雇用契約書に印紙は必要?課税文書と非課税文書の違いとは | jinjerBlog

雇用契約書に印紙は必要?課税文書と非課税文書の違いとは

雇用契約書は非常に重要な書類なので、作成にあたっては法律に定められた通りの体裁を整えなければなりません。法的な書類は多くの場合収入印紙を貼りつけるものですが、雇用契約書にも印紙が必要なのでしょうか。

本記事では雇用契約書作成に印紙が必要なのかを解説し、課税文書と非課税文書の違いについても紹介します。

「入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を徹底解説!」

デジタル化に拍車がかかり、「入社手続き・雇用契約の書類作成や管理を減らすために、どうしたらいいかわからない・・」とお困りの人事担当者様も多いでしょう。

そのような課題解決の一手として検討していきたいのが、入社手続き・雇用契約のペーパーレス化です。

システムで管理すると、雇用契約の書類を作成するときに、わざわざ履歴書を見ながら書類作成する必要がありません。書類作成に必要な項目は自動で入力されます。

また、紙の書類を郵送する必要がないので、従業員とのコミュニケーションが円滑に進み、管理者・従業員ともに”ラク”になります。

入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を成功させるため、ぜひ「3分でわかる入社手続き・雇用契約のペーパーレス化」をご参考にください。

1. 雇用契約書に印紙は必要ない

結論からいえば、雇用契約書には印紙が必要ありません。

収入印紙は、法的に重要な文書を作成したときに税金を納める手段として用いられます。印紙を貼らなければならない文書は印紙税法別表第一に定められており、雇用契約書はそのなかに含まれていません。

したがって、雇用契約書に印紙が貼られていなかったとしても法的に問題はなく、契約内容が無効になることもありません。

2. 印紙が必要な主な課税文書

契約書に限らず、法的に重要な文書とされるものは課税文書となり印紙が必要となります。印紙税法別表第一に記載されている20種類の文書、当事者間で課税事項を証明する目的で作成された文書、非課税文書でない文書が課税文書に該当します。

課税文書になるかどうかは文書のタイトルではなく、内容によって判断されます。そのため印紙を使わなくてもすむようにタイトルを考えても、内容が課税文書に該当する書類であれば印紙が必要になるということです。

印紙税法に定められている主な課税文書について見ていきましょう。

2-1. 第1号文書

印紙が必要な課税文書の筆頭に挙げられるのが、「第1号文書」と呼ばれる4種類の契約書です。

まず不動産、鉱業権、無体財産権、船舶や航空機、営業の譲渡に関する契約書が課税文書となります。次に地上権、土地の賃借権の設定や譲渡の契約書、消費賃借に関する契約書、運送に関する契約書が課税文書です。

ただし、契約書の金額が1万円未満であれば非課税なので印紙は必要ありません。金額がそれ以上になる場合、10万円以下で印紙200円分、10万〜50万円以下で400円と金額が決められています。

2-2. 第2号文書

第2号文書とは、請負に関する契約のことです。雇用主と労働者との間に指揮命令がある雇用契約とは異なり、請負の場合には請負人が成果物を注文者に提供する必要があります。

注文者は完成品に対して報酬を支払うことになります。工事請負契約、広告契約、映画俳優専属契約などが第2号文書に該当します。

第2号文書についても、契約金額によって印紙の金額が変わります。

2-3. 第5号文書

会社を経営している方であれば、第5号文書に該当する契約書を交わすことがあるかもしれません。

第5号文書は会社の合併契約、吸収分割契約、新設分割契約などで作成される契約書です。契約金額にかかわらず印紙は一律4万円分必要になります。

2-4. 第7号文書

第7号文書とは、継続取引を行う際の契約書のことです。売買取引基本契約書、代理店契約書、業務委託契約書などがこの第7号文書に該当します。ただし、契約期間が3ヶ月以内で、更新の定めがない場合の契約書は除外されます。

デザイナーやプログラマーとして契約する場合には、契約書が第7号文書に該当することもあるので注意が必要です。

3. 印紙が不要な主な非課税文書

印紙が必要となる課税文書に対して、印紙が必要ない非課税文書もあります。

ここで注意が必要なのは、不課税文書と非課税文書の違いです。

  • 不課税文書:そもそも課税対象になっていない文書
  • 非課税文書:課税文書のなかで除外規定によって印紙税が免除されているもの

ここでは、非課税文書について具体的に見ていきましょう。

3-1. 課税物件表の非課税物件の欄に掲げる文書

印紙税の課税対象は、課税物件表によって決められています。課税物件表の一番右には非課税物件の欄が設けられており、例外的に印紙税が課税されません。この非課税物件に該当する文書は非課税文書となります。

3-2. 国や地方公共団体が作成する文書

課税文書であっても、作成者が国や地方公共団体である場合には印紙を貼りつける必要がありません。

また、在日の外国大使館、領事館、公使館が作成した文書についても印紙税が課せられないことになっています。

3-3. 非課税法人が作成する文書

印紙税法別表第2に記載されている非課税法人が作成する文書も印紙が必要ない非課税文書です。学校法人や商工会議所、福祉施設などが該当します。

3-4. 印紙税法以外の法律によって非課税となる文書

印紙税法以外の法律によって非課税になっている文書も印紙は必要ありません。たとえば健康保険に関する書類は健康保険法によって非課税となっているため、印紙を貼らなくても問題ないのです。

4. 雇用契約書は不課税文書

雇用契約書は雇用主や労働者にとって重要な文書ではあるものの、そもそも課税対象でない不課税文書です。したがって印紙が貼られていなくても法的には問題ありません。

雇用契約書に限らず、日常的に印紙を使う方はとくに、課税文書と非課税文書の違いをしっかり押さえておくとよいでしょう。

入社手続きのペーパーレス化で工数削減を実現
近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。 

入社手続き・雇用契約は、書類作成時に履歴書を見ながら入力する作業がありますし、従業員に記入ミスがあると、書類を送り直して、修正してもらう必要があり大変です。

「今まで担当者がどうにかしていたけど、この春から従業員数が増えて、人力には限界がある。。」とお悩みの方は、入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を検討してみましょう。

ペーパーレス化をすると、入社手続きをオンライン上で完結することができます。ペーパーレス化を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「導入を検討するといっても、何から始めたらいいかわからない」という人事担当者様のために、勤怠管理システムを導入するために必要なことを21ページでまとめたガイドブックを用意しました。

人事の働き方改革を成功させるため、ぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご参考にください。