理解を深められず、成長の機会を逃すでしょう。

また、わかりやすい説明や適切な助言ができなければ、新入社員のモチベーションを維持することも難しいです。新入社員のモチベーションが低下すれば、孤立感につながりやすくなるでしょう。

3. OJT期間中に新入社員を放置する3つのリスク

放置するリスク

OJT期間中に新入社員を放置すれば、以下のようなリスクが発生します。

  1. 成長できず生産性が上がらない
  2. 退職する可能性が高まる
  3. 社内の士気が低下する

以下、それぞれ詳しく解説します。

3-1. 成長できず生産性が上がらない

OJT期間中に新入社員を放置すると、新入社員の成長が停滞して生産性向上の機会を逃すことになりかねません。

新入社員に適切な指導やサポートが提供されず、業務に必要なスキルや知識を習得できないためです。自身の役割や業務の進め方を理解できず、十分にパフォーマンスを発揮できないでしょう。

また、新入社員が業務を遂行する上で必要なスキルを身につけられないと、ほかの社員が不足を補わなければなりません。新入社員の成長が停滞することで、チームや組織全体の生産性にも影響が波及するおそれがあるでしょう。

3-2. 退職する可能性が高まる

OJT期間中に新入社員を放置すると、仕事へのモチベーションが低下して退職する可能性も高まります。

どれだけやる気のある新入社員でも、業務の進め方や会社の文化について十分に理解できていなければ、仕事を上手に進められません。会社に対する帰属意識や満足感が得られず、仕事にモチベーションを感じられなくなります。

また、スキルアップができなければ、自分の成長やキャリア形成の見通しも立ちません。将来の不安が募れば、退職するリスクが高まるでしょう。

3-3. 社内の士気が低下する

OJT期間中に新入社員を放置すれば、社内の士気低下にもつながりかねません。

新入社員が放置されれば、企業文化が育成と支援を軽視する方向に傾く可能性があるためです。放置されている状況を見た既存の社員が「自分の行動・成果が適切に評価されないのでは」と不安に感じる可能性があります。

また、新入社員が業務において孤立することで、チームワークの乱れやコミュニケーション不足にもつながりかねません。生産性が低下して売り上げが下がれば、社内の士気も大幅に低下するでしょう。

4. 新入社員を放置せずOJTを実施するポイント3選

OJTを成功させるポイント

新入社員を放置することなくOJTを実施するためには、以下の3つのポイントを守ることが大切です。

  1. 明確な目標と計画を策定する
  2. 教育担当者として適切な人物を選出する
  3. 第三者による面談・フィードバックを実施する

以下、それぞれ具体的に解説します。

4-1. 明確な目標と計画を策定する

OJTで新入社員を放置することなく成功させるためには、明確な目標と計画を策定することが重要です。

何を学ぶべきか、どのようなスキルを身につけるべきかなど具体的な目標を設定することで、新入社員は自身の成長を実感できます

また、明確な目標と計画があれば、教育担当者や上司も指導の方向性を適切に定めることが可能です。OJTを開始する前に、スケジュールや評価の方法、フィードバックのタイミングなどを計画しておきましょう。

4-2. 教育担当者として適切な人物を選出する

OJTで新入社員の放置を防ぐためには、適切な人物を教育担当者として選出することも不可欠です。

教育担当者は、業務の知識やスキルはもちろん、社会人としての心構えや職場のルールを伝える役割も担います。教育担当者として適切な人物を選出することで、すぐに職場や業界に適応した人材を育てられるでしょう。

4-3. 第三者による面談・フィードバックを実施する

OJTを実施するなら、第三者による面談・フィードバックも大切です。面談・フィードバックの機会を設けることで自身の成長を実感できるうえ、疑問点の解消や悩みの相談もできます

客観的な視点からの評価やアドバイスを受けるために、新入社員と直接の業務関係にない人物に実施してもらうことが重要です。関係者には言いづらい自身の感想や課題も、オープンに共有してくれるでしょう。

また、面談・フィードバックの結果、新入社員が今後の行動計画を具体的に立てられるように心がけることも大切です。そのため、フィードバックをする際は、できるだけ具体的で建設的な内容を伝えるようにしましょう。

5. OJTは従業員が放置される状況にならないよう実施しよう

OJT

今回は、OJTで新入社員が「放置された」と感じる理由や放置気味になる要因、その対処方法を解説しました。

OJTで新入社員が放置気味になる背景には、教育担当者の業務負担や企業の教育体制が大きく影響します。企業全体でOJTが上手に機能するようサポートすることで、適切にOJTを実施できるようになるでしょう。

また、OJTの目標・計画を明確にしたり、第三者による面談・フィードバックを実施したりすることも重要です。新入社員・教育担当者ともに理解しやすい研修になるよう心がけましょう。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご確認ください。

人事評価のebook

OHSUGI

OHSUGI

クラウド型勤怠管理システムジンジャーの営業、人事向けに採用ノウハウを発信するWebメディアの運営を経て、jinjerBlog編集部に参加。営業時代にお客様から伺った勤怠管理のお悩みや身につけた労務知識をもとに、勤怠・人事管理や給与計算業務に役立つ情報を発信しています。

人事・労務管理のピックアップ

新着記事