人事管理におけるマネジメントの重要性と事例を紹介

企業を支えているのは、実際に現場に立って事業を行う社員たちです。社員たちの現状を適切に確認する人事管理は、企業を継続させるために欠かせません。

加えて、昨今では人事管理におけるマネジメントが求められています。この記事では、人事管理におけるマネジメントの重要性や事例について紹介します。

1. 人事管理におけるマネジメントとは?

人事管理におけるマネジメントとは、業界内において人材マネジメントとも呼ばれています。人事管理や労務管理といった考え方は、以前から存在していました。人事管理は、配属や採用、給与といったことを考えます。一方、労務管理では、労使協調体制や福利厚生について特化しています。

 どちらも人事に関して大きく影響する管理方法ですが、経営に対する視点が考慮されていません。経営に必要な視点を持ち、社員たちに対して適切なマネジメントを行っていくことが、これからの企業に求められています。

これが、人材マネジメントです。人材マネジメントの実施によって、企業の発展や継続に必要となる人材を育てることができるでしょう。

1-1. 人事管理のマネジメントの重要性

これまで、人事管理におけるマネジメントの重要性について、あまり考えられてきませんでした。人事管理のマネジメントを行わなくても、業界に目を向けて経営や財務に対する戦略を決めることで、企業の成長が十分に見込めたためです。

 ですが、これからの時代は、外ばかりを見て企業が成長できるほど、シンプルなものではなくなっています。企業が業界で生き残っていくためには、ほかにはない優位性を持っているかどうかが非常に重要です。

これまで大きな武器になっていた経営や財務に対する戦略は、すでにほぼすべての企業で練り尽くされています。

 ほかにはない優位性を確立させるためには、外ばかりでなく社内に対する視点を持つことが重要な鍵となります。ほかには真似できない人事管理のマネジメントによる人材の有効活用が、企業の成長に必要な確かな優位性となるのです。

2. 人事管理のマネジメント具体例

人事管理のマネジメントにおいて、重要とされている項目が以下の6つです。

・人材の獲得
・育成
・評価
・待遇
・配置
・退職

これらの項目を踏まえながら、実用的な人事管理におけるマネジメントの具体例を5つご紹介します。

2-1. 採用管理

これから企業を支えてくれる人材の獲得は、スタート地点として非常に重要です。採用管理におけるマネジメントとして、どのような人材が欲しいのかを明確にしておきましょう。加えて、採用戦力の策定も重要です。

 スムーズな採用管理の具体例として、求人管理と日程調整、候補者管理の3つの調整がポイントです。これら3つを最適化した採用戦略を確立し、採用を管理しましょう。

2-2. 人材開発

どれだけ優秀な人材を確保したとしても、企業が向かっていきたい方向に対して最適な育成をしなければ意味がありません。人材開発では、教育管理やスキル管理、キャリア管理の3つの観点を大切にしましょう。

 社員一人ひとりのスキルを明確にして、相応しい研修を実施します。この流れを重ねていって、それぞれの到達度をキャリア管理として把握しましょう。

2-3. 人事評価

社員一人ひとりに対して適切な評価を行うことは、社員にとってばかりでなく、企業の成長のためにも重要なことです。どういった評価制度を設定すれば、さらなる成果を導き出せるのかを考えながら、最適な人事評価を行いましょう。

 人事評価では、目標管理と目標評価が大切です。それぞれの社員が抱えている目標を管理して、進捗を把握します。そして、目標に対する評価を適切に行います。加えて、単純な目に見えるだけの結果ばかりでなく、人間性といった観点を踏まえた多角的評価も大切です。

2-4. モチベーション管理

評価ばかりでなく、仕事に対する社員のモチベーション管理も大切です。アンケートやチャット、ストレスチェックなどを行いながら、社員の現状のモチベーションを測りましょう。

モチベーションを見極めながら、評価制度を見直したり、適切なアドバイスをしたりといった対応が求められます。

2-5. 人材配置

人材配置は、社外だけを見たシンプルな経営戦略のみで考えることはおすすめできません。社員は、自分と同じ人間です。人材配置は社内における単なるポジション決めだけに留まらず、キャリア開発やモチベーション管理に大きく影響してきます。

 まずは、社員一人ひとりのプロフィールを確認して、能力や経歴、人間性を見極めましょう。そして、人材配置によって売上げや人件費にどのような影響がおよぶのか配置シミュレーションを行います。最適解を求めていくなかで適切だと思える人材配置を行い、組織図を明確にします。

 これから求められる経営戦略として、社員の人間性やモチベーション、今後のキャリア開発などすべてを踏まえたうえでの人材配置が非常に重要です。

3. 人事管理におけるマネジメントでこれから必要となる経営戦略を考える

日々劇的に変化していく社会の動きに対して柔軟に対応するためには、人事管理における適切なマネジメントが必要不可欠です。これからの経営戦略には、外ばかりでなく、社員一人ひとりのキャリア開発やモチベーションを視野に入れながら、会社全体で成長していく考え方が求められます。人事管理で重要となるポイントを踏まえながら、最適なマネジメントを実施しましょう。

【人事管理システムの徹底解説資料 無料公開中!】

「人事管理システムについてもっと知りたい!」というお声を多くいただきましたので、jinjer人事を題材に、人事管理システムについて徹底解説をした資料をご用意いたしました。