近年の人事評価制度に見られるトレンドの特徴についての解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

近年の人事評価制度に見られるトレンドの特徴についての解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

近年の人事評価制度に見られるトレンドの特徴についての解説 - バックオフィスクラウドのジンジャー(jinjer)

近年の人事評価制度に見られるトレンドの特徴についての解説

トレンド

人事評価制度にもトレンドがあり、従来の評価制度が見直され、最新の評価制度を導入して成功している企業も増えています。トレンドを意識した人事評価制度は、優秀な人材を確保するうえでも重要な要素です。

そこで今回は近年の人事評価制度のトレンドを解説します。人事評価の見直しを検討している方は、トレンドを知り、現代の考え方やビジネス内容に合った評価制度を見出しましょう。

関連記事:人事評価はなぜ必要?導入して考えられるメリットやデメリット

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご確認ください。

人事評価のebook

無料ダウンロード

1. 年功主義から能力主義への人事評価トレンド

重要

日本では長らく、年功序列を重視し、勤続年数が長い人が賃金水準が高くなるという年功主義での人事評価を行ってきました。年功主義は日本の伝統的な評価制度とも言え、安定感があり、会社への帰属意識を高められる一方、「高い評価を得るために努力をする」「成果を出して昇進・昇級したい」といったモチベーションを引き出すことができなかったり、成果を出さないのに高賃金をもらっている人がいたりするなど、生産性にも影響が出ると考えられています。

1980年代以降、年功主義に代わってトレンドとなったのは、能力主義での人事評価です。能力主義とは、仕事を遂行する能力を評価することを意味しています。

仕事を遂行する能力とは、スキルや業務・専門分野への知識、業務に対する姿勢など幅広い能力のことです。結果を出すために長期的な視野が必要な職種では、成果を出すまでのプロセスも仕事を遂行する能力に分類されます。

1-1. 能力主義のメリット

能力主義のメリットは、スキルや能力がある人材を確保しやすいということです。従来の年功主義では、いくらスキルや能力がある人材がいても、年功序列が優先されて正当な評価が得られないため、その人材が不満を持ってしまうこともありました。その結果、優秀な人材が離職してしまうこともあったでしょう。

また、現在持っているスキルや能力を評価され、成果を出すまでのプロセスも考慮される能力主義は、新入社員などの育成にも最適です。また新たな挑戦をして新しいスキルを獲得したいと考えている従業員もそのプロセスを評価されますので、積極的にスキルを身につけてステップアップしたいと考える従業員が増える可能性もあるでしょう。

1-2. 能力主義のデメリット

能力主義は年功主義のように勤続年数というわかりやすい数値がありません。数値化しづらい能力やスキル、業務への姿勢を評価することになるので、評価が曖昧になりやすいというデメリットがあります。

また、数値化しづらいものを評価するということは、評価する人の主観で評価が左右されてしまうリスクも考えられ、そこから不満が生まれてしまうこともあるでしょう。能力主義を導入して公平性のある評価を行うためには、評価する側の育成や研修をしっかり行う必要があります。

2. 能力重視から結果重視への人事評価トレンド

評価

従業員の持つスキルや能力、仕事への姿勢を評価する能力主義を導入する企業がある一方で、1990年代以降は明確な数値に基づいて評価できる結果を重視した人事評価を導入している企業が増えました。結果重視は、文字通り結果に基づいて人事評価を行うことです。

仕事で結果を出して初めて評価されるため、成果が上がらなければ給与がアップすることもありませんし、減給になってしまうこともあります。評価が曖昧になってしまう能力主義よりも、明確な評価ができる結果重視の方が評価される側の不公平感を払拭できるという利点があります。

年功主義の人事評価から結果重視の人事評価にシフトした企業も多いです。この移行はバブル崩壊と、勤続年数の長い社員が増えたことによって人件費が膨れ上がったことが背景にあります。

2-1. 結果重視のメリット

結果重視のメリットは、結果が正当に評価されるため、仕事に対するモチベーションが維持しやすいことです。さらにいい結果を出そうと個々がスキルアップを図るため、個人の能力はもちろん、部署の能力も向上し、企業の業績アップにつながります。
また結果を基準として評価するので、公平な評価がしやすいのもメリットです。数値化した結果によって誰にでもわかりやすい評価がなされます。プロセスや勤続年数よりも結果を重視するため、経験値の高い社員や能力のある若手社員などが不公平感を感じにくいでしょう。

2-2. 結果重視のデメリット

結果重視の場合、個人の出した成果や業績が評価の対象となります。そのためここの従業員が「高く評価されたい」と個人プレーに走ってしまうリスクもあるでしょう。

同じチーム内でも「自分が高く評価されたい」と無意識に感じてしまうので、協力しなくなったり、足を引っ張りあったりしてしまいます。その結果、チームワークの悪い部署・企業となってしまい、社内環境は悪化してしまうかもしれません。

また結果重視の場合、突出して成果を残す従業員がいる一方で、全く成果を出せない従業員も出てきます。先ほどお話ししたように「自分が高く評価されたい」と個人主義に走る従業員は、成果を出せない従業員をサポートするようなことはありません。その結果、成果を残す従業員と出せない従業員の間に大きな差が生まれてしまいます。

「成果を出さなくては」と強いプレッシャーを感じることで、ストレスを強く感じ、メンタルヘルスに影響が出てしまう社員も出てきてしまうのです。職場環境におけるメンタルヘルスの問題は、近年大きな問題として扱われています。

3. 結果重視から役割主義への人事評価トレンド

人事評価

結果重視は個人が正当に評価され、個々がモチベーション高く働ける一方で、社内環境を悪化させたり、従業員の間に差を作ってしまい、メンタルヘルスに悪影響を受ける社員も出てしまいます。そこで2000年代以降主流となりつつある人事評価トレンドが、役割主義です。

役割主義とは従業員がそれぞれ持つ役割に基づく行動を評価する制度のことです。結果重視の人事評価では、従業員が残した結果によって評価がなされてきました。しかし役割主義では、企業から期待される役割に基づいて、どういった行動をするかが評価されます。

3-1. 役割主義のメリット

役割主義のメリットは、企業が従業員に何を求めているかを明確に周知し、それぞれの自発的な行動を促せることです。求められていることに従って自分で考えて目標を決めて行動をするので、モチベーション高く業務に従事できます。

また行動によって合理的に評価されるため、評価への不公平感が生まれにくいのも特徴です。役割の難易度や重要度によって給与が決まり、公平な報酬を得られます。

とはいえ、従業員を正しく評価するには評価の基準やマニュアルが必要です。この基準やマニュアルをどのように作成するかが分からなず、お困りの方も多いのではないでしょうか。

当サイトでは、公正な人事評価制度を作るための手順や、実際の評価を従業員に伝える際の注意点等を解説したガイドブックをお配りしています。こちらから無料でダウンロードできますので、人事評価制度の作成や改善が適切に行えているのか、照らし合わせてご活用ください。

3-2. 役割主義のデメリット

役割主義のデメリットは、企業風土や業務におけるノウハウが構築されていないと運用しづらい点です。また求める役割は提示しますが、従業員が主体的に動かない限り機能しません。

4. トレンドを踏まえて組織を強くする人事評価制度を考えよう

リモートワーク

人事評価制度のトレンドは年功主義→能力主義→結果重視と変遷を遂げ、現在は役割主義が主流となりつつあります。有能な人材を確保するためにも、人材を育てるためにも人事制度は重要です。トレンドを踏まえて見直すことは企業の強みとなります。トレンドを踏まえて人事評価制度を見直して、組織を強化していきましょう。

【従業員の評価、適切におこなえていますか?】

人事評価制度は、健全な組織体制を作り上げるうえで必要不可欠なものです。
制度を適切に運用することで、従業員のモチベーションや生産性が向上するため、最終的には企業全体の成長にもつながります。

しかし、「しっかりとした人事評価制度を作りたいが、やり方が分からない…」という方もいらっしゃるでしょう。そのような企業のご担当者にご覧いただきたいのが、「人事評価の手引き」です。

本資料では、制度の種類や導入手順、注意点まで詳しくご紹介しています。
組織マネジメントに課題感をお持ちの方は、ぜひこちらから資料をダウンロードしてご確認ください。

人事評価のebook

無料ダウンロード

吉田 菜穂子

吉田 菜穂子

クラウドサービス比較のメディア運営を経て、jinjerBlog編集部に加入。バックオフィス向けサービス「ジンジャー」を導入いただいたお客様に事例取材をおこない、現場の課題をキャッチアップしながら、人事業務や契約業務に役立つ情報をお届けします。

新着記事