この商品券、どうやって経費処理すればいい?ケース別に解説 | jinjerBlog

この商品券、どうやって経費処理すればいい?ケース別に解説

商品券は現金と同じような感覚で利用できて便利であり、ビジネスシーンにおいても備品を購入したりクライアントへの贈答用に用いられたりと、いろいろと活躍します。

ただ、現金と同じような感覚で利用できるものの実際の現金とは異なるものなので、経費処理をする際には取引の内容に応じて適切に処理しなければなりません。

本記事では、取引ごとの商品券の経費処理の方法や商品券の経費処理において間違えやすい点について、説明します。

商品券を経費処理する方法とは?

「商品券を仕訳するときにどのような記載をすれば良いかわからない」
「商品券を扱うときって課税非課税どっちなの?」
「商品券を仕訳するときの勘定科目が間違っていないか不安、、、」

などなど商品券の経費処理に関して不安な方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当サイトでは本記事の内容をとてもわかりやすくまとめた「商品券の経費処理ルールBOOK」という資料を無料配布しております。商品券の経費処理の方法からや処理する際の注意点などをまとめており、商品券を適切に処理したい方におすすめの資料です。ぜひ無料でダウンロードしてご覧ください。

商品券の経費処理

ダウンロード

1. 商品券の経費処理の方法は購入や使用、贈答などで異なる

商品券の経費処理の方法は、商品券を購入したのか・使用したのか・贈答したのかなどによって異なります。

以下では、いくつかのケースごとに具体的な経費処理の方法について説明します。

今お悩みのケースがこの中にあるか、ぜひ見てみてください。

1-1. 自社で購入・使用する場合

まずは、自社で使用するために商品券を購入し、商品券で自社のために何か買った際の経費処理を解説します。

① 自社で使用するために商品券を購入した場合

自社で使用するために商品券を購入した場合、勘定科目は「他社商品券」となり以下のように経費処理をおこないます。

例:現金で商品券を2万円分購入した

借方 貸方
他社商品券 20,000 現金 20,000

商品券を購入した場合は消費税は非課税なので、消費税を経費処理する必要はありません。

② 自社で商品券を使用した場合

購入した商品券を自社で実際に使用した場合は、以下のように経費として経費処理をおこないます。

例:2万円の消耗品を商品券を利用して購入した

借方 貸方
消耗品費 18,182 他社商品券 20,000
仮払消費税 1,818

商品券を購入した場合とは異なり、商品券の使用は課税なので、税抜経理をおこなっている場合は上表のように仮払消費税を計上する必要があります。

1-2. 商品券を贈答用に購入した場合

次に、贈答用として商品券を購入した際の経費処理についてみていきましょう。

① 「贈答用」として商品券を購入した場合

商品券の購入が贈答目的である場合、勘定科目は接待交際費となり、以下のように経費処理をおこないます。

例:クライアントへの贈答用に商品券を5万円購入して渡した

借方 貸方
接待交際費 50,000 現金 50,000

商品券を贈答した際は消費税が非課税になりますが、この点は間違えやすいので注意しておきましょう。

② 商品券を贈答した際の経費処理は必要ありません

商品券を「贈答」した際は、経費処理をする必要はありません。

1-3. お祝いとして従業員に贈答した場合

従業員へのお祝いに商品券を利用した場合、勘定科目は福利厚生費または給与となり、以下のように経費処理をおこないます。

例:従業員への結婚祝いとして商品券を3万円購入して渡した

借方 貸方
福利厚生費

または給与

30,000 現金 30,000

勘定科目に関しては福利厚生費と給与のどちらを用いてもよいですが、一度決めた勘定科目で今後も経費処理をおこなうことになります。

1-4. 報酬の支払いに商品券を利用した場合

商品券を報酬として利用することもあると思いますが、そのような場合は以下のように経費処理をおこないます。

例:報酬として10万円の手取りを商品券で支払った

借方 貸方
支払報酬 102,260 他社商品券 100,000
仮払消費税 8,180 預り源泉所得税 10,440

商品券を報酬として支払う場合、現金の場合と同様に源泉徴収を行わなければならない点には注意しておきましょう。

関連記事:経費処理の重要性や効率的におこなうための5つのポイント

2. 商品券を経費処理するときの2つの注意点

ここまで説明してきた商品券を経費処理するときの具体的な方法を踏まえて、以下のような点に注意しておくと、商品券の経費処理をミスなくおこなえるでしょう。

・用途によって勘定科目や課税・非課税が異なる

・余った商品券は在庫として処理する必要がある

ここでは、それぞれについて説明いたします。

2-1. 用途によって勘定科目や課税・非課税が異なる

先ほどいくつか例に挙げた取引においても、商品券の勘定科目や課税・非課税はケースごとにまちまちでした。

商品券を経費処理する際のパターンがある程度決まっているからといって、「商品券=○○」というように定型的に覚えていると、パターン外の取引がおこなわれた際に間違って処理してしまう可能性があります。

そのため、商品券の経費処理をおこなう際は今回の取引はどのケースに該当するのかを確認しながら、勘定科目や課税・非課税をきちんと確認することが重要です。

2-2. 余った商品券は在庫として処理する必要がある

贈答用に商品券を購入したものの、すべてを使いきれずに余ってしまうこともありますが、その場合は在庫として処理して経費からは除外しなければなりません。

在庫として計上する場合の勘定科目は、「貯蔵品」です。

商品券は不正な取引に用いられることもあり、税務署が厳しくチェックするポイントでもあるので、疑いを持たれないように適切に経費処理をおこなう必要があります。

とはいえ、商品券の経費処理はそこまで頻度が大きくないため、いざ商品券の経費処理が発生した際に処理方法や注意点などを正確に覚えておくのは難しいでしょう。そこで当サイトでは本記事の内容をわかりやすくまとめた「商品券の経費処理ルールBOOK」を無料配布しております。商品券の経費処理の方法から経費処理の注意点まで気になった時にいつでも確認できる資料となっておりますので、ぜひこちらから無料でダウンロードしてご活用ください。

3. まとめ

商品券をどのように経費処理するかは、商品券を購入したのか使用したのか贈答したのか、贈答した場合、相手は誰かどのような目的での贈答かなどによって異なります。

取引ごとに適切な経費処理をおこなって、税務署によるチェックで無駄な疑いを持たれることのないようにしましょう。

商品券を経費処理する方法とは?

「商品券を仕訳するときにどのような記載をすれば良いかわからない」
「商品券を扱うときって課税非課税どっちなの?」
「商品券を仕訳するときの勘定科目が間違っていないか不安、、、」

などなど商品券の経費処理に関して不安な方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当サイトでは本記事の内容をとてもわかりやすくまとめた「商品券の経費処理ルールBOOK」という資料を無料配布しております。商品券の経費処理の方法からや処理する際の注意点などをまとめており、商品券を適切に処理したい方におすすめの資料です。ぜひ無料でダウンロードしてご覧ください。

商品券の経費処理

ダウンロード

関連タグ